ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

セブンネットショッピングでクレジットカード番号15万件が閲覧された可能性 -アカウントリスト攻撃-

投稿日:2013年10月23日

なりすましによる不正アクセスのお知らせとお詫び

この度、弊社が運営する「セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/all/)」(以下、「本サイト」といいます)におきまして、外部からなりすましによる不正なアクセスがあり、第三者にお客様の一部の個人情報を不正に閲覧された可能性があることが判明いたしました。 本件不正アクセスに関する概要と対応について下記のとおりご報告いたしますとともに、お客様に対し、多大なるご迷惑およびご心配をお掛けする事態に至りましたことを深くお詫び申し上げます。

不正アクセスによる、情報漏えいがとまりません。

Sponsored Link

アカウントリスト攻撃による不正アクセス

1.不正アクセスの概要

(1)経緯
弊社は、2013年6月以降、クレジットカード会社からクレジットカード情報の流出懸念について連絡があったことから、情報セキュリティ専門会社の協力のもと調査を行ってまいりました。
調査の結果、第三者が外部インターネットサービス等から不正に取得したID、パスワードを使用してお客様になりすまし、本サイトの会員サービス情報に不正にアクセスし、登録されたクレジットカード情報を含む一部のお客様の個人情報を閲覧した可能性があることが判明いたしました。
なお、調査の結果、弊社からIDやパスワードが流出したという事実は検知されていません。

アカウントリスト攻撃については、当サイトで何度か説明していますが、不正入手した情報を利用して次の攻撃を仕掛ける不正アクセスの手口です。

 

情報漏えいした可能性のある個人情報

  • お届け先の氏名、住所、電話番号の情報
  • クレジットカード情報((1)カード番号、(2)カード有効期限)

セブンネットショッピングの対応

すでに個人情報を閲覧された可能性があるユーザーにメールで案内しているとのこと。
また、電話による問い合わせ窓口を設置している。

同社は再発防止に取り組むほか、セキュリティ専門会社と連携し、システムのセキュリティをさらに強化していくとしているようだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

関連記事

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

サイトを見ただけなのにウィルス感染が急増…トヨタ・環境省も被害

官公庁や企業のウェブサイトを見ただけでウイルスに感染するケースが急増している。

 閲覧者を自動的に別のサイトに誘導するよう改ざんされており、今年7月末までの4か月間に確認された改ざんサイトは2500件以上に上り、昨年度1年間の件数に匹敵する。専門家は「閲覧者が感染に気づかないまま、個人情報が流出している可能性が高い」と警告している。

LINE 9月30日より、18歳未満に利用制限。ID機能起用には年齢確認が必要。

これまで、auのAndroid端末を利用する18歳未満のユーザーを対象に同様の取り組みを行っていましたが、9月30日より、NTTドコモ・ソフトバンクモバイルのAndroid端末にも対象範囲が拡大されることになりました。

これにより、国内主要3キャリア全てに対応することになり、今後はAndroid端末に加えて、iPhoneにも導入の拡大を予定しているようです。

1億円ってどれくらい重いの!?日本銀行が春休み親子見学会を実施。

日本銀行が、今年の春休みに「日銀春休み親子見学会2014」を開催する。

対象は、新小学校4年生~6年生および新中学生と、その保護者となっている。

【LINE】 ついに友達削除機能が利用可能に

「LINE」に、友達を削除する機能が追加された。

これまでは、追加した友達への連絡を拒否する「ブロック」機能はあったが、これによりリストから完全に削除できるようになった。