ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警

投稿日:2013年9月25日

スマートフォン(高機能携帯電話)から電話帳のデータを抜き取るアプリを作成、使用したなどとして、京都府警、大分県警の合同捜査班は25日、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成などの疑いで、IT関連会社「アークネクスト」の元社長、吉田浩司(41)=東京都杉並区成田西=と大分県別府市駅前町の元出会い系サイト運営会社会長、立石正彰(59)の両容疑者ら6人を逮捕した。府警によると、全員容疑を認めている。
産経ニュース West

これらのアプリは全てAndroid用のアプリです。

アプリの名称は、「電池改善アプリ」、「電波改善!」、「安心スキャン」、「エコバッテリーアプリ 電池革命」、「電池長持ちアプリ エコ電」などと名前を変えていますが、目的は電話帳データ(メールアドレス等を含む)を抜き取ることのようです。

抜き取られた個人情報は、出会い系サイトへの誘導を促すダイレクトメールの送信先として使用されていました。

このケースは困ったことに、自分自身がいくら対策をしていても、自分の個人情報が登録された知人のスマホが感染してしまえば、情報流出してしまう点にあります。

もちろん自分が感染すれば、登録してある知人に多大な迷惑が掛かります。

Sponsored Link

非公式サイトからのアプリのインストールはしない

Androidアプリ配布の公式サイトは「Google Play」ですが、これらのアプリは「Gcogle Play」(Google Playではない)や、「ANDROID EXPRESS の PLAY」などという、公式サイトを真似た偽のサイトで配布されていた模様。

このように非公式サイトで配布されているアプリはインストールできないように設定しておきましょう。

メニューから[設定]→[アプリケーション]の順に選択し、[提供元不明のアプリ]のチェックマークが外されていることを確認。チェックマークが入っているとこのようなアプリをインストールできてしまうので要注意です。

Android01

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , , ,


  1. […] 以前、「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警でも書いた通り、非公式なルートからのアプ […]

関連記事

セブンネットショッピングでクレジットカード番号15万件が閲覧された可能性 -アカウントリスト攻撃-

この度、弊社が運営する「セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/all/)」(以下、「本サイト」といいます)におきまして、外部からなりすましによる不正なアクセスがあり、第三者にお客様の一部の個人情報を不正に閲覧された可能性があることが判明いたしました。 本件不正アクセスに関する概要と対応について下記のとおりご報告いたしますとともに、お客様に対し、多大なるご迷惑およびご心配をお掛けする事態に至りましたことを深くお詫び申し上げます。

Google Playで公開されたワンクリック詐欺アプリが、今年に入り既に2,500 個を超える。

大手セキュリティベンダー、シマンテックによると、2013年にGoogle Play上に公開されたワンクリック詐欺アプリ数は合計で約 2,500 個にも及ぶようです。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

小学1、2年生の交通事故が、5月に急増する理由 【時事通信:警察庁】

警察庁の調べによると、小学生1、2年生が歩行中に死傷した交通事故について、5月に急増するのだそうだ。