ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警

投稿日:2013年9月25日

スマートフォン(高機能携帯電話)から電話帳のデータを抜き取るアプリを作成、使用したなどとして、京都府警、大分県警の合同捜査班は25日、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成などの疑いで、IT関連会社「アークネクスト」の元社長、吉田浩司(41)=東京都杉並区成田西=と大分県別府市駅前町の元出会い系サイト運営会社会長、立石正彰(59)の両容疑者ら6人を逮捕した。府警によると、全員容疑を認めている。
産経ニュース West

これらのアプリは全てAndroid用のアプリです。

アプリの名称は、「電池改善アプリ」、「電波改善!」、「安心スキャン」、「エコバッテリーアプリ 電池革命」、「電池長持ちアプリ エコ電」などと名前を変えていますが、目的は電話帳データ(メールアドレス等を含む)を抜き取ることのようです。

抜き取られた個人情報は、出会い系サイトへの誘導を促すダイレクトメールの送信先として使用されていました。

このケースは困ったことに、自分自身がいくら対策をしていても、自分の個人情報が登録された知人のスマホが感染してしまえば、情報流出してしまう点にあります。

もちろん自分が感染すれば、登録してある知人に多大な迷惑が掛かります。

Sponsored Link

非公式サイトからのアプリのインストールはしない

Androidアプリ配布の公式サイトは「Google Play」ですが、これらのアプリは「Gcogle Play」(Google Playではない)や、「ANDROID EXPRESS の PLAY」などという、公式サイトを真似た偽のサイトで配布されていた模様。

このように非公式サイトで配布されているアプリはインストールできないように設定しておきましょう。

メニューから[設定]→[アプリケーション]の順に選択し、[提供元不明のアプリ]のチェックマークが外されていることを確認。チェックマークが入っているとこのようなアプリをインストールできてしまうので要注意です。

Android01

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , , ,


  1. […] 以前、「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警でも書いた通り、非公式なルートからのアプ […]

関連記事

LINEも使える!auジュニア向けスマホを1月下旬から発売開始。「miraie KYL23(京セラ)」

au(KDDI)は、キャリア初のジュニア向けスマホ「miraie(KYL23)」を1月下旬より発売開始すると発表しました。

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

Facebookモバイルサイトに酷似したフィッシングサイトを確認 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月3日、同社公式ブログにて「クレジットカード情報を収集する偽Facebookのモバイルサイトを確認」と題する文章を公開しました。

「JASRAC、音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴」事件から考える

JASRACは、10月7日、JASRACの管理著作物である音楽ファイルを違法にアップロードした鹿児島市内在住の少年を、鹿児島西警察署に告訴しました。

サイバーエージェント子会社が、小学生向けプログラミング学習スクールを開校

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング事業を手がける株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は9月25日、小学生向けプログラミング学習スクール「Tech Kids School」を10月に開校すると発表。同時に、生徒募集を開始した。受講料は1コース3万5000円から。