ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

インターネットの何が危険なの?

インターネット事件簿(3)-インターネットショッピングをめぐるトラブル-

投稿日:2013年9月26日

Sponsored Link

インターネットショッピングをめぐるトラブル

小学5年生の男の子。携帯型ゲーム機のソフトのダウンロードの決済のために親の財布にあったクレジットカード番号を入力した。クレジットカードの請求書にゲーム会社名で3件の請求があり、親が不審に思って子どもに確認して発覚した。

インターネット上の多くの取引では、クレジットカードの名義や番号、有効期限を入力すれば、商品やサービスを購入できるため、子どもでもカードの情報がわかれば簡単にインターネットで買い物をすることが出来てしまいます。

カードの名義人にはカードの管理義務があり、保護者には子どもを監督する責任があります。
民法では、未成年の「子どもがやった」ことを証明できれば支払いを免れられる可能性がありますが、クレジットカード会社との間で交わした規約により認められない場合がありますので注意が必要です。

カードの利用により、現金が無くても商品が買える事に興味を持ち始めたら、クレジットカードが信用取引である事、利便性や注意点などを含め、正しい利用について学ぶ良いきっかけになると思います。

Sponsored Link

オンラインゲームでの高額課金トラブル

子どもが大人のクレジットカードを無断で利用したケース

クレジットカード会社から身に覚えのない20万円弱の高額な請求が届き驚いた。
確認したところ、オンラインゲームの利用料であった。子どもが、親の財布からクレジットカードを抜き取り、カード番号等を登録してしまった。

利用方法等の話し合いや仕組みの理解が不十分なケース

中学生の息子がタブレット端末を購入した。
その後、音楽をダウンロードしたいのでクレジットカードを利用させてほしいと頼んできたので、今回だけならいいと思い、カード番号等を口頭で伝え、数百円の代金を息子から受け取った。
ところが、今月、クレジットカードの利用明細に使った覚えのない約10万円が記載されていた。クレジットカード会社に問い合わせると、オンラインゲームの利用料金であることが分かった。息子に事情を聞くと、確かにオンラインゲーム内で通貨を得たが、実際にお金がかかるとは思わなかったと言う。

子どもが思わぬ決済方法を利用したケース

サイトAの会員IDにクレジットカード情報を登録している。
小学生の息子に、このサイトAのIDとパスワードを教え、サイトAの中にある無料ゲームを使わせていた。ところが、今月のカード利用明細に数10万円の料金が記載されていた。クレジットカード会社に問い合わせると、最近、子どもに利用させていたサイトAと別のオンラインゲーム会社Bが提携し、サイトAのIDがあれば提携先の有料ゲームができるようになり、知らない間に息子がそのゲームを利用していたことが分かった。

引用:国民生活センター

トラブル予防のポイント

子どもがクレジットカード情報を無断で使用しないように管理を徹底する

未成年者が、保護者の同意なく利用した場合、購入を取り消すことができる場合がありますが、未成年者が年齢を偽ったり保護者の同意を得ているかのように偽ったりして購入した場合、取り消すのが難しくなります。

保護者は、子どもが無断でクレジットカード情報を使用しないよう指導するとともに、パソコン上のカード情報についても、子どもとパソコンのユーザアカウントを分けるなどして、容易にカード情報が利用できないよう管理を徹底する必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インターネットの何が危険なの?
-, , ,

関連記事

インターネットからどうやってウィルスに感染するの

インターネットを見ただけで、ウィルスに感染したなどというようなニュースを耳にしたことはないでしょうか?

実際にそのような事があるのであれば、どのようにして感染してしまうのか、またそれを防ぐ方法はあるのでしょうか。
中には家のパソコンに、怪しいプログラムが動作しているにもかかわらず、気づかないままなんてこともあるようです。

インターネット事件簿(2)-ウイルスの侵入や個人情報の流出-

近年のウイルスは、パソコン画面の見た目では感染していることが分からないものが多くなっており、知らないうちに自分のパソコンが感染し、周囲にも感染を広めてしまうことを理解させる。
ウイルスに感染すると、名前や住所、電話番号などの個人情報が盗まれて悪用されたり、クレジットカード番号が盗まれて多額の請求が届いたりすることを理解させる。
インターネット上において、自分や友だちに関する個人情報(名前、学校名、住所、電話番号、メールアドレスなど)や写真を掲載しないよう指導を徹底する。
インターネット上に書かれていることは、必ずしも事実とは限らず、メールのやりとりだけで相手を信用することは大変危険であることを理解させる。
女子児童生徒は、見知らぬ人と知り合ったために、性的犯罪など取り返しがつかない事件に巻き込まれる可能性があるため、特に注意する。

ワンクリック詐欺の手口と、ひっかからない為の注意点・対処法

ネットサーフィンに夢中になり、次の情報が早く見たいが為に、良く文章も読まずに、クリック、クリック、クリック・・・
その結果、何やら「会員登録が完了しました」とのメッセージ。
直ちに入会金50,000円をお支払い下さい。
などという請求画面が表示され、驚いても時すでに遅し、
閉じるボタンを押しても請求画面は消えないし・・・
パソコンを再起動してもまた請求画面が出てきて・・・
何も知らない子供ならパニックでしょう。

便利で危険なインターネット

インターネットには、どのような危険な側面があるのでしょうか。
全世界に容易に繋がる事が出来るインターネットは、とても便利なツールです。
これは犯罪者にとっても同じことです。 特に不特定多数に向けて行われる犯罪行為にはうってつけのツールだと言わざるを得ません。

インターネット事件簿(4)-著作権法等の違反-

著作権を侵害した場合に受ける罰は、かなり重いもののように感じます。状況にもよりますが、刑事罰としては「10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金」が、民事でも「損害賠償請求」等がなされます。

以下は、著作権法の全体図ですが、非常に複雑な構成となっています。

すべてを理解する必要はありませんが、製作物には著作権があり、その著作物に関わる人たちにもそれぞれ権利があり、侵害すれば重い罰が科せられるという事は、覚えておいて損は無いのではないかと思います。