ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

インターネットの何が危険なの?

便利で危険なインターネット

投稿日:2013年7月10日

インターネットには、どのような危険な側面があるのでしょうか。

全世界に容易に繋がる事が出来るインターネットは、とても便利なツールです。
これは犯罪者にとっても同じことです。 特に不特定多数に向けて行われる犯罪行為にはうってつけのツールだと言わざるを得ません。

ここでは、インターネットにおける主な危険性について説明していきます。

Sponsored Link

インターネットを使ってどのような犯罪が行われているのか

警察庁発表の、「平成24年中のサイバー犯罪の検挙状況についての資料」によると、ネットワークを利用した犯罪の検挙数のトップは詐欺(全体の20.5%)であった。
続いていわゆる児童ポルノ(全体の16.4%)、わいせつ物頒布等(全体の14%)と続いた。

npa2012

主に金銭目体の詐欺についてはこんなモノだろうと想像つくと思うが、いわゆる児童ポルノや児童買春による検挙が、合わせて1年間で約1,500件であった。
これはあくまで検挙数であって、未遂などを含めるとかなりの数になることが予想される。
このような数字を突きつけられると、対岸の火事では済まされないという事を理解して頂けるのではないだろうか。

インターネットにおける危険性の特徴

匿名性が高く顔が見えにくいインターネットでは、無知な子どもが被害に会いやすいという特徴があります。
実際に、コミュニティサイトを利用した児童買春で検挙された犯人の約8割は年齢を詐称していたという統計があります。

このように容易に自分の事を隠すことが出来てしまうインターネットの世界では、それを疑いもせず信じてしまった結果、子どもが事件に巻き込まれているのが実態です。

子どもを犯罪から守るためにも、まず実際に起こっている事を知る事が大切だと思います。

資料: 【警察庁】平成24年中のサイバー犯罪の検挙状況についての資料

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インターネットの何が危険なの?
-, , ,

関連記事

ワンクリック詐欺の手口と、ひっかからない為の注意点・対処法

ネットサーフィンに夢中になり、次の情報が早く見たいが為に、良く文章も読まずに、クリック、クリック、クリック・・・
その結果、何やら「会員登録が完了しました」とのメッセージ。
直ちに入会金50,000円をお支払い下さい。
などという請求画面が表示され、驚いても時すでに遅し、
閉じるボタンを押しても請求画面は消えないし・・・
パソコンを再起動してもまた請求画面が出てきて・・・
何も知らない子供ならパニックでしょう。

インターネット事件簿(1)-書き込みやメールでの誹謗中傷やいじめ-

学校裏サイトでの誹謗中傷 「学校裏サイト」と呼ばれるネット上の掲示板に書かれた誹謗中傷の書き込みを知りつつ放置していたとして、大阪市内の会社役員の男(26)を書類送検した事を大阪府警が発表した。 誹謗 …

インターネット事件簿(3)-インターネットショッピングをめぐるトラブル-

インターネット上の多くの取引では、クレジットカードの名義や番号、有効期限を入力すれば、商品やサービスを購入できるため、子どもでもカードの情報がわかれば簡単にインターネットで買い物をすることが出来てしまいます。

インターネット事件簿(4)-著作権法等の違反-

著作権を侵害した場合に受ける罰は、かなり重いもののように感じます。状況にもよりますが、刑事罰としては「10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金」が、民事でも「損害賠償請求」等がなされます。

以下は、著作権法の全体図ですが、非常に複雑な構成となっています。

すべてを理解する必要はありませんが、製作物には著作権があり、その著作物に関わる人たちにもそれぞれ権利があり、侵害すれば重い罰が科せられるという事は、覚えておいて損は無いのではないかと思います。

インターネット事件簿(2)-ウイルスの侵入や個人情報の流出-

近年のウイルスは、パソコン画面の見た目では感染していることが分からないものが多くなっており、知らないうちに自分のパソコンが感染し、周囲にも感染を広めてしまうことを理解させる。
ウイルスに感染すると、名前や住所、電話番号などの個人情報が盗まれて悪用されたり、クレジットカード番号が盗まれて多額の請求が届いたりすることを理解させる。
インターネット上において、自分や友だちに関する個人情報(名前、学校名、住所、電話番号、メールアドレスなど)や写真を掲載しないよう指導を徹底する。
インターネット上に書かれていることは、必ずしも事実とは限らず、メールのやりとりだけで相手を信用することは大変危険であることを理解させる。
女子児童生徒は、見知らぬ人と知り合ったために、性的犯罪など取り返しがつかない事件に巻き込まれる可能性があるため、特に注意する。