ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

投稿日:2013年6月20日

インターネット上には様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには、子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 お小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

Sponsored Link

情報の鮮度と信憑性は常に疑っていたほうが良い?

インターネット上にある情報が本当に正しいのか判断することは、大人の私たちでも容易な事ではありません。
第三者が正しいか承認してくれているのなら安心できますが、実際は自分自身で判断しなくてはならないものです。

子どもがインターネットを使って調べ学習をする際は、次のような点に注意して利用するように教えてあげましょう。

    • 信用できる検索サイトを使って検索するようにする。(Yahoo!きっずキッズgoo など)

      子ども向けに運用されている検索サイトでは、相応しくないページをあらかじめ検索結果に表示されないように調整されています。ただし、必要以上に厳しく検閲していることもあり、なかなか欲しい情報が探しだせない事も多いようです。

    • たどり着いた情報が、必ずしも正しいと簡単に信じてはいけません。

      情報が古かったり、間違っている情報を鵜呑みにしてしまわないように、関連する複数のサイトを比較してみることが大切になります。また、記事の日付があまりにも古くないか、その記事自体が参考にしている資料はどのようなものか確認するように心がけましょう。

オンラインショッピングの利用について

オンラインショッピングで買いたい物があったとしても、必ず親に許可を得てから買うようにさせましょう。子どもが自分ひとりで買い物してはいけません。

インターネット上のオンラインショッピングは、いわばカタログショッピングと同様、店側の人間とのコミュニケーションが極端に少ないため、想像していた商品と大きく異なったり、商品が希望する日までに届かなかったなど、直接お店で購入する場合と比較して、トラブルが多くなる傾向にあります。

トラブルが起きた場合は、店側との交渉が必要になりますし、悪質な商売をしている店の可能性もゼロではありません。

親としては、子どもにクレジットカードを持たせていないし、配送されれば気がつくので勝手に買えるはずがないと考えがちです。 しかし、商品の「コンビニ受け取り」や「コンビニ払い」が可能な時代です。

小学生でも本人確認が出来れば利用可能ですし、宅配業者の営業所止めは未成年でも利用することができるのです。

インターネットオークションの魅力

要らなくなったものを売ったり、または新品を買うより安く買えたりと、インターネットオークションは便利な反面、オンラインショッピング以上にトラブルがつきものです。

しかし、考え方によっては、物の価値を知ることが出来、競りを経験できるオークションは、社会勉強として子どもと一緒に利用してみるのも良いのかもしれません。

ただし、原則として、18歳未満の子どもはインターネットオークションに参加できませんので、必ず親と一緒に利用するように約束させましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

「ワコール」のホームぺージが改ざん、閲覧によるウィルス感染の恐れ

大手下着メーカーワコールのWEBサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより、
一部改ざんされていたことが判明したようです。

現在、内容を調査中としており、関連するサイトが軒並み閉鎖されている状態だ。

なお、顧客の情報流出等は、現在のところ確認されていないとのこと。

小学校から始まるパソコン授業

2011年度より新しい学習指導要領による指導が始まっており、教育の情報化や情報の活用等を積極的に推進しています。

「ドコモ地図ナビ」で収集された50万人分の位置情報が第三者に提供されている。

NTTドコモはスマートフォンなどで得た50万人分の「位置情報」を第三者に提供しているが、総務省は先月、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに指摘。同社は来月にも表示を改めると同時に、既存の利用者に同意を取り直す方針だ。現在、同法の見直しを進める内閣官房の検討会でも議論になりそうだ。

ついにあの人気パスワードが首位陥落!2013年に最も愛されたパスワードとは!?

世界中で100 万ユーザーが利用しているパスワード管理アプリケーション「SplashID」のメーカー、米SplashData社は、2013年のワーストパスワードを発表したようだ。

このランキングは、システムがハッキングされた事により、世の中に出回ってしまった数百万もの盗難パスワードのデータを元に集計されています。