ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?のポップアップを削除する方法

投稿日:2013年10月2日

最近、同様の問い合わせが多いので、情報をまとめました。

インターネット閲覧中に、「ad.adresult.jpからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」
または、「ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」のようなメッセージが表示される。

get-user-id.js、いかにも怪しいファイル名です。。。

原因は、広告会社によってあなたのインターネット閲覧履歴を収集するものと考えて間違いないでしょう。

閲覧履歴を収集と聞くと、あまり気持ちの良いものではありませんが、決して珍しいものではなくGoogle等の有名企業でも実施されているのが実情です。

しかし、このようにプログラムを保存させたり、わざわざ利用者に実行させるものについては、疑ってかかったほうが良いでしょう。
場合によっては、別の悪意のあるプログラムのフックになる可能性もあります。

では、早速対策しましょう。

Sponsored Link

Cookieの削除

Internet Explorer 手順

1. [ツール] ボタン をクリックし、[セーフティ] をポイントし、[閲覧の履歴の削除] をクリックします。

2. [Cookie(クッキー)とWEBサイトデータ]のチェックボックスをオンにします。

3. [削除] をクリックします。

Google Chrome 手順

1. ブラウザのツールバーで 右上のChrome メニューをクリックします。

2. [設定] を選択します。

3. [詳細設定を表示] をクリックします。(すでに表示されていればスキップ)

4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] ボタンをクリックします。

5. [すべての Cookie とサイト データ] をクリックし、[Cookie とサイト データ] ダイアログを開きます。

6. すべての Cookie を削除するには、ダイアログの下部にある [すべて削除] をクリックします。
  特定の Cookie を削除するには、その Cookie を発行したサイトの上にカーソルを合わせて、右端に表示された [X] をクリックします。

Firefox 手順

1. ウィンドウ上部の [Firefox]ボタンをクリックし、[履歴]メニュー[最近の履歴を消去]を選択します。

2. [消去する履歴の期間] から [すべての履歴] を選択します。

3. [消去する項目] の隣の矢印をクリックして履歴項目のリストを展開してください。

4. [項目]をクリックして、[Cookie] だけにチェックを入れてください。

5. [今すぐ消去]ボタンをクリックして Cookie を消去し、最近の履歴を消去ウィンドウ を閉じてください。

該当サイトをブロックする

Internet Explorer 手順

1. [ツール] ボタンをクリックし、[インターネットオプション]をクリックします。

2. [プライバシ]タブにある[サイト]をクリックします。

3. [Webサイトのアドレス]欄にブロックしたいサイトのURLを入力する。

4. [ブロック]ボタンをクリック。
IE_cookieblock

Google Chrome 手順

1. ブラウザのツールバーで Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。

2. [設定] を選択します。

3. [詳細設定を表示] をクリックします。

4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] ボタンをクリックします。

5. [Cookie]セクションで例外の管理をクリック。

6. [ホスト名のパターン]にブロックしたいサイトのURLを入力する。

7. [動作]をブロックに設定する。

8. [完了]をクリック。
chrome_cookieblock

Firefox 手順

1. ウィンドウ上部の [Firefox]ボタンをクリックし、[オプション]を選択します。

2. [プライバシー]パネルを選択します。

3. Firefox に: を [記憶させる履歴を詳細設定する]に設定します。

4. [例外サイト]ボタンをクリック。

5. [サイトのアドレス]欄に、ブロックしたいサイトのURLを入力する。

6. [不許可]ボタンをクリック。
firefox_cookieblock

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , , , ,

関連記事

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

iPhoneが勝手に再起動!Twitterで動画URLが拡散中

トレンドマイクロによると、iPhone など iOS用端末をクラッシュさせ強制的に再起動させるファイルを含む URL が、Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているとのことです。

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …

WEB

インターネットの危険性

有害サイト, 犯罪を助長するようなサイト, 虚偽の情報, 個人情報の漏えい, 著作権の侵害, 悪徳商法, 迷惑メール、違法メール, 不正アクセス・ウィルス, 他者の誹謗・中傷, 心理的悪影響

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

2013年10月に第一報が報じられた、米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件。
記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この事件によって影響を受けるユーザーは、少なくとも3800万人に上ることが分かっています。

ご多分に漏れず、私のもとにも情報漏れちゃってごめんなさいメールが届き、早速パスワードを変更しました。

メールが届いたのにまだ変更していない方は、すぐに変更しておくことをおすすめします。