ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

DDoS攻撃によりFeedlyにアクセス障害!攻撃者は中止と引き換えに金銭を要求。

投稿日:

Sponsored Link

feedy

愛用させて頂いているRSSリーダーサービス「Feedly」ですが、6月11日よりアクセス出来なくて困っておりました。

「Feedly」ブログによると、6月11日より「Feedly」のサービスが停止していたことをブログで発表しています。

Feedly Blog: Denial of service attack [Neutralized]

Sponsored Link

「Feedly」がDDoS攻撃を受ける

原因は、何者かによる「DDoS攻撃」を受けており、サービスが提供できない状態になってしまっていたようです。

DDoS攻撃は、サーバーなどに大量のパケットを送り付けてサービス提供を妨害する攻撃です。

そのうえ攻撃者は、「DDoS攻撃」を止めるために金銭を要求しているとのこと。

「Feedly」は、金銭の要求を拒否し、ネットワーク·プロバイダーと協力し、すでにサービスを再開している。

まだアクセスできない場合はDNSの問題

もし未だに、「Feedly」にアクセスすることが出来ない場合は、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)が、古いDNSエントリをキャッシュしているか、クライアント内にDNSリゾルバーに古い情報がキャッシュされたままの可能性が高い。

前者は更新されるまで待つしかないが、後者の場合DNSリゾルバーキャッシュをリフレッシュすることで解決することがあるので試してほしい。

Windowsパソコンで、DNSリゾルバーキャッシュをクリアする方法

コマンドプロンプトを起動させ、次のコマンド入力。

ipconfig /flushdns

「Successfully flushed the DNS Resolver Cache.」と表示されればOK。

Mac OS XでDNSリゾルバーキャッシュをクリアする方法

Macintosh HD > アプリケーション > ユーティリティから、「ターミナル」を起動させ、次のコマンド入力。

・OS X Mountain Lion または Lionの場合
sudo killall -HUP mDNSResponder

・Mac OS X v10.6の場合
sudo dscacheutil -flushcache

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , ,

関連記事

「ワコール」のホームぺージが改ざん、閲覧によるウィルス感染の恐れ

大手下着メーカーワコールのWEBサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより、
一部改ざんされていたことが判明したようです。

現在、内容を調査中としており、関連するサイトが軒並み閉鎖されている状態だ。

なお、顧客の情報流出等は、現在のところ確認されていないとのこと。

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

1万ダウンロードされた人気Androidアプリ「Virus Shield」が詐欺アプリであることが判明。

Androidに関する情報を配信しているAndroid Policeによると、「Google Play」で1万ダウンロードされ、ランキング上位にあった人気アプリ「Virus Shield」が、詐欺アプリであったことがわかったようだ。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。