ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

自分から情報を発信する時に気を付けること

投稿日:2013年6月19日

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえたり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

Sponsored Link

ホームページやブログを開設することは、編集長になるということ

自分のホームページやブログを運営するということは、そのサイトの編集長になるということです。
編集長は、読者が読みたい記事になっているか、内容に間違いがないか、ウソの記述がないか、載せてはいけない写真や動画がないか、チェックする責任があります。

もしも、間違っている箇所があって、読者に注意されたら、すぐに直すように心がけましょう。

著作権を侵害しないように気を付けましょう

他の人が作った文章やイラスト、写真を勝手に使えない事を説明しましょう。
詳しくは「守らなくてはいけない法律について」を参考にしてください。

連絡先を掲載するべきかどうか

ホームページやブログを見る人は、いったいどんな人が作っているのだろうと興味を持つかもしれません。
情報を発信する責任として身分を明かすのがマナーなのかもしれませんが、インターネット上で詳細な個人情報を公開することは避けるべきだと考えます。

自分や家族、友だちの名前や、学校名などは絶対に公開してはいけません。
連絡先としてメールアドレスを公開する方法もありますが、あっというまにスパムメールの標的になってしまうのであまりお勧めしません。

コメント欄でのやりとり、もしくは問い合わせフォームを設置するなどに留めておいた方が無難です。

リンクの貼り方について

リンク先に、条件や注意書きがあるかどうか確認する癖をつけさせましょう。

例えば「リンクフリー」とあっても「リンクを張ったことを教えてください」と注意書きがあった場合は、メールや問い合わせフォームを使って、リンクを張ったこととURLを連絡するようにしましょう。 またリンクにはバナーを使うように注意書きがあった場合は指示に従うようにするのがマナーです。

そして最も大切なことは、リンクを張る前に、そのリンク先のページが自分のホームページやブログに貼るリンクとして相応しいかどうか良く考えてからリンクを張るようにすることです。

リンク先のページがウソだらけのページや、広告だらけのページだった場合、そのリンクを張った責任はあなた自身に降りかかり、信用を失うことになるのです。

ぜひ、読者のためになるページのリンクをいっぱい張って、社会の役に立っているんだというを経験させてあげたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , , ,

関連記事

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

インターネット上に様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

小学生のケータイ・スマホ普及率は36.6%まで上昇。うちスマホ保有率は16.3%に。フィルタリング利用は減少。

ケータイ・スマホ普及率調査の最新版です。
2013年11月~12月頃にかけて政府(内閣府)が実施した調査に基づくもので、今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来ます。

no image

子どもにとって身近になったインターネット

調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。
小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言える

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

2013年10月に第一報が報じられた、米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件。
記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この事件によって影響を受けるユーザーは、少なくとも3800万人に上ることが分かっています。

ご多分に漏れず、私のもとにも情報漏れちゃってごめんなさいメールが届き、早速パスワードを変更しました。

メールが届いたのにまだ変更していない方は、すぐに変更しておくことをおすすめします。

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。
前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%