ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

自分から情報を発信する時に気を付けること

投稿日:2013年6月19日

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえたり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

Sponsored Link

ホームページやブログを開設することは、編集長になるということ

自分のホームページやブログを運営するということは、そのサイトの編集長になるということです。
編集長は、読者が読みたい記事になっているか、内容に間違いがないか、ウソの記述がないか、載せてはいけない写真や動画がないか、チェックする責任があります。

もしも、間違っている箇所があって、読者に注意されたら、すぐに直すように心がけましょう。

著作権を侵害しないように気を付けましょう

他の人が作った文章やイラスト、写真を勝手に使えない事を説明しましょう。
詳しくは「守らなくてはいけない法律について」を参考にしてください。

連絡先を掲載するべきかどうか

ホームページやブログを見る人は、いったいどんな人が作っているのだろうと興味を持つかもしれません。
情報を発信する責任として身分を明かすのがマナーなのかもしれませんが、インターネット上で詳細な個人情報を公開することは避けるべきだと考えます。

自分や家族、友だちの名前や、学校名などは絶対に公開してはいけません。
連絡先としてメールアドレスを公開する方法もありますが、あっというまにスパムメールの標的になってしまうのであまりお勧めしません。

コメント欄でのやりとり、もしくは問い合わせフォームを設置するなどに留めておいた方が無難です。

リンクの貼り方について

リンク先に、条件や注意書きがあるかどうか確認する癖をつけさせましょう。

例えば「リンクフリー」とあっても「リンクを張ったことを教えてください」と注意書きがあった場合は、メールや問い合わせフォームを使って、リンクを張ったこととURLを連絡するようにしましょう。 またリンクにはバナーを使うように注意書きがあった場合は指示に従うようにするのがマナーです。

そして最も大切なことは、リンクを張る前に、そのリンク先のページが自分のホームページやブログに貼るリンクとして相応しいかどうか良く考えてからリンクを張るようにすることです。

リンク先のページがウソだらけのページや、広告だらけのページだった場合、そのリンクを張った責任はあなた自身に降りかかり、信用を失うことになるのです。

ぜひ、読者のためになるページのリンクをいっぱい張って、社会の役に立っているんだというを経験させてあげたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , , ,

関連記事

子どもにパソコン、何歳から使わせれば良いの?

子どもが将来どのような職種に就いたとしてもパソコンを一切使わない、という事は考えられないほど、様々な仕事をする上で当たり前のようにパソコンが利用されています。 親としては早いうちにパソコンに慣れさせた …

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Amazonギフト券が2倍になるキャンペーンメールに注意!未使用ギフト券番号送信によるフィッシング詐欺。

インターネットショッピングサイト大手のAmazonは、ギフト券番号を送信させるようなキャンペーンを装った、詐欺行為に注意するよう呼びかけています。

ついにあの人気パスワードが首位陥落!2013年に最も愛されたパスワードとは!?

世界中で100 万ユーザーが利用しているパスワード管理アプリケーション「SplashID」のメーカー、米SplashData社は、2013年のワーストパスワードを発表したようだ。

このランキングは、システムがハッキングされた事により、世の中に出回ってしまった数百万もの盗難パスワードのデータを元に集計されています。