ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

自分から情報を発信する時に気を付けること

投稿日:2013年6月19日

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえたり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

Sponsored Link

ホームページやブログを開設することは、編集長になるということ

自分のホームページやブログを運営するということは、そのサイトの編集長になるということです。
編集長は、読者が読みたい記事になっているか、内容に間違いがないか、ウソの記述がないか、載せてはいけない写真や動画がないか、チェックする責任があります。

もしも、間違っている箇所があって、読者に注意されたら、すぐに直すように心がけましょう。

著作権を侵害しないように気を付けましょう

他の人が作った文章やイラスト、写真を勝手に使えない事を説明しましょう。
詳しくは「守らなくてはいけない法律について」を参考にしてください。

連絡先を掲載するべきかどうか

ホームページやブログを見る人は、いったいどんな人が作っているのだろうと興味を持つかもしれません。
情報を発信する責任として身分を明かすのがマナーなのかもしれませんが、インターネット上で詳細な個人情報を公開することは避けるべきだと考えます。

自分や家族、友だちの名前や、学校名などは絶対に公開してはいけません。
連絡先としてメールアドレスを公開する方法もありますが、あっというまにスパムメールの標的になってしまうのであまりお勧めしません。

コメント欄でのやりとり、もしくは問い合わせフォームを設置するなどに留めておいた方が無難です。

リンクの貼り方について

リンク先に、条件や注意書きがあるかどうか確認する癖をつけさせましょう。

例えば「リンクフリー」とあっても「リンクを張ったことを教えてください」と注意書きがあった場合は、メールや問い合わせフォームを使って、リンクを張ったこととURLを連絡するようにしましょう。 またリンクにはバナーを使うように注意書きがあった場合は指示に従うようにするのがマナーです。

そして最も大切なことは、リンクを張る前に、そのリンク先のページが自分のホームページやブログに貼るリンクとして相応しいかどうか良く考えてからリンクを張るようにすることです。

リンク先のページがウソだらけのページや、広告だらけのページだった場合、そのリンクを張った責任はあなた自身に降りかかり、信用を失うことになるのです。

ぜひ、読者のためになるページのリンクをいっぱい張って、社会の役に立っているんだというを経験させてあげたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , , ,

関連記事

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。
前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

小学生のケータイ・スマホ普及率26%。うちスマホ保有率は7.1%にとどまる。

Benesse教育情報サイトでは、子どもの携帯電話・スマートフォンの利用についてのアンケート結果を発表しました。
アンケート期間が、2013/8/28~9/3と新しく、まさに今の子どもたちの携帯・スマートフォン事情における、動向をうかがい知ることができます。

「ワコール」のホームぺージが改ざん、閲覧によるウィルス感染の恐れ

大手下着メーカーワコールのWEBサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより、
一部改ざんされていたことが判明したようです。

現在、内容を調査中としており、関連するサイトが軒並み閉鎖されている状態だ。

なお、顧客の情報流出等は、現在のところ確認されていないとのこと。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。