ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

ついにあの人気パスワードが首位陥落!2013年に最も愛されたパスワードとは!?

投稿日:2014年1月21日

世界中で100 万ユーザーが利用しているパスワード管理アプリケーション「SplashID」のメーカー、米SplashData社は、2013年のワーストパスワードを発表したようだ。

このランキングは、システムがハッキングされた事により、世の中に出回ってしまった数百万もの盗難パスワードのデータを元に集計されています。

2013wpassrank

あのAdobe社漏えい事件の影響がここにも

ディフェンディングチャンピオンの「password」を抑え、栄えある第1位は「123456」が堂々と1位を獲得という結果になったようです。

これは、2013年10月に報じられた米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件が、ランキングに大きな影響を与えたようです。

それを物語るように、10位には「adobe123」、15位に「photoshop」というパスワードがランクインしていますね。

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

こんなパスワードがおすすめ

では、パスワードを見破られないためには、どのようなパスワードを設定すれば良いのでしょうか?

ランキングを集計したSplashData社は、このような提案をしています。

短い単語を3つくらい繋げる

短い単語をスペースやアンダーバーなどで組み合わせるのが良いようです。
あまりにも一般的なフレーズではなく、ランダムな単語を使用することを勧めています。

「夜中のラーメンは危険」「midnight-ramen-risk」

こんな感じでしょうか。

もちろん記号や数字を組み合わせたパスワードは強固なパスワードと言えるでしょうが、その意味の解らない文字の組み合わせを覚えるのは大変な事です。

最も簡単で安全な方法はこれ!

こんなご時世を反映するかのように、強固なパスワードを生成・管理してくれるお役立ちアプリが多数登場しています。

パスワード管理から解放されたい!

そのような方には、専用のツールを導入することが最も楽で安全と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ
-, ,

関連記事

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。

NTTドコモ。小・中・高校生、保護者・教員、シニア、特別支援学校向け、スライドで見る「スマホ・ケータイ安全教室」資料公開

NTTドコモが実施している「スマホ・ケータイ安全教室」の教材を公開している。
安全教室は、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、地域コミュニティなどの団体に講師を派遣する形で行われており、専用申込用紙に必要事項を記入の上、FAXで申込が必要。

Amazonギフト券が2倍になるキャンペーンメールに注意!未使用ギフト券番号送信によるフィッシング詐欺。

インターネットショッピングサイト大手のAmazonは、ギフト券番号を送信させるようなキャンペーンを装った、詐欺行為に注意するよう呼びかけています。

WEB

インターネットの危険性

有害サイト, 犯罪を助長するようなサイト, 虚偽の情報, 個人情報の漏えい, 著作権の侵害, 悪徳商法, 迷惑メール、違法メール, 不正アクセス・ウィルス, 他者の誹謗・中傷, 心理的悪影響