ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ ニュース

「LINE」に便乗するスパムメールに要注意!出会い系サイト「ID-BBS」へ誘導

投稿日:2014年2月27日

「トレンドマイクロ」は、日本やアジアで人気のメッセンジャーアプリ「LINE」を騙ったスパムメールに注意するよう促しています。

スパムメールのメッセージ内に記されている URL を誤ってクリックすると、「ID-BBS」という出会い系サイトに誘導されるという。

Sponsored Link

送信元アドレスのドメインが偽装されている

「LINE.com」、「Lineid.com」、「Line.ne.jp」のように、送り主が本物の「LINE」サービスであるように見せかけている。

また、LINE ID検索を彷彿とさせる「idkensakubbs.jp」や「lineidkensaku.ne.jp」といったドメインが使われているそうです。

本文には出会い系サイトへのリンク

スパムメールの件名には、「LINE」という文字列が含まれています。

本文には、「友達申請」があるので「承認」してくださいと、URLをクリックするように促しています。

メッセージ内の URL は、「http://<10桁のランダムな英数字>.asia」

140225comment01
<出典:TrendLabs Security Blog>

140225comment02
<出典:TrendLabs Security Blog>

誘導先がフィッシングサイトにすり替えられる可能性も

問題の出会い系サイトの一部は、既にアクセスできなくなっています。

しかし、スパムメール送信の背後にいるサイバー犯罪者が誘導先として不正な Webサイトにすり替える恐れがあると警戒するよう呼びかけています。

リンク:TrendLabs Security Blog

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, ニュース
-, ,

関連記事

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。

子ども用スマホに便利!LINE、Twitterなど簡単フィルタリング設定!【i-フィルター for Android】

スマートデバイス向けのフィルタリング定番アプリの「i-フィルター」にて、機能追加とプランの拡充を行われたようです。

アプリインストール後の初期設定にて、「LINE」、「Twitter」、「Youtube」、「Faccebook」、「Google+」など、主要SNSの利用許可と不許可を簡単に設定できる機能が加わりました。

また、新たに複数年分のライセンスが購入できるプランも追加されたようです。

サイバー補導実施へ: 警察庁、積極対応指示へ

インターネットを利用する子どもが児童買春などの性犯罪被害に遭う事件が後を絶たないことから、警察庁は近く、出会い系サイトやネット掲示板に下着販売や性行為を誘う書き込みなどをした少年少女については補導するよう全国警察に指示する方針を固めた。

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …

「GALAXY S4」(サムスン)のセキュリティ機能に脆弱性か

サムスン製スマートフォン「GALAXY S4」に、ハッカーによる機密データの傍受を容易に可能にするとされる脆弱性があることを、イスラエルの研究者らが突き止めた。
脆弱性が確認されたのは、Samsung独自のセキュリティプラットフォーム「Knox」を実装した端末。