ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%。少数ながら音楽を「Youtube」で聴くスタイルも。

投稿日:2013年10月21日

「株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス」が行った、『子どもライフスタイル調査2013夏』の調査によると、女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%、一方、48%が今後ほしいとの調査結果が出たようです。

KADOKAWAASCII
<出典:株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス調べ

調査は、同社グループ会社が発行する女の子向けゲーム&キャラクター情報誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に実施し、回答者から女子小学生を抽出して、集計分析したもの。

以前、「小学校でLINE氾濫」の報道から、小中学生とスマホのあれこれを考える。」という記事を書きました。

スマートフォンでの「LINE」利用の主戦場は小学4年生といった見解も見受けられましたが、今回の調査では女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%との事でした。

親世代がフューチャーフォンからスマートフォンへの買い替えが進み、「LINE」をコミュニケーションツールとして利用するシーンが増えています。ここ最近では、子供向けスマートフォンなども発売され、スマートフォン所持の低年齢化も進むのかもしれません。

Sponsored Link

音楽を「Youtube」で聴く、というスタイルも

普段、音楽をパソコンや携帯・スマートフォンで聴くとの回答が29.9%、そのうちの、52.1%が「Youtube」で音楽を聴いているという結果でした。

全体からの割合だと約15%。35人クラスで5人程度といった感じでしょうか。
小学生の音楽の楽しみ方も、テレビやCDからこのようなネットコンテンツへ移行が進むのかもしれません。

KADOKAWAASCII2
<出典:株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス調べ

「Youtube」では、オフィシャルのコンテンツもありますが、一般投稿者の動画も数多く存在します。
動画の検閲は行っているようですが、有害な動画が、子どもの目に触れる事を完全に拭い去ることは難しいでしょう。

そういった意味でも「コンテンツフィルタリング」導入は、必須といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

「Mobage(モバゲー)」で316件の不正ログイン。アカウントリスト攻撃の被害を受ける。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」におきまして、第三者が不正にログインする事象が判明したことをお知らせいたします。お客さまに対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

「半沢直樹」全10話が1575円!「Google Play」でテレビドラマ等の配信サービスを開始。

グーグル株式会社は30日、「Google Play」においてテレビドラマ/アニメの配信サービスを日本国内向けに開始したと発表した。同日朝の時点で150タイトル以上/約3500話をラインナップしており、逐次タイトルを追加していく。

レンタル料金は1話(エピソード)につき105円からで、視聴可能期間は48時間または72時間(コンテンツパートナーによって異なる)。1話単位のレンタルのほか、そのシーズンを全話まとめてレンタルできる“シーズンパス”が設定されているタイトルもある。例えば「半沢直樹」は、SD画質・HD画質ともに1話315円だが、全10話のシーズンパスは1575円と割安。シーズンパスを購入すると、30日間は何回でも視聴可能だ。

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20を紹介します。