ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

投稿日:2013年10月16日

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

<引用:ITmedia>

先日のLINEの18歳未満に対する利用制限の影響か、「アメーバピグ」では、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する事になったようです。

Sponsored Link

15歳以下の児童・学徒への利用を推進?

15歳以下を含めた青少年の利用者にも「アメーバピグ」の様々な機能やサービスを安全・安心にご利用いただける体制を目指して準備を進めており、この度、15歳以下の利用者に対するコミュニケーション規制を解放し、規制対象年齢を18歳と拡大したうえで、18歳未満と18歳以上の利用者の仮想空間を分離いたします。

「アメーバピグ」では、これまでにも、18歳未満の利用者に対し、個別メッセージサービスなどの利用制限を施したり、監視を実施していたようです。

この事は、未成年も利用できるオンラインコミュニケーションサービスを提供する企業としては当然の措置であり、これからも継続を願うばかりです。

ただ気になるのは、上記のように、15歳以下の利用者に対しコミュニケーション規制を無くす方針のようなので、注意が必要のようです。

サイバーエージェント社は「小学生向けプログラミング学習スクールを開校」するなど、IT人材を継続的に育成するための仕組みを構築中のようなので、未成年者へのコミュニティサービスの提供には充分な体制で運用してもらいたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

Facebookモバイルサイトに酷似したフィッシングサイトを確認 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月3日、同社公式ブログにて「クレジットカード情報を収集する偽Facebookのモバイルサイトを確認」と題する文章を公開しました。

【LINE】 ついに友達削除機能が利用可能に

「LINE」に、友達を削除する機能が追加された。

これまでは、追加した友達への連絡を拒否する「ブロック」機能はあったが、これによりリストから完全に削除できるようになった。

子どもの情報をいつも手元に!妊娠、出産、子育てまでサポートする母子手帳アプリ「Baby Smile(ベイビースマイル)」。

子育てママ&パパが企画開発した育児アプリ、「Baby Smile」が7月23日にサービスを開始した。
アプリの価格は無料で、iOS 6.0以降、Android 2.3以上に対応している。
この、アプリを提供するのは「Kidzapplanet/キッザプラネット(R)」という知育アプリ専門ブランドで、親子で対話を行いながら楽しむことができる、感性や思考能力を育てる知育アプリを提供している。
全世界で50万ダウンロードされている「がんばれ!ルルロロのワンダリズム」などがある。

ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出

NTTコミュニケーションズは、2013年8月20日、6月に発生した不正ログインの原因が、ロジテック製の無線LANブロードバンドルータの脆弱性にあった可能性が高いことを公表。

【Omaker】999円でセール中!AmazonでMFi認証付き「Lightning ケーブル」販売中

アマゾンで、MFi認証が付いた「Omaker USB Lightningケーブル」が、999円(税込・送料込)で販売されているとの情報を入手したので、即買いしました。

「Omaker USB Lightningケーブル」はApple社のiPod、iPhone、iPadの充電や、同期に必要な特殊なケーブルです。