ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

投稿日:2013年10月16日

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

<引用:ITmedia>

先日のLINEの18歳未満に対する利用制限の影響か、「アメーバピグ」では、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する事になったようです。

15歳以下の児童・学徒への利用を推進?

15歳以下を含めた青少年の利用者にも「アメーバピグ」の様々な機能やサービスを安全・安心にご利用いただける体制を目指して準備を進めており、この度、15歳以下の利用者に対するコミュニケーション規制を解放し、規制対象年齢を18歳と拡大したうえで、18歳未満と18歳以上の利用者の仮想空間を分離いたします。

「アメーバピグ」では、これまでにも、18歳未満の利用者に対し、個別メッセージサービスなどの利用制限を施したり、監視を実施していたようです。

この事は、未成年も利用できるオンラインコミュニケーションサービスを提供する企業としては当然の措置であり、これからも継続を願うばかりです。

ただ気になるのは、上記のように、15歳以下の利用者に対しコミュニケーション規制を無くす方針のようなので、注意が必要のようです。

サイバーエージェント社は「小学生向けプログラミング学習スクールを開校」するなど、IT人材を継続的に育成するための仕組みを構築中のようなので、未成年者へのコミュニティサービスの提供には充分な体制で運用してもらいたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ニュース
-, , , ,

関連記事

「バンダイナムコIDポータルサイト」で34,069件の不正ログインが判明 -アカウントリスト攻撃-

「バンダイナムコIDポータルサイト」への不正ログイン発生のご報告と
パスワード変更のお願い

この度、弊社が運営する「バンダイナムコIDポータルサイト」(会員登録制サイト  https://www.bandainamcoid.com/)におきまして、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、34,069件の不正ログインが行われたことが判明しました。現在は、不正ログインが行われたID・パスワードからのログインができない措置をしており、該当するお客さまには弊社より個別に連絡のうえ、パスワード再設定のお願いをしております。お客さまにご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ありません。

チケット大手のe+(イープラス)がアカウントリスト攻撃の被害を受ける。

チケット販売大手のエンタテインメントプラス(東京都品川区、略称イープラス)は、運営するチケット販売サイトで、約1万5千件の不正アクセスがあり、なりすましによる予約が190件あったと発表した。実際に代金を支払った会員はいなかった。

モバイルマルウェアによる脅威の79%がAndroidを標的

世界全体のAndroidユーザーの44%以上が現在も「Android 2.3.3」から「Android 2.3.7」の旧バージョンを使用しており、これらのバージョンにはそれ以降のバージョンでは修正されているセキュリティ上の脆弱性が依然として含まれているという。

サイバーエージェント子会社が、小学生向けプログラミング学習スクールを開校

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング事業を手がける株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は9月25日、小学生向けプログラミング学習スクール「Tech Kids School」を10月に開校すると発表。同時に、生徒募集を開始した。受講料は1コース3万5000円から。

「Mobage(モバゲー)」で316件の不正ログイン。アカウントリスト攻撃の被害を受ける。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」におきまして、第三者が不正にログインする事象が判明したことをお知らせいたします。お客さまに対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。