ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

投稿日:2013年10月16日

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

<引用:ITmedia>

先日のLINEの18歳未満に対する利用制限の影響か、「アメーバピグ」では、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する事になったようです。

Sponsored Link

15歳以下の児童・学徒への利用を推進?

15歳以下を含めた青少年の利用者にも「アメーバピグ」の様々な機能やサービスを安全・安心にご利用いただける体制を目指して準備を進めており、この度、15歳以下の利用者に対するコミュニケーション規制を解放し、規制対象年齢を18歳と拡大したうえで、18歳未満と18歳以上の利用者の仮想空間を分離いたします。

「アメーバピグ」では、これまでにも、18歳未満の利用者に対し、個別メッセージサービスなどの利用制限を施したり、監視を実施していたようです。

この事は、未成年も利用できるオンラインコミュニケーションサービスを提供する企業としては当然の措置であり、これからも継続を願うばかりです。

ただ気になるのは、上記のように、15歳以下の利用者に対しコミュニケーション規制を無くす方針のようなので、注意が必要のようです。

サイバーエージェント社は「小学生向けプログラミング学習スクールを開校」するなど、IT人材を継続的に育成するための仕組みを構築中のようなので、未成年者へのコミュニティサービスの提供には充分な体制で運用してもらいたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

都立高校生のスマホ利用率84.5%。LINE(ライン)とTwitter利用率が高い。(総務省)

総務省は、東京大学との共同研究として、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」を実施し、その速報を公開したようです。

調査対象は、東京都立の高等学校154校の生徒15,191人。
スマートフォン・アプリの利用実態や、ネット依存傾向の関係を調べたものだそうだ。

パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃-

トレンドマイクロは2013年8月19日、「2013年上半期のセキュリティ脅威動向」を発表しました。
レポートではこの四半期の傾向として、攻撃者の狙いが「サーバ」、「モバイル」、「人」の脆弱性に向いていることを主要トピックとしています。

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。

セブンネットショッピングでクレジットカード番号15万件が閲覧された可能性 -アカウントリスト攻撃-

この度、弊社が運営する「セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/all/)」(以下、「本サイト」といいます)におきまして、外部からなりすましによる不正なアクセスがあり、第三者にお客様の一部の個人情報を不正に閲覧された可能性があることが判明いたしました。 本件不正アクセスに関する概要と対応について下記のとおりご報告いたしますとともに、お客様に対し、多大なるご迷惑およびご心配をお掛けする事態に至りましたことを深くお詫び申し上げます。