ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

LINE 9月30日より、18歳未満に利用制限。ID機能起用には年齢確認が必要。

投稿日:2013年9月25日

LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』(http://line.naver.jp/)において、9月30日より、青少年ユーザー保護を目的とし、NTTドコモ・ソフトバンクモバイルのAndroid端末を利用する18歳未満ユーザーを対象に、LINE ID検索の利用制限を開始いたしますのでお知らせいたします。

【LINE プレスリリース】

これまで、auのAndroid端末を利用する18歳未満のユーザーを対象に同様の取り組みを行っていましたが、9月30日より、NTTドコモ・ソフトバンクモバイルのAndroid端末にも対象範囲が拡大されることになりました。

これにより、国内主要3キャリア全てに対応することになり、今後はAndroid端末に加えて、iPhoneにも導入の拡大を予定しているようです。

Sponsored Link

なぜ、18歳未満利用者のLINE ID検索を制限しなければならないのか。

12〜19歳の子どもだけでも約150万人利用しているLINE。
無知な子ども相手に悪さを考える大人がこの大人気サービスに群がっているのが現状です。

無料の掲示板等にIDを掲げ、お金をあげるから会わないかと誘うのが常套手段で、相次ぐ事件を受けLINEでの18歳未満のID検索機能が停止されることになりました。

年齢の判定には、携帯会社提供の「年齢判定サービス」を利用

9月30日より主要3キャリアのAndroid端末に限り、LINEのID機能を使う際、年齢判定が必要となります。

18歳未満のユーザーは、LINE IDの設定、検索機能が停止し、また検索結果にIDが表示されなくなります。

では、どのように18歳未満かどうかの判定するのでしょうか。

これは各通信キャリアから提供される「年齢判定サービス」を利用するようです。
LINEから、各通信キャリアに年齢判定の依頼があると、18歳未満かどうかの結果をLINE側へ返します。

この時、年齢や生年月日が通知されることはありません。

09_01
[出典:NTTドコモ]

また、次の場合は年齢情報を提供されません。

  • 利用者情報が登録されていない場合
  • 年齢情報の提供に対して、契約者またはご利用者が同意されなかった場合

LINE 年齢認証方法

  • 新規ユーザーは新規登録する時に、既存ユーザーはLINE IDに関する機能使用時に、「年齢認証」の画面が表示されます。
  • 「年齢認証する」のボタンを選択します。
  • 携帯電話事業者の年齢判定サービスを活用して、18歳以上か18歳未満かを判別。
  • 18歳未満であればLINE IDの設定・検索機能の利用を停止し、18歳以上であれば通常通りLINE IDに関する機能を利用出来ます。ただし、18歳以上であっても、上記の年齢認証を行わない限り、LINE IDの設定・検索機能は利用できません。

【LINE】LINE、青少年ユーザー保護を目的に、18歳未満ユーザーのLINE ID検索利用制限を強化

※追記
LINE ID検索の利用制限は、2013年12月時点で、au(KDDI)・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルが提供する全てのiPhone・Androidスマートフォンに適用されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,


  1. […] 先日のLINEの18歳未満に対する利用制限の影響か、「アメーバピグ」では、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する事になったようです。 […]

  2. […] 2013年9月より既にAndroidで開始されていた、「LINE」の18歳未満のLINE ID検索制限が、iPhoneにも拡大される。 […]

関連記事

LINEも使える!auジュニア向けスマホを1月下旬から発売開始。「miraie KYL23(京セラ)」

au(KDDI)は、キャリア初のジュニア向けスマホ「miraie(KYL23)」を1月下旬より発売開始すると発表しました。

サイバー補導実施へ: 警察庁、積極対応指示へ

インターネットを利用する子どもが児童買春などの性犯罪被害に遭う事件が後を絶たないことから、警察庁は近く、出会い系サイトやネット掲示板に下着販売や性行為を誘う書き込みなどをした少年少女については補導するよう全国警察に指示する方針を固めた。

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

【LINE】 ついに友達削除機能が利用可能に

「LINE」に、友達を削除する機能が追加された。

これまでは、追加した友達への連絡を拒否する「ブロック」機能はあったが、これによりリストから完全に削除できるようになった。