ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

モバイルマルウェアによる脅威の79%がAndroidを標的

投稿日:

米当局、「Android」旧バージョンのセキュリティを懸念

世界全体のAndroidユーザーの44%以上が現在も「Android 2.3.3」から「Android 2.3.7」の旧バージョンを使用しており、これらのバージョンにはそれ以降のバージョンでは修正されているセキュリティ上の脆弱性が依然として含まれているという。
-CNET Japan-

jb-new-logo

パソコンやスマートフォンを、悪意ある攻撃から守るためには、脆弱性を取り除く必要があります。
脆弱性が残ったままインターネットに接続するのは、乗っ取ってくださいと言っているようなものなのです。

最新バージョンへのアップデート出来る機種は早めにアップデートを、アップデートに対応していない機種は買い替え等考える必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

関連記事

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

高校生の84%がスマホを保有、「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国の高校1年生約3,500人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警

スマートフォン(高機能携帯電話)から電話帳のデータを抜き取るアプリを作成、使用したなどとして、京都府警、大分県警の合同捜査班は25日、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成などの疑いで、IT関連会社「アークネクスト」の元社長、吉田浩司(41)=東京都杉並区成田西=と大分県別府市駅前町の元出会い系サイト運営会社会長、立石正彰(59)の両容疑者ら6人を逮捕した。府警によると、全員容疑を認めている。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

インターネットバンキングでの不正送金被害を防ぐためには

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、インターネットバンキングの不正送金による被害が増えているとし、利用時の注意点などを公表した。