ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

インターネットバンキングでの不正送金被害を防ぐためには

投稿日:2013年9月3日

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、インターネットバンキングの不正送金による被害が増えているとし、利用時の注意点などを公表した。

「 インターネットバンキング利用時の勘所を理解しましょう! 」

警察庁からは8月8日に、「2013年1月から7月までのインターネットバンキングの不正送金による被害額が、過去最悪だった2011年の年間被害額を超えた」との発表がありました。
IPAに寄せられる相談においても“インターネットバンキングの不正送金”に関する相談の件数が、6月以降目立っています

000034234
出典:独立行政法人情報処理推進機構

Sponsored Link

インターネットバンキング不正送金被害に合わないための対策

対策1 ウイルス感染を防ぐ

  • 使用しているパソコンのOSやアプリケーションなどの脆弱性を解消する
  • セキュリティソフトを導入し、ウイルス定義ファイルを最新に保ち、使用する

対策2 インターネットバンキング特有の対策

  • ワンタイムパスワードを適切に利用する
  • 乱数表、合言葉などをすべて入力しない
  • メール通知サービスを携帯電話宛に設定する
  • ブックマーク、バンキングアプリを利用する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

関連記事

パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃-

トレンドマイクロは2013年8月19日、「2013年上半期のセキュリティ脅威動向」を発表しました。
レポートではこの四半期の傾向として、攻撃者の狙いが「サーバ」、「モバイル」、「人」の脆弱性に向いていることを主要トピックとしています。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

LINEも使える!auジュニア向けスマホ「miraie KYL23(京セラ)」にファミリー向けの新機能追加

auは、ジュニア向けスマホとして人気の「miraie KYL23」で、2つの機能を追加するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

この更新により、「マイルール」や、「遠隔アラーム」の機能が新しく追加される。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

Google Playで公開されたワンクリック詐欺アプリが、今年に入り既に2,500 個を超える。

大手セキュリティベンダー、シマンテックによると、2013年にGoogle Play上に公開されたワンクリック詐欺アプリ数は合計で約 2,500 個にも及ぶようです。