ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

インターネットバンキングでの不正送金被害を防ぐためには

投稿日:2013年9月3日

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、インターネットバンキングの不正送金による被害が増えているとし、利用時の注意点などを公表した。

「 インターネットバンキング利用時の勘所を理解しましょう! 」

警察庁からは8月8日に、「2013年1月から7月までのインターネットバンキングの不正送金による被害額が、過去最悪だった2011年の年間被害額を超えた」との発表がありました。
IPAに寄せられる相談においても“インターネットバンキングの不正送金”に関する相談の件数が、6月以降目立っています

000034234
出典:独立行政法人情報処理推進機構

Sponsored Link

インターネットバンキング不正送金被害に合わないための対策

対策1 ウイルス感染を防ぐ

  • 使用しているパソコンのOSやアプリケーションなどの脆弱性を解消する
  • セキュリティソフトを導入し、ウイルス定義ファイルを最新に保ち、使用する

対策2 インターネットバンキング特有の対策

  • ワンタイムパスワードを適切に利用する
  • 乱数表、合言葉などをすべて入力しない
  • メール通知サービスを携帯電話宛に設定する
  • ブックマーク、バンキングアプリを利用する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

関連記事

NTTドコモ 「iPhone 5S」販売へ秒読みか!?

NTTドコモ副社長、「iPhone 5S」販売へ「態勢は整った」–サンケイビズ
NTTドコモ幹部の短いコメントで、同社がAppleの「iPhone 5S」を近いうちに発売することが示された。

「Mobage(モバゲー)」で316件の不正ログイン。アカウントリスト攻撃の被害を受ける。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」におきまして、第三者が不正にログインする事象が判明したことをお知らせいたします。お客さまに対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

「goo」や「NTTレゾナント」を装った不審なメールに注意!

ポータルサイトgooやNTTレゾナントを装った送信元から、不正なサイトへと誘導してgooIDやログインパスワードを入力させるフィッシングの手口が確認されたようです。

ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出

NTTコミュニケーションズは、2013年8月20日、6月に発生した不正ログインの原因が、ロジテック製の無線LANブロードバンドルータの脆弱性にあった可能性が高いことを公表。

「バンダイナムコIDポータルサイト」で34,069件の不正ログインが判明 -アカウントリスト攻撃-

「バンダイナムコIDポータルサイト」への不正ログイン発生のご報告と
パスワード変更のお願い

この度、弊社が運営する「バンダイナムコIDポータルサイト」(会員登録制サイト  https://www.bandainamcoid.com/)におきまして、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、34,069件の不正ログインが行われたことが判明しました。現在は、不正ログインが行われたID・パスワードからのログインができない措置をしており、該当するお客さまには弊社より個別に連絡のうえ、パスワード再設定のお願いをしております。お客さまにご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ありません。