ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

「モクモク村のけんちゃん」(ブリタニカ)が、iPad、iPhoneアプリとして発売されていた!

投稿日:

mokumoku02

ブリタニカの英語教材「モクモク村のけんちゃん」が、iPad、iPhoneアプリとして販売されていることを知りました。

ぜひ、子どもに見せたいと思い、迷わず購入。

この名作「モクモク村のけんちゃん」をご存じでない親御さんのためにご紹介します。

Sponsored Link

30年以上前、子ども向け英語教材として登場

百科辞典で有名なブリタニカは、1970年代にカセット付き紙芝居で学ぶ英語教材として「モクモク村のけんちゃん」を発売しました。

当時、この教材は、ブリタニカの営業マンによる訪問販売が主な販売チャンネルだったようですが、認知度からすると、かなりの数が売れたのでしょう。

今では少なくなりましたが、当時、突然やってきたセールスマンが玄関先で教材を広げ、購入に至ったご家庭がほとんどだったようです。

当時、フルセットで買うと20万円したとか。

冒険に満ちた2時間30分の物語

【ストーリー】

モクモク村に住むけんちゃんという男の子が魔法の国へ冒険に行くお話です。

モクモク村は、遠くの山から流れてくる煙で汚され、村人たちはとても困っています。

勇気あるけんちゃんは、煙を流すものの正体を突き止めようと、一人で魔法の国へ向かいます。

ところが、そこで使われているのは魔法の国の言葉(英語)。
けんちゃんはさっぱりわかりません。

そこへあらわれた九官鳥の九ちゃん。

九ちゃんに、魔法の国の言葉(英語)を教わりながら、だんだんと魔法の国の言葉(英語)を話せるようになります。

けんちゃんはモクモク村を救うことができるのでしょうか? 

さあ!けんちゃんと一緒に冒険の旅へ出かけよう!

<引用:ブリタニカ・ジャパン>

2008年にパソコン用英語教材として復刻

発売から30年以上経過した2008年、当時この教材で英語に触れた世代が子どもを持つようになり、復刻を望む声に応える形での再登場となったようだ。

mokumoku_cdrom

復刻版は、Windowsパソコンで動作するCD-ROM版、あの温かみのある絵の紙芝居と、音声をすべてデジタル化して発売されている。

物語にでてきた英語表現のおさらいや、単語のおさらいができたり、アルファベットの大文字・小文字と発音を学習できます。

ユニークな特典として、家庭のプリンターで絵と物語の台詞を印刷して、本物の紙芝を作ることができる仕様になっている。

現在も、ブリタニカ・ジャパンのオンラインショップで購入可能だ。

そしてiPad版、iPhone版として再びよみがえる

2010年にiPadアプリ、翌2011年にはiPhoneアプリとして復刻。

使い方はとっても簡単、シンプル

設定を「自動再生ON」にしておけば、話に合わせて絵(ページ)と音声が自動的に進んでいきます。

自分のペースで進めたい場合は、「自動再生OFF」にすることで、絵を一枚ずつ進めていくことができます。

また、各章ごとに、すべての絵が表示でき、好きなページを再生することも可能です。

mokumoku01

mokumoku03

筆者が今でも覚えているフレーズがこれ。

I beg your pardon? (もう一度言っていただけますか?)

しかし、このフレーズ。
今思えば、言い方によってニュアンスが変わるフレーズで難易度高め。

けんちゃんの声優さんは、小原乃梨子さんという方。
2代目の「野比のび太」の声をされていた方だそうだ。

とても印象深いストーリーなので、子どもの記憶に永遠に残る作品のひとつとなることは間違いないでしょう。

何より、英語の入り口として、センテンスのチョイスもすばらしいものです。

ぜひ、iPadやiPhoneで、この「モクモク村のけんちゃん」で英語を楽しんでみてはいかがでしょうか。

文句なしで、おススメです。

≪iPad版≫

≪iPhone版≫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-, , ,

関連記事

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度「朝の読書」で、高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

NTTドコモ。小・中・高校生、保護者・教員、シニア、特別支援学校向け、スライドで見る「スマホ・ケータイ安全教室」資料公開

NTTドコモが実施している「スマホ・ケータイ安全教室」の教材を公開している。
安全教室は、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、地域コミュニティなどの団体に講師を派遣する形で行われており、専用申込用紙に必要事項を記入の上、FAXで申込が必要。

6月末まで無料!新小学1年生向け「アプリゼミ」をDeNAが配信開始

通信教育アプリ「アプリゼミ」を展開するDeNAは、iOS・Android用アプリの配信を開始した。

新小学1年生向けに「算数」「国語」「英語」の3教科セットで、Webサイトから加入した場合は月額980円(8%税込)。

6月末までの無料期間を設けられているので、この春新しく小学校に通うお子さんがいらっしゃるご家庭では、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。

勉強アプリなら「Studyplus」!勉強仲間が見つかる会員数50万人突破の人気の理由とは?

スタディプラスが運営する、勉強SNS「Studyplus(スタディプラス)」の会員数が50万人を突破した。

Studyplusは、勉強の記録を取ったり共有したりすることで、人とつながれるソーシャルラーニングサービスで、大学受験を控えた高校生を中心に会員数を伸ばし、資格取得を目指す社会人にも人気のサービス。

勉強のログを公開することで、同じ目的を持つ仲間と励ましあいながら、計画した勉強が長続きしやすいことが評判のようだ。

また、FacebookやTwitterとの連携により、Studyplus以外のSNSにも記録を投稿することで、口コミの相乗効果により会員数を劇的に伸ばしている。