ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

6月末まで無料!新小学1年生向け「アプリゼミ」をDeNAが配信開始

投稿日:

20140320_img01

通信教育アプリ「アプリゼミ」を展開するDeNAは、iOS・Android用アプリの配信を開始した。

新小学1年生向けに「算数」「国語」「英語」の3教科セットで、Webサイトから加入した場合は月額980円(8%税込)。

6月末までの無料期間を設けられているので、この春新しく小学校に通うお子さんがいらっしゃるご家庭では、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

NHKとDeNA、教育関係者の共同制作アプリ

アプリの教材はNHKエデュケーショナルが監修しているほか、大学の教授や小学校の教諭らも監修に加わっているというから心強い。

スマホやタブレットのアプリは、見せ方や操作性が悪いとすぐに利用されなくなるもの。
この分野では、技術力とノウハウを持ったDeNAが教育アプリを提供することに、注目が集まっているようです。

アプリゼミでは、ステージごとに設定された点数をクリアすると、次のステージにすすめるといったゲーム性に富んだ作りとなっていて、子どもに飽きさせない工夫が施されています。

20140320_img04

学校では1人1台のタブレット提供へ

次の「学習指導要綱」に盛り込まれると想定されている、生徒への1人1台のタブレットを使った学習に備える意味でも、デジタルコンテンツを使った学習に慣れておく必要性を感じます。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

ベネッセの「進研ゼミ」、ジャストシステムの「スマイルゼミ」では、専用のタブレットを使ったサービスを既に開始している。

既に、スマホやタブレットを持っている家庭にとっては、アプリをダウンロードするだけで利用を開始することができる「アプリゼミ」は、お試しで使ってみて継続するかどうかも選べるという点においても敷居が低く感じられるのはないだろうか。

将来的には高校生向けコンテンツまで拡大の予定

今回の発表では、小学1年生向けのみの提供となるが、2015年春には「小学2年生講座」「小学3年生講座」もスタートする予定で、小学校4年生以降も順次提供される見込みだそうだ。
将来的には中学生、高校生の展開も検討されているという。

【アプリゼミダウンロード】
appstore
googleplay

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

期間限定で無償公開!小学生向けプログラミング学習用教材。サイバーエージェント子会社 CA Tech Kids

株式会社CA Tech Kidsは、小学生向けのプログラミング学習用教材を2014年1月16日までの期間限定で無償公開する。

夏休みの自由研究はこれで決まり!全国の大学で行われる体験イベント。

早いもので、夏休みまであと1ヶ月。

そろそろ、「今年の自由研究は何にしようかな」などと考え始めている子どももいるかも知れませんね。
全国の大学では、そんな小中学生のために、さまざまな「体験イベント」を実施しています。

いくつかご紹介したいと思いますので、今年の夏休みの自由研究の題材として、お子さんとの参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

高校教員対象のペンタブレット講習会を3都市で開催-ワコム-

2013年度の新学習指導要領の施行が始まり、高等生の「情報」の授業において、「情報デザイン」、「メディアデザイン」、「CG(コンピュータグラフィックス)」、「マルチメディア」等、デザインの授業が実施されるようになった。

デジタルデザインを教える教員向けに、ペンタブレットを活用した画像編集の講習会を東京、大阪、福岡の3都市で開催される。

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。