ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

6月末まで無料!新小学1年生向け「アプリゼミ」をDeNAが配信開始

投稿日:

Sponsored Link

20140320_img01

通信教育アプリ「アプリゼミ」を展開するDeNAは、iOS・Android用アプリの配信を開始した。

新小学1年生向けに「算数」「国語」「英語」の3教科セットで、Webサイトから加入した場合は月額980円(8%税込)。

6月末までの無料期間を設けられているので、この春新しく小学校に通うお子さんがいらっしゃるご家庭では、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

NHKとDeNA、教育関係者の共同制作アプリ

アプリの教材はNHKエデュケーショナルが監修しているほか、大学の教授や小学校の教諭らも監修に加わっているというから心強い。

スマホやタブレットのアプリは、見せ方や操作性が悪いとすぐに利用されなくなるもの。
この分野では、技術力とノウハウを持ったDeNAが教育アプリを提供することに、注目が集まっているようです。

アプリゼミでは、ステージごとに設定された点数をクリアすると、次のステージにすすめるといったゲーム性に富んだ作りとなっていて、子どもに飽きさせない工夫が施されています。

20140320_img04

学校では1人1台のタブレット提供へ

次の「学習指導要綱」に盛り込まれると想定されている、生徒への1人1台のタブレットを使った学習に備える意味でも、デジタルコンテンツを使った学習に慣れておく必要性を感じます。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

ベネッセの「進研ゼミ」、ジャストシステムの「スマイルゼミ」では、専用のタブレットを使ったサービスを既に開始している。

既に、スマホやタブレットを持っている家庭にとっては、アプリをダウンロードするだけで利用を開始することができる「アプリゼミ」は、お試しで使ってみて継続するかどうかも選べるという点においても敷居が低く感じられるのはないだろうか。

将来的には高校生向けコンテンツまで拡大の予定

今回の発表では、小学1年生向けのみの提供となるが、2015年春には「小学2年生講座」「小学3年生講座」もスタートする予定で、小学校4年生以降も順次提供される見込みだそうだ。
将来的には中学生、高校生の展開も検討されているという。

【アプリゼミダウンロード】
appstore
googleplay

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。

夏休みの自由研究に!親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを、富士通川崎工場で開催。

近畿日本ツーリストグループ「株式会社ティー・ゲート」の運営する「旅の発見」サイトにおいて、「富士通×旅の発見」夏休み特別企画!!と題し、夏休みに親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを開催する。

富士通の経験豊富なパソコン組み立てのプロの技術者(3~4名)のサポートのもと、最新モデルのノートパソコンを組み立てる体験が出来るという。

体験終了後には、富士通から「修了証」を授与され、組み立てたパソコンは富士通による点検を行い、およそ1週間後に自宅に届けられる。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。