ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 ニュース

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

投稿日:2013年10月9日

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

Sponsored Link

タブレットを使った小学生向けの通信教育サービスは、ジャストシステム社が提供する「スマイルゼミ」が既にあるが、業界最大手のベネッセコーポレーションが提供する「進研ゼミ」のタブレット導入は大きな話題を呼ぶのではないだろうか。

中1講座ではすでに16万人に利用されている専用タブレットは好評

2013年4月より「進研ゼミ」中1講座では、専用タブレットを導入しており、受講生全体の6割となる16万人がタブレットを家庭学習に利用しているとのこと。

これにより「進研ゼミ」が配信するライブ授業を、自宅で受講するなど家庭での新しい学習形態が広がり、「今までより自宅で机に向かう習慣が続くようになった」「先生に教えてもらえるので、よりわかりやすくなった。」という声が上がっているという。

chuichi

成績の良い子は家庭学習の時間が長い?

2013年に行ったベネッセ教育総研の調査によると、成績が上位である程、家庭学習の時間が長いという相関関係が認められたとのこと。

これを受け、タブレットを通じた教育サービスの提供により、子どもの家庭での学習習慣をつけ、家庭学習時間の拡大を目指すことを目的とするようだ。

benesse
<出典:ベネッセ教育総合研究所「学校外教育活動に関する調査2013」

小学講座は、1年生~5年生が対象

S_tablet

進研ゼミ小学講座では、既存の「進研ゼミ小学講座 チャレンジ」と、専用タブレット端末を使う「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」のどちらかを選択することが可能。料金は変わらない。

専用タブレット端末は、6ヶ月以上続けることで無償で提供される。
※6ヵ月未満で退会、あるいは「チャレンジ」に講座変更の場合、タブレット代金として13,965円(税込)が請求される。

「チャレンジタッチ」は専用タブレット中心に学習する講座で、毎月の紙教材、体験教具は提供されないが、赤ペン先生の問題・テスト教材等、記述の必要性が高いもの、一覧性が求められるもののみ紙で提供される。

なお、「チャレンジタッチ」は、外部のインターネットとは接続できず、小学講座のチャレンジタッチとのみ接続できるようにし、外部サイトへはアクセス出来ない仕様のようだ。

<主なサービス>

  1. 映像と音声での解説
  2. 自動採点・苦手得意に沿った学習
  3. 「書く」「読む」練習
  4. 保護者への学習履歴のメール連絡など

<料金>

  • 小学1・2年生 月々3,250円
  • 小学3年生 月々3,950円
  • 小学4年生 月々4,730円
  • 小学5年生 月々5,475円

※6年生は2015年4月から開始予定

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

中学講座は12ヶ月連続受講で、タブレットを無償配布

c_tablet

進研ゼミ中学講座」の中で12ヶ月連続で受講する会員に、「Challenge Tablet」が無償配布される。
※12ヵ月未満で退会の場合は、タブレット代金として9,500円が請求される。

中学講座の「Challenge Tablet」では、「子モード」「親モード」を使い分けるペアレンタルコントロールができる仕様。

「子モード」では、保護者がパスワードで利用範囲や、有害サイトのフィルタリング、利用時間制限などが設定でき、「親モード」では通常のタブレットとしての利用が可能とのこと。
ウィルス対策ソフトはインストール済み。

<主なサービス>

  1. 映像による講師のライブ授業(英語・数学)※中学3年生は5教科
  2. つまずきやすい問題への、講師の動画解説(英語・数学)※中学1・2年生のみ
  3. カメラでわからない問題を撮影し、いつでも質問できる機能(数学)
  4. 自動採点・苦手得意に沿った学習ができる機能

<料金>

  • 中学1年生 月々6,160円
  • 中学2年生 月々6,160円
  • 中学3年生 月々6,480円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

高校講座は「Challenge Tablet NEXT」

k_tablet

進研ゼミ高校講座」の中で英語または数学を含む2教科以上の受講、かつ高1講座4月号から21か月間連続受講で「Challenge Tablet NEXT」が無償配布される。
※高1講座4月号から21か月未満で退会の場合は、タブレット代金として2万2575円が請求される。

<主なサービス>

  1. 1年分のテキストが完全収録されているので授業進度に完全対応。
  2. メインテキストでの演習問題に専任講師による映像解説。
  3. タブレットにわからないところを直接書き込みそのまま送信すると翌日回答。
  4. ノートのようにすらすら書ける高性能専用ペン(デジタイザー方式を利用)
  5. 継続的な学習のきっかけを作る・応援するメッセージ機能など

<料金>

  • 1教科受講 月々5,550円
  • 2教科受講 月々7,330円
  • 3教科受講 月々8,880 円
  • 4教科受講 月々10,180円
  • 5教科受講 月々11,480 円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

無線LAN環境が無い家庭向けに、無線LANルータを2,880円で提供

タブレット申込み者で、無線LAN環境が無い家庭向けには、NEC社製無線LANルータがを2,880円で販売される。

インターネット回線はあるが、無線LAN環境が無い家庭向けには、嬉しいサービスと言える。

nec_wireless_router

ベネッセコーポレーション:ニュースリリース(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育, ニュース
-, , , , , , ,


  1. […] 関連記事:2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ- […]

関連記事

「Mobage(モバゲー)」で316件の不正ログイン。アカウントリスト攻撃の被害を受ける。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」におきまして、第三者が不正にログインする事象が判明したことをお知らせいたします。お客さまに対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

『レター』子どもの写真カレンダーを毎月送る親孝行の形-クックパッド子会社が提供-

子どもの成長を両親に見せられていますか?
こんな言葉を投げかけられて、ドキッとしたのは私だけではないはず。
離れて暮らす祖父母と孫が実際に会う頻度はどれくらいなんだろう。
ROLLCAKE株式会社によるアンケート調査によると、「半年に1回程度〜それ以下」という回答が全体の75%を占める結果となったようです。
孫の成長を祖父母へ毎月伝えることのできるiPhone、iPadアプリ『レター』。
これは、子育て世代には、痒い所に手が届く良く考えられたアプリなので紹介します。

モバイルマルウェアによる脅威の79%がAndroidを標的

世界全体のAndroidユーザーの44%以上が現在も「Android 2.3.3」から「Android 2.3.7」の旧バージョンを使用しており、これらのバージョンにはそれ以降のバージョンでは修正されているセキュリティ上の脆弱性が依然として含まれているという。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。