ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 ニュース

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

投稿日:2013年10月9日

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

Sponsored Link

タブレットを使った小学生向けの通信教育サービスは、ジャストシステム社が提供する「スマイルゼミ」が既にあるが、業界最大手のベネッセコーポレーションが提供する「進研ゼミ」のタブレット導入は大きな話題を呼ぶのではないだろうか。

中1講座ではすでに16万人に利用されている専用タブレットは好評

2013年4月より「進研ゼミ」中1講座では、専用タブレットを導入しており、受講生全体の6割となる16万人がタブレットを家庭学習に利用しているとのこと。

これにより「進研ゼミ」が配信するライブ授業を、自宅で受講するなど家庭での新しい学習形態が広がり、「今までより自宅で机に向かう習慣が続くようになった」「先生に教えてもらえるので、よりわかりやすくなった。」という声が上がっているという。

chuichi

成績の良い子は家庭学習の時間が長い?

2013年に行ったベネッセ教育総研の調査によると、成績が上位である程、家庭学習の時間が長いという相関関係が認められたとのこと。

これを受け、タブレットを通じた教育サービスの提供により、子どもの家庭での学習習慣をつけ、家庭学習時間の拡大を目指すことを目的とするようだ。

benesse
<出典:ベネッセ教育総合研究所「学校外教育活動に関する調査2013」

小学講座は、1年生~5年生が対象

S_tablet

進研ゼミ小学講座では、既存の「進研ゼミ小学講座 チャレンジ」と、専用タブレット端末を使う「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」のどちらかを選択することが可能。料金は変わらない。

専用タブレット端末は、6ヶ月以上続けることで無償で提供される。
※6ヵ月未満で退会、あるいは「チャレンジ」に講座変更の場合、タブレット代金として13,965円(税込)が請求される。

「チャレンジタッチ」は専用タブレット中心に学習する講座で、毎月の紙教材、体験教具は提供されないが、赤ペン先生の問題・テスト教材等、記述の必要性が高いもの、一覧性が求められるもののみ紙で提供される。

なお、「チャレンジタッチ」は、外部のインターネットとは接続できず、小学講座のチャレンジタッチとのみ接続できるようにし、外部サイトへはアクセス出来ない仕様のようだ。

<主なサービス>

  1. 映像と音声での解説
  2. 自動採点・苦手得意に沿った学習
  3. 「書く」「読む」練習
  4. 保護者への学習履歴のメール連絡など

<料金>

  • 小学1・2年生 月々3,250円
  • 小学3年生 月々3,950円
  • 小学4年生 月々4,730円
  • 小学5年生 月々5,475円

※6年生は2015年4月から開始予定

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

中学講座は12ヶ月連続受講で、タブレットを無償配布

c_tablet

進研ゼミ中学講座」の中で12ヶ月連続で受講する会員に、「Challenge Tablet」が無償配布される。
※12ヵ月未満で退会の場合は、タブレット代金として9,500円が請求される。

中学講座の「Challenge Tablet」では、「子モード」「親モード」を使い分けるペアレンタルコントロールができる仕様。

「子モード」では、保護者がパスワードで利用範囲や、有害サイトのフィルタリング、利用時間制限などが設定でき、「親モード」では通常のタブレットとしての利用が可能とのこと。
ウィルス対策ソフトはインストール済み。

<主なサービス>

  1. 映像による講師のライブ授業(英語・数学)※中学3年生は5教科
  2. つまずきやすい問題への、講師の動画解説(英語・数学)※中学1・2年生のみ
  3. カメラでわからない問題を撮影し、いつでも質問できる機能(数学)
  4. 自動採点・苦手得意に沿った学習ができる機能

<料金>

  • 中学1年生 月々6,160円
  • 中学2年生 月々6,160円
  • 中学3年生 月々6,480円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

高校講座は「Challenge Tablet NEXT」

k_tablet

進研ゼミ高校講座」の中で英語または数学を含む2教科以上の受講、かつ高1講座4月号から21か月間連続受講で「Challenge Tablet NEXT」が無償配布される。
※高1講座4月号から21か月未満で退会の場合は、タブレット代金として2万2575円が請求される。

<主なサービス>

  1. 1年分のテキストが完全収録されているので授業進度に完全対応。
  2. メインテキストでの演習問題に専任講師による映像解説。
  3. タブレットにわからないところを直接書き込みそのまま送信すると翌日回答。
  4. ノートのようにすらすら書ける高性能専用ペン(デジタイザー方式を利用)
  5. 継続的な学習のきっかけを作る・応援するメッセージ機能など

<料金>

  • 1教科受講 月々5,550円
  • 2教科受講 月々7,330円
  • 3教科受講 月々8,880 円
  • 4教科受講 月々10,180円
  • 5教科受講 月々11,480 円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

無線LAN環境が無い家庭向けに、無線LANルータを2,880円で提供

タブレット申込み者で、無線LAN環境が無い家庭向けには、NEC社製無線LANルータがを2,880円で販売される。

インターネット回線はあるが、無線LAN環境が無い家庭向けには、嬉しいサービスと言える。

nec_wireless_router

ベネッセコーポレーション:ニュースリリース(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育, ニュース
-, , , , , , ,


  1. […] 関連記事:2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ- […]

関連記事

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度、「朝の読書」で小学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

ママのスマートフォン利用率は84%に。LINEの利用率70%超も、ママ友とのトラブル増加も。

日本最大級のママ向けコミュニティサイト「ママ☆スタジアム」で実施されたアンケート調査によると、ママ達が最も使っているWEBサービスランキング1位は「LINE」だった。
また、2位は「クックパッド」、3位「楽天」という結果になったようだ。

NEC、300万人のユーザーを抱える「BIGLOBE」を売却へ

NECは、傘下でISPを運営するNECビッグローブを売却する手続きに入ったと、事情に詳しい関係者が明らかにした。売却額は数百億円を見込んでいるという。

 売却先を選ぶ第1次入札は11月中にも実施すると、関係者は述べた。

 ビッグローブは300万人にユーザーを抱える日本国内最大のISPの1つ。2012年度の売上高は841億円。

 11年度に1100億円の最終赤字を計上し、財務的に苦しい同社は、挽回するためシステム構築事業への集中と不採算事業からの撤退を進めている。

 同社はPC事業を中国Lenovoが過半出資する形で統合しており、7月にはスマートフォン事業から撤退。ISP事業との相乗効果は乏しくなっている。

ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出

NTTコミュニケーションズは、2013年8月20日、6月に発生した不正ログインの原因が、ロジテック製の無線LANブロードバンドルータの脆弱性にあった可能性が高いことを公表。