ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

投稿日:2013年10月9日

情報処理推進機構(IPA)は、インターネット上のサービスにおいて、情報漏えいや個人情報の流出などの危険があるとして、その対策を紹介しています。

「Googleグループ」による情報漏えい

2013年7月から9月にかけて、「Googleグループ」を利用し、一部の省庁や教育機関の関係者がやりとりをしていたメールなどの機密情報が漏えいしてしまった事件がありました。

これを受け、インターネットサービスの設定事例を示し、利用者に情報公開の範囲を意識したサービスの利用を促しています。

Sponsored Link

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」の公開

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)の公開

例: インターネット通販サイトのウィッシュリストを実名で「不用意」に公開していた。

リスク: ウィッシュリストは、自分がほしい商品や気に入った商品を知り合いに見てもらうために公開するリストですが、知り合い以外の利用者も見ることができる他、過去に購入した商品の履歴も見ることができるため、実名で登録し、そのことを「余り深く考えず」に公開をしていると、個人の趣味嗜好が漏えいすることになります。

この「ほしい物リスト」ですが、恥ずかしながら私も「公開」設定になっていました。

調べてみるとどうやら初期設定で「公開」となっており、「非公開」にするには。設定が必要なようです。

「ほしい物リスト」はだれでも検索でき、欲しいものと一緒に実名がずらずらと表示されます。

恐らく私と同様に知らないまま「公開」設定してしまっている方は多いのではないでしょうか?

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)の公開設定の変更

000034676
<出典:情報処理推進機構(IPA)>

  1. Amazonにサインイン後、画面右上にある[ほしい物リスト]をクリックして、[公開/非公開の設定を変更する]をクリックします。
  2. [公開/非公開の設定を変更する]画面が表示されたら、「非公開」を選択します。これで、他の利用者からウィッシュリストが閲覧されることはありません。

IPAによると、SNSは気軽に情報発信できるツールとして使われており、利用者自らインターネット上に自分の情報を公開することに抵抗がなくなってきたことで、「誰に対してどこまで自分の情報を公開するのか」といった注意が薄らいでいると指摘しています。

 情報漏えいのリスクを回避するためには、情報公開の範囲を確認し、不用意に情報が公開されてしまうことのないようにしなければならないと、注意を呼び掛けています。

IPA(2013年10月の呼びかけ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , , , , ,

関連記事

Amazonギフト券が2倍になるキャンペーンメールに注意!未使用ギフト券番号送信によるフィッシング詐欺。

インターネットショッピングサイト大手のAmazonは、ギフト券番号を送信させるようなキャンペーンを装った、詐欺行為に注意するよう呼びかけています。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?のポップアップを削除する方法

インターネット閲覧中に、「ad.adresult.jpからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」
または、「ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」のようなメッセージが表示される。

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。