ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

投稿日:2013年10月9日

情報処理推進機構(IPA)は、インターネット上のサービスにおいて、情報漏えいや個人情報の流出などの危険があるとして、その対策を紹介しています。

「Googleグループ」による情報漏えい

2013年7月から9月にかけて、「Googleグループ」を利用し、一部の省庁や教育機関の関係者がやりとりをしていたメールなどの機密情報が漏えいしてしまった事件がありました。

これを受け、インターネットサービスの設定事例を示し、利用者に情報公開の範囲を意識したサービスの利用を促しています。

Sponsored Link

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」の公開

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)の公開

例: インターネット通販サイトのウィッシュリストを実名で「不用意」に公開していた。

リスク: ウィッシュリストは、自分がほしい商品や気に入った商品を知り合いに見てもらうために公開するリストですが、知り合い以外の利用者も見ることができる他、過去に購入した商品の履歴も見ることができるため、実名で登録し、そのことを「余り深く考えず」に公開をしていると、個人の趣味嗜好が漏えいすることになります。

この「ほしい物リスト」ですが、恥ずかしながら私も「公開」設定になっていました。

調べてみるとどうやら初期設定で「公開」となっており、「非公開」にするには。設定が必要なようです。

「ほしい物リスト」はだれでも検索でき、欲しいものと一緒に実名がずらずらと表示されます。

恐らく私と同様に知らないまま「公開」設定してしまっている方は多いのではないでしょうか?

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)の公開設定の変更

000034676
<出典:情報処理推進機構(IPA)>

  1. Amazonにサインイン後、画面右上にある[ほしい物リスト]をクリックして、[公開/非公開の設定を変更する]をクリックします。
  2. [公開/非公開の設定を変更する]画面が表示されたら、「非公開」を選択します。これで、他の利用者からウィッシュリストが閲覧されることはありません。

IPAによると、SNSは気軽に情報発信できるツールとして使われており、利用者自らインターネット上に自分の情報を公開することに抵抗がなくなってきたことで、「誰に対してどこまで自分の情報を公開するのか」といった注意が薄らいでいると指摘しています。

 情報漏えいのリスクを回避するためには、情報公開の範囲を確認し、不用意に情報が公開されてしまうことのないようにしなければならないと、注意を呼び掛けています。

IPA(2013年10月の呼びかけ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , , , , ,

関連記事

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

「Yahoo!あんしんねっと」無料で始めよう!はじめての簡単フィルタリング。

iPhoneやiPadやソフトバンクAndroid携帯向けのアプリとして提供されていた「Yahoo!あんしんねっと」が、すべてのAndroid機器でも利用できるようになったようです。

「mobogenie_1501.apk」ファイルが勝手にダウンロードされる現象。Android端末で。

Androidスマートフォンにて、「mobogenie_1501.apk」というファイルが勝手にダウンロードされる現象が発生しているようです。

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

インターネット上に様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。