ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

守らなくてはいけない法律について

投稿日:2013年3月12日

著作権の侵害について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

著作権とは‐
文芸、学術、美術、音楽など人間の思想、感情を創作的に表現したものを著作物といい、またそれを創作した人を著作者と呼ぶ。

例えば、子ども自身が書いた作文や作品が誰かに勝手に使われたら嫌な思いをするでしょう。
だから許可なしに勝手に作品をコピーしたりすることは法律で禁止されているということを教えてあげられると良いかもしれません。

作者が亡くなって50年経過(欧米では70年が多い)すると著作権は消滅し、自由に使えるようになるという知識も同時に教えられると良いでしょう。

Sponsored Link

よく分からない肖像権について

自分で撮った写真などは、自分の著作物になるのでブログなどに掲載しても問題はありませんね。
しかし自分以外の人が写ってしまっている写真は勝手に使うとトラブルに巻き込まれることがあります。
これを肖像権の侵害といいます。

肖像権‐
人の顔や姿を守る権利。法律で定められているものではないが権利を侵害された場合訴訟の対象となる事もある

どうしても掲載したい場合は写っている人に許可をとればよいのです。誰だかわからない人が写ってしまった場合はトリミング(写真の一部切出し)やモザイク処理で対応した方が良さそうです。

また写っている人が芸能人だったりした場合は、より一層気を付ける必要があります。
芸能人などはその姿自体に商品価値があるので所属しているプロダクションが所有しているパブリシティ権(財産権)を侵害する事なり、無断で使用することにより多くの関係者に被害が及ぶことがありますので注意が必要です。

撮った写真に他人が写ってしまったら、安易に公表してはいけないと思ったほうがよさそうです。

プライバシーの侵害に気を付けよう

ブログや掲示板などに他人の名前、住所、電話番号、年齢、家族構成などの個人情報を掲載していけません。
これらの行為はプライバシーの侵害に当たるからです。

個人情報以外でも、○○君が××ちゃんのことが好き。だとか。△△さんがどこどこの塾に通っているなど、その友だち個人や生活に関わることを公表してはいけません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , , , , , ,


  1. […] を説明しましょう。 詳しくは「守らなくてはいけない法律について」を参考にしてください。 […]

  2. […] 関連リンク:守らなくてはいけない法律について […]

関連記事

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

WEB

インターネットの危険性

有害サイト, 犯罪を助長するようなサイト, 虚偽の情報, 個人情報の漏えい, 著作権の侵害, 悪徳商法, 迷惑メール、違法メール, 不正アクセス・ウィルス, 他者の誹謗・中傷, 心理的悪影響

「ワコール」のホームぺージが改ざん、閲覧によるウィルス感染の恐れ

大手下着メーカーワコールのWEBサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより、
一部改ざんされていたことが判明したようです。

現在、内容を調査中としており、関連するサイトが軒並み閉鎖されている状態だ。

なお、顧客の情報流出等は、現在のところ確認されていないとのこと。

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

2013年10月に第一報が報じられた、米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件。
記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この事件によって影響を受けるユーザーは、少なくとも3800万人に上ることが分かっています。

ご多分に漏れず、私のもとにも情報漏れちゃってごめんなさいメールが届き、早速パスワードを変更しました。

メールが届いたのにまだ変更していない方は、すぐに変更しておくことをおすすめします。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。