ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

投稿日:2013年2月25日

コンピュータは家族の目の届く場所に置く

子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。
使いはじめの頃は親が一緒に利用することが多く、誤った操作を未然に防ぐことが出来るので問題は少ないと思います。
しかし子どもに自由に操作させてみるとわかりますが、慣れてきて知恵も付きはじめると好奇心からリンクを辿り様々なサイトにアクセスし始めます。

有害なサイトへのアクセスや、インターネットショッピングで勝手に買い物をしてしまったなどのトラブルを防ぐためにも常に目の届く場所で利用させたいものです。

Sponsored Link

子どもがインターネットを利用する時間を制限する

ゲームやテレビと一緒ですが、子供の好奇心をくすぐるインターネットの世界は止めなければいつまでもやり続けてしまうものです。
各家庭において1日1時間などルールを決めて利用させることが大切です。

ただし調べ学習においては例外として認めてあげるなど考慮してあげると良いのではないでしょうか。

知らないサイトに注意する

子どもが知らないうちに意図しないサイトへ迷い込んでしまう事があります。
多くのインターネットサービスは広告で成り立っているためサイトのあちこちに広告が貼ってあり、訪問者にクリックしてもらうための工夫を凝らしています。

中には商品の広告ならまだしも、出会い系サイトや悪質な有料サイトへ誘導されるものもありますので利用には注意が必要となります。
子どもには知らないサイトへ移動してしまったら、すぐ大人に確認してもらうよう約束させて下さい。

知らない人に自分の名前や住所を教えないようにする

大人が許可しない限り、自分の名前、住所、電話番号、学校名などを教えてはいけないという事を十分に理解させる必要があります。
また、自分や家族、友だちの写真を公開しない事も大切なルールです。

これらの個人情報は、売買目的で収集している人間が多く、悪質なセールスの標的になってしまったり、犯罪に巻き込まれる可能性があることを理解させましょう。
人の目に触れる場所に個人情報を公開することは決して行ってはいけません。

相手のことを考える

パソコンの前に座っているとつい忘れがちになる事ですが、インターネットの向こう側には友達が居るという事を意識してコミュニケーションをとるように教えてあげることが大切です。
自分勝手な要求や、感情的な言葉を書き込めば、それはたちまちケンカに発展して友達との関係が険悪になってしまう事があるかもしれません。

いつも相手を思いやる気持ちを持ってコミュニケーションして欲しいものです。

パスワードは絶対に教えない

様々なサービスを利用するにあたって、ユーザーIDやパスワードを使用しなければならない事があります。通常は親や先生が子供に用意して使わせるものです。
このパスワードはたとえ仲の良い友達においても決して教えてはいけないという事を約束させて下さい。

また、意図せず友だちにパスワードが知られてしまった場合は、すぐに親や先生に連絡して変更してもらう事。
逆に友達のパスワードを知ってしまった場合は、その友達から親や先生に連絡して変更してもらうように教えてあげられると良いですね。

困ったこと解らないことがあったら、親か先生に相談する

インターネット上で展開されているサービスは、日々新しいものが生まれ技術の向上も目まぐるしいものがありますので、利用者としては理解出来ない事や困ることも多くあるでしょう。
特に子どもにとって良し悪しの判断も難しいものです。

子どもに失敗させて学ばせるという考えも理解できますが、インターネットの世界では一つの失敗が一生を台無しにしてしまうことがあります。

子どもには正しい判別がつくまでは、困ったこと解らないことがあった時は、自分で解決するのではなく親か先生に相談するというルールのもとで利用させるべきと私は考えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

NTTドコモ。小・中・高校生、保護者・教員、シニア、特別支援学校向け、スライドで見る「スマホ・ケータイ安全教室」資料公開

NTTドコモが実施している「スマホ・ケータイ安全教室」の教材を公開している。
安全教室は、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、地域コミュニティなどの団体に講師を派遣する形で行われており、専用申込用紙に必要事項を記入の上、FAXで申込が必要。

no image

子どもにとって身近になったインターネット

調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。
小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言える

小学生のケータイ・スマホ普及率26%。うちスマホ保有率は7.1%にとどまる。

Benesse教育情報サイトでは、子どもの携帯電話・スマートフォンの利用についてのアンケート結果を発表しました。
アンケート期間が、2013/8/28~9/3と新しく、まさに今の子どもたちの携帯・スマートフォン事情における、動向をうかがい知ることができます。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。