ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

ICTリテラシーってなに?

投稿日:2013年1月24日

最近耳にするICTとは?

情報(Information)通信(Communication)に関する技術(Technology)一般の総称のことです。
ひと昔前までは、アイティー(IT)アイティー!と叫ばれてきましたが、最近はICTという単語に置き換えられて使われることが多くなってきました。

特に国際社会においてはITという言葉は使わなくなっており、ICTが一般的に使われています。
総務省でも2004年から「IT政策大綱」を「ICT政策大綱」と改称するなど、日本でも徐々にICTという呼び方が定着しつつあります。

重要なのはCだった

これまでITといえば、コンピュータがどれだけ高性能かといった視点で語られ、どのメーカーも技術の向上を目指して発展してきました。

しかし実際そのITを利用するのは人間であり、そのITで何を扱うのかという視点が抜け落ちてしまっていたようです。
人間が扱うための知識や本当に必要としている情報を、技術を駆使し、共有すること。
つまり誰かに伝達(Communication)することが重要だということなのですね。

ICT、情報の共有化を目的とした技術ということで現代社会に即した言葉だと思います。

ICTを利用するのも才能?

ICTを使った子どもへの情報教育を語る上で「ICTリテラシー」や「情報リテラシー」という言葉を良く耳にします。

リテラシーとは、

何らかの表現されたものを、適切に理解・解釈し、分析し、また記述・表現する能力

という意味ですが、単純に「リテラシー」というと「ICTリテラシー」や「情報リテラシー」を指すことが多いようです。

膨大な情報の中から、自ら情報を取捨選択し、本当に必要なデータを選別する能力を養うことが、情報教育の中でも大切な事なのではないかと思います。
それはつまり、正しい選別が出来てクォリティの高い情報発信者となることにも繋がります。

子どもが「情報弱者」とならないよう、しっかりとした情報教育を考えていくことも現代の親に課された義務なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-子どもとICT
-, , , ,


  1. […] お子さんの年齢やICTリテラシーレベルに合わせてフィルタリングモードを選択することが出来ます。 […]

関連記事

[iOS8] もしも、家族全員がiPhoneを持ったら、家庭にパラダイムシフトが起こる?

アップル社より「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」や「Apple Watch」が発表され話題になってますね。

これに先駆けて、iPhoneの基本OSであるiOSもバージョンアップし、「iOS 8」として、9月17日よりダウンロード開始となるようです。

「iOS 8」を利用できるのは今回発売される「iPhone 6」シリーズだけに限らず、以下の端末にインストールすることで最近の機能を利用することが出来ます。

iPhone 4s以降
iPad 2以降
iPad mini第1世代以降
iPod touch 第5世代

このiOS8で追加された「ファミリー共有」という新しい機能が、便利で面白そうなので紹介します。

もしも、あなたの家族全員が、iPhoneを持つことになったら、
何だか面白いことが起きそうな気がします・・・

子供の身長を伸ばすために親が出来る5つのこと | 子供用身長サプリ

子供の身長を伸ばす為には、子供へ溢れるほどの「愛情」を注ぎ、適度な「運動」、十分な「睡眠」、そして毎日欠かさず「必要な栄養」を摂取することです

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

小学生のケータイ・スマホ普及率26%。うちスマホ保有率は7.1%にとどまる。

Benesse教育情報サイトでは、子どもの携帯電話・スマートフォンの利用についてのアンケート結果を発表しました。
アンケート期間が、2013/8/28~9/3と新しく、まさに今の子どもたちの携帯・スマートフォン事情における、動向をうかがい知ることができます。