ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

ICTリテラシーってなに?

投稿日:2013年1月24日

最近耳にするICTとは?

情報(Information)通信(Communication)に関する技術(Technology)一般の総称のことです。
ひと昔前までは、アイティー(IT)アイティー!と叫ばれてきましたが、最近はICTという単語に置き換えられて使われることが多くなってきました。

特に国際社会においてはITという言葉は使わなくなっており、ICTが一般的に使われています。
総務省でも2004年から「IT政策大綱」を「ICT政策大綱」と改称するなど、日本でも徐々にICTという呼び方が定着しつつあります。

重要なのはCだった

これまでITといえば、コンピュータがどれだけ高性能かといった視点で語られ、どのメーカーも技術の向上を目指して発展してきました。

しかし実際そのITを利用するのは人間であり、そのITで何を扱うのかという視点が抜け落ちてしまっていたようです。
人間が扱うための知識や本当に必要としている情報を、技術を駆使し、共有すること。
つまり誰かに伝達(Communication)することが重要だということなのですね。

ICT、情報の共有化を目的とした技術ということで現代社会に即した言葉だと思います。

ICTを利用するのも才能?

ICTを使った子どもへの情報教育を語る上で「ICTリテラシー」や「情報リテラシー」という言葉を良く耳にします。

リテラシーとは、

何らかの表現されたものを、適切に理解・解釈し、分析し、また記述・表現する能力

という意味ですが、単純に「リテラシー」というと「ICTリテラシー」や「情報リテラシー」を指すことが多いようです。

膨大な情報の中から、自ら情報を取捨選択し、本当に必要なデータを選別する能力を養うことが、情報教育の中でも大切な事なのではないかと思います。
それはつまり、正しい選別が出来てクォリティの高い情報発信者となることにも繋がります。

子どもが「情報弱者」とならないよう、しっかりとした情報教育を考えていくことも現代の親に課された義務なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-子どもとICT
-, , , ,


  1. […] お子さんの年齢やICTリテラシーレベルに合わせてフィルタリングモードを選択することが出来ます。 […]

関連記事

Internet

急激に普及しているインターネット環境

社団法人日本PTA全国協議会「平成23年度マスメディアに関するアンケート調査」によると、子どもを持つ家庭の8割以上がパソコンを所有しており、そのうちの9割はインターネットへ接続しているという調査結果が発表されました。今やパソコンによるインターネットの閲覧はとても身近なものになっているようです。

子どもにパソコン、何歳から使わせれば良いの?

子どもが将来どのような職種に就いたとしてもパソコンを一切使わない、という事は考えられないほど、様々な仕事をする上で当たり前のようにパソコンが利用されています。 親としては早いうちにパソコンに慣れさせた …

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。
前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%