ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

子どもにとって身近になったインターネット

投稿日:2012年10月17日

調べ学習としてのインターネット

2012年9月 NTTレゾナント株式会社が調査した「小学校教員を対象とした校務に関するアンケート」によると、調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。

調べ学習の手段方法

小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言えるでしょう。

このような結果からも、家庭において宿題、自由研究、興味のある事に対してインターネットで調べたいという子どもからの要求が出てくるのも当然のことだと考えられます。

Sponsored Link

デジタルネイティブな子どもたち

現代の子どもたちは、生まれた時からパソコンやインターネットがある環境の中で育っています。
物心ついた時からありとあらゆる情報端末が周りに存在するため、難しいことを考えることなくそういうモノが存在し、何となくこうやって操作するものだという感覚が根付いています。
街へ出てみれば、様々な場所でタッチパネル式の機械を見かけますし、カードをピッとかざすだけで駅の改札を通りぬけられることも子どもたちは知っています。

子どもたちにスマートフォンやタブレットPCを与えてみると、ものの見事に操作してしまう姿に驚かされます。
つまりデジタル機器に対してネイティブな世代。

教えなくても日本語が話せるようになるのと同じようなものなのですね。

デジタル機械の向こう側

デジタルネイティブな子どもたちは、ここを押せば何か変化があるだろうと興味津々でデジタル機器を操作してしまいます。
しかし相手が機械だからと安心して良いものなのでしょうか。

インターネットに接続されたデジタル機器の向こう側には、プログラムや生身の人間が繋がっている事があります。

もし、繋がった相手がいたずらや犯罪目的のプログラムだったら・・・
それとも、まったく面識のない他人が繋がっていたらどうしますか?

インターネットの向こう側に何があるのか、教えてあげるのは親の大切な役目なのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子どもとICT
-, ,

関連記事

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

ICTリテラシーってなに?

膨大な情報の中から、自ら情報を取捨選択し、本当に必要なデータを選別する能力を養うことが、情報教育の中でも大切な事

[iOS8] もしも、家族全員がiPhoneを持ったら、家庭にパラダイムシフトが起こる?

アップル社より「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」や「Apple Watch」が発表され話題になってますね。

これに先駆けて、iPhoneの基本OSであるiOSもバージョンアップし、「iOS 8」として、9月17日よりダウンロード開始となるようです。

「iOS 8」を利用できるのは今回発売される「iPhone 6」シリーズだけに限らず、以下の端末にインストールすることで最近の機能を利用することが出来ます。

iPhone 4s以降
iPad 2以降
iPad mini第1世代以降
iPod touch 第5世代

このiOS8で追加された「ファミリー共有」という新しい機能が、便利で面白そうなので紹介します。

もしも、あなたの家族全員が、iPhoneを持つことになったら、
何だか面白いことが起きそうな気がします・・・

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

小学校から始まるパソコン授業

2011年度より新しい学習指導要領による指導が始まっており、教育の情報化や情報の活用等を積極的に推進しています。