ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

子どもにとって身近になったインターネット

投稿日:2012年10月17日

調べ学習としてのインターネット

2012年9月 NTTレゾナント株式会社が調査した「小学校教員を対象とした校務に関するアンケート」によると、調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。

調べ学習の手段方法

小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言えるでしょう。

このような結果からも、家庭において宿題、自由研究、興味のある事に対してインターネットで調べたいという子どもからの要求が出てくるのも当然のことだと考えられます。

デジタルネイティブな子どもたち

現代の子どもたちは、生まれた時からパソコンやインターネットがある環境の中で育っています。
物心ついた時からありとあらゆる情報端末が周りに存在するため、難しいことを考えることなくそういうモノが存在し、何となくこうやって操作するものだという感覚が根付いています。
街へ出てみれば、様々な場所でタッチパネル式の機械を見かけますし、カードをピッとかざすだけで駅の改札を通りぬけられることも子どもたちは知っています。

子どもたちにスマートフォンやタブレットPCを与えてみると、ものの見事に操作してしまう姿に驚かされます。
つまりデジタル機器に対してネイティブな世代。

教えなくても日本語が話せるようになるのと同じようなものなのですね。

デジタル機械の向こう側

デジタルネイティブな子どもたちは、ここを押せば何か変化があるだろうと興味津々でデジタル機器を操作してしまいます。
しかし相手が機械だからと安心して良いものなのでしょうか。

インターネットに接続されたデジタル機器の向こう側には、プログラムや生身の人間が繋がっている事があります。

もし、繋がった相手がいたずらや犯罪目的のプログラムだったら・・・
それとも、まったく面識のない他人が繋がっていたらどうしますか?

インターネットの向こう側に何があるのか、教えてあげるのは親の大切な役目なのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-子どもとICT
-, ,

関連記事

【おすすめ】憧れのホームシアターを15,000円で実現する方法

低価格でしかもご近所に迷惑がかからない、「ワイヤレスサラウンドヘッドフォン」を使ったお手軽ホームシアターをご紹介します。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。
前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

NTTドコモ。小・中・高校生、保護者・教員、シニア、特別支援学校向け、スライドで見る「スマホ・ケータイ安全教室」資料公開

NTTドコモが実施している「スマホ・ケータイ安全教室」の教材を公開している。
安全教室は、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、地域コミュニティなどの団体に講師を派遣する形で行われており、専用申込用紙に必要事項を記入の上、FAXで申込が必要。