ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

子どもにとって身近になったインターネット

投稿日:2012年10月17日

調べ学習としてのインターネット

2012年9月 NTTレゾナント株式会社が調査した「小学校教員を対象とした校務に関するアンケート」によると、調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。

調べ学習の手段方法

小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言えるでしょう。

このような結果からも、家庭において宿題、自由研究、興味のある事に対してインターネットで調べたいという子どもからの要求が出てくるのも当然のことだと考えられます。

Sponsored Link

デジタルネイティブな子どもたち

現代の子どもたちは、生まれた時からパソコンやインターネットがある環境の中で育っています。
物心ついた時からありとあらゆる情報端末が周りに存在するため、難しいことを考えることなくそういうモノが存在し、何となくこうやって操作するものだという感覚が根付いています。
街へ出てみれば、様々な場所でタッチパネル式の機械を見かけますし、カードをピッとかざすだけで駅の改札を通りぬけられることも子どもたちは知っています。

子どもたちにスマートフォンやタブレットPCを与えてみると、ものの見事に操作してしまう姿に驚かされます。
つまりデジタル機器に対してネイティブな世代。

教えなくても日本語が話せるようになるのと同じようなものなのですね。

デジタル機械の向こう側

デジタルネイティブな子どもたちは、ここを押せば何か変化があるだろうと興味津々でデジタル機器を操作してしまいます。
しかし相手が機械だからと安心して良いものなのでしょうか。

インターネットに接続されたデジタル機器の向こう側には、プログラムや生身の人間が繋がっている事があります。

もし、繋がった相手がいたずらや犯罪目的のプログラムだったら・・・
それとも、まったく面識のない他人が繋がっていたらどうしますか?

インターネットの向こう側に何があるのか、教えてあげるのは親の大切な役目なのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子どもとICT
-, ,

関連記事

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

「Yahoo!あんしんねっと」無料で始めよう!はじめての簡単フィルタリング。

iPhoneやiPadやソフトバンクAndroid携帯向けのアプリとして提供されていた「Yahoo!あんしんねっと」が、すべてのAndroid機器でも利用できるようになったようです。

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

インターネット上に様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。