ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

子どもとICT

子どもにパソコン、何歳から使わせれば良いの?

投稿日:2012年10月3日

子どもが将来どのような職種に就いたとしてもパソコンを一切使わない、という事は考えられないほど、様々な仕事をする上で当たり前のようにパソコンが利用されています。

親としては早いうちにパソコンに慣れさせたい!
そう思うのは当然の流れかもしれません

では、いったい、何歳くらいからパソコンを使わせたら良いのでしょうか。

Sponsored Link

学校におけるローマ字教育とパソコン

子どもが小学校に入り、3年生くらいになるとローマ字を習い始めます。このローマ字に苦労する子が結構多いようですね。
そもそも何でローマ字なんて習わせる必要があるのだろう? という疑問をお持ちの方も多いでしょうが・・・そこは置いておいて・・・

このローマ字の習得に最も適したのがパソコンのキーボード入力なのです。
またその逆に、ローマ字を習得することによって、キーボード入力がスムーズに出来るようになります。

ちょっとした日記や作文を、ローマ字打ちで入力させる練習をさせてあげるだけで、割と苦労することなく、この難解なローマ字を習得できてしまいます。

いまの小学校では早い所では1年生、遅くとも3年生くらいからパソコンを使った授業が始まるようです。

始めはお絵かきなど、マウスでのクリックを中心にパソコンに慣れる事から始まり、ローマ字を習得した後にはキーボードを使った文字の打ち方、文章の作成や、調べものなどを通して、子どもたちはパソコンに興味を持ち始めます。

高学年から始まるクラブ活動でのパソコンクラブの人気はどの学校でも高いと聞きます。

家でもパソコンを使ってみたい

当然、お家にあるパソコンも使ってみたい!
そんな要求が出てくるのも無理もありません。

パソコンはいわば道具ですから、子供が何かを表現したいと思ったとき、それを実現することが出来る機能を思った道具だと思えば積極的に使わせるべきだと思います。

絵を描きたい、日記や作文などの文章を書きたい、写真を加工してスライドショーを作ってみたい。
とても素晴らしい体験になることは間違いありません。

では、何歳から使わせれば良いのでしょうか?
それは年齢に関係なく、子どもが興味を持った時に、使わせてあげれば良いのではないかと思います。

ただし、インターネットに接続されたパソコンを子どもに使わせる場合、考え方を変えないといけないと私は考えています。

インターネットへ接続されたパソコンの利用は慎重に

>
パソコンをインターネットへ接続するときは、ファイアウォールの設置、セキュリティソフトの適用や、フィルタリング等を施す必要があります。
また利用するにあたって、マナーやモラルについて理解しておかなければいけません。

では、インターネットで検索してみましょう。

試しに検索サイトを開いて「アダルト」や「自殺」などのキーワードで検索してみましょう。
検索結果に何か出てきますでしょうか?

もし、子どもに見せたくないようなサイトが出てきた場合、そのパソコンは子どもに使わせる準備がまだ出来ていないということになります。

インターネットコミュニティと、マナーやモラル

今日のインターネットの世界では情報を一方的に得るだけではなく、自分のパソコンからインターネットを介して、知らない誰かに簡単に繋がることが出来るのはご存知かと思います。

適当なハンドルネームひとつで、世界中の人とコミュニケーションをとることが出来る夢のような世界です。

一方その夢のようなインターネットの世界の中で、多くの犯罪が起こっています。
インターネット上で起こるべきことを理解していないまま、子どもに利用させるべきではないことは理解して頂けると思います。

何事も失敗を経験して覚えていくものだし良いのではないかと考える方もいるかも知れませんが、インターネットにおける失敗は一生の汚点になりうることがあるので注意が必要です。

たとえそれが無知である事が原因だとしても、実名を出して罪を犯してしまえばそれでおしまいです。
インターネットに出た情報は、問題が大きければ大きいほど、コピーにコピーを繰り返され、削除が困難になり、それこそ一生の汚点になりかねません。

そういったリスクを理解できるようになるまでは、インターネットを使わせるべきではないと私は考えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子どもとICT
-,


関連記事

小学生のケータイ・スマホ普及率26%。うちスマホ保有率は7.1%にとどまる。

Benesse教育情報サイトでは、子どもの携帯電話・スマートフォンの利用についてのアンケート結果を発表しました。
アンケート期間が、2013/8/28~9/3と新しく、まさに今の子どもたちの携帯・スマートフォン事情における、動向をうかがい知ることができます。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

インターネット上に様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …