ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット 子どもとICT

[iOS8] もしも、家族全員がiPhoneを持ったら、家庭にパラダイムシフトが起こる?

投稿日:2014年9月12日

ios008

アップル社より「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」や「Apple Watch」が発表され話題になってますね。

これに先駆けて、iPhoneの基本OSであるiOSもバージョンアップし、「iOS 8」として、9月17日よりダウンロード開始となるようです。

「iOS 8」を利用できるのは今回発売される「iPhone 6」シリーズだけに限らず、以下の端末にインストールすることで最近の機能を利用することが出来ます。

  • iPhone 4s以降
  • iPad 2以降
  • iPad mini第1世代以降
  • iPod touch 第5世代

このiOS8で追加された「ファミリー共有」という新しい機能が、便利で面白そうなので紹介します。

もしも、あなたの家族全員が、iPhoneを持つことになったら、
何だか面白いことが起きそうな気がします・・・

Sponsored Link

「ファミリー共有」で最大6人までの家族間でデータを共有

大人1人がファミリーオーガナイザーになって、最大5人まで家族をグループに招待します。

ファミリーオーガナイザーは、すべてのコンテンツ(iTunes Store、iBooks、App Store)の購入を承認し、支払いを担当します。

しかもその、iTunes Store、iBooks、App Storeから購入したコンテンツは、家族の間で共有することが出来ます。

ios002

家族で共有するiPhone写真アルバム

家族全員が、共有の家族アルバムに写真やビデオを投稿できるようになります。

そして、家族全員のデバイス上で、すべてが最新の状態に保たれます。

ios001

家族みんなが買ったものを、家族みんなのデバイスで。

お父さんが買った「映画」、お母さんが選んだ「音楽」、子供が大好きな「ゲーム」。
これらすべてを、家族で共有することが出来ます。

アイテムは個別に非表示にすることも出来ます。

ios003

コンテンツ購入をコントロール

家族がなにか新しいコンテンツを購入した場合、支払いはすべてファミリーオーガナイザーが行います。

子どもたちが、何でもかんでも勝手に購入してしまって困ってしまいます。

そんな時、子供たちのアカウントには、承認を求める設定を有効にしておきましょう。

そうすると、子どもたちが購入しようとした時、オーガナイザーにアラートが届きます。

オーガナイザーはダウンロードするコンテンツを確認してから、自分のデバイス上で購入を承認または拒否することができます。

有料と無料のどちらのダウンロードにも適用されます。

ios004

家族のみんなの予定がいつも手元に

家族みんなで使えるカレンダーが利用でき、予定を追加したり、変更が加えられると通知されます。

iPhone標準機能の「リマインダー」によって、ある場所に着いた特、時間になったとき、通知させることも出来ます。

ios005

家族の居場所を探すことが出来ます

あなたの現在地を自動的に家族みんなに知らせることができます。

ほかの家族の居場所を知ることも出来ます。

「友達を探す」アプリケーションや、メッセージアプリケーションを使ってお互いの状況を把握しましょう。

プライバシーが必要な場合は、iCloudの「設定」で「位置情報を共有」をオフにすることで、現在地の共有を一時的に無効にすることができます。

ios006

デバイスがどこかにいってしまっても大丈夫

デバイスが行方不明になった時、ほかの家族のデバイスから「iPhoneを探す」アプリケーションで探すことが出来ます。

ios007

iPhone 5Cという選択肢

子どもにiPhoneなんて贅沢だという意見もあるかもしれませんが、セキュリティ面やペアレンタルコントロールがしっかり出来ること、加えて「ファミリー共有」でここまで管理できることを考えると、悪い選択肢ではないのではないかと思います。

「iPhone 6」発売にあわせ、実質0円になった「iPhone 5C」を購入するという選択肢もありますね。
ボディーに樹脂を採用した、カラフルなラインナップの「iPhone 5C」は子どもに持たすのに違和感の無いよう思います。

ios009
iPhone 5c 16GB au [ピンク]

ソフトバンク端末 iPhone 5s、5cの一括価格が値下げ
au端末 iPhone 5sの一括価格が値下げ
ドコモ端末 iPhone 5s、5cの機種変更実質価格が値下げ

【Apple: iphone 6】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

子どもの目をブルーライトから守る!キッズ用ブルーライト対策メガネ、エレコムから発売

エレコム株式会社は、LED液晶ディスプレイから発生する「ブルーライト」をカットするブルーライト対策メガネについて、携帯ゲーム機やスマートフォン、パソコンなどの操作によるブルーライトの影響からお子様の目を保護する“キッズ用ブルーライト対策メガネ”を11月下旬より新発売いたします。

子どもの情報をいつも手元に!妊娠、出産、子育てまでサポートする母子手帳アプリ「Baby Smile(ベイビースマイル)」。

子育てママ&パパが企画開発した育児アプリ、「Baby Smile」が7月23日にサービスを開始した。
アプリの価格は無料で、iOS 6.0以降、Android 2.3以上に対応している。
この、アプリを提供するのは「Kidzapplanet/キッザプラネット(R)」という知育アプリ専門ブランドで、親子で対話を行いながら楽しむことができる、感性や思考能力を育てる知育アプリを提供している。
全世界で50万ダウンロードされている「がんばれ!ルルロロのワンダリズム」などがある。

子ども用スマホに便利!LINE、Twitterなど簡単フィルタリング設定!【i-フィルター for Android】

スマートデバイス向けのフィルタリング定番アプリの「i-フィルター」にて、機能追加とプランの拡充を行われたようです。

アプリインストール後の初期設定にて、「LINE」、「Twitter」、「Youtube」、「Faccebook」、「Google+」など、主要SNSの利用許可と不許可を簡単に設定できる機能が加わりました。

また、新たに複数年分のライセンスが購入できるプランも追加されたようです。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。