ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット

LINEもできる!SIMロックフリーのキッズスマートフォン「PolaSma」。4月25日から全国のトイザらスで発売。

投稿日:2014年4月25日

polasma

ポラロイド(Polaroid)ブランドから発売される、子ども向けスマートフォン「PolaSma」が、いよいよ本日4月25日(金)からトイザらス・ベビーザらス オンラインストアで発売になりました。

子供向けスマートフォンとしては高機能なこの機種、保護者が利用制限を解除したあとも普通のスマートフォンとして使い続けることを想定しているとのこと。

ニュースでも取り上げられ話題になりましたが、他のキッズ向けスマートフォンと何が違うのでしょうか。

ポラロイドブランドの子ども向けSIMフリースマホ「PolaSma」……25日よりトイザらスで先行販売
<RBB TODAY>

Sponsored Link

SIMロックフリーのスマホで、毎月の費用が抑えられる?

SIMロックフリーとは?

SIMロックフリーとは、ケータイやスマートフォンの利用に際し、携帯電話事業者(キャリア)が発行するSIMカード以外のSIMカードを利用出来ることを言います。

携帯電話やスマートフォンはSIMカードを差し込むことで使用可能となります。
国内携帯電話機ではキャリアごとに決まったSIMカードだけが利用できる機能が組み込まれていました(SIMロック)。

SIMロックフリーの携帯電話やスマートフォンでは、SIMカードを自由にさし替えることで、例えば、海外に行った際、訪問先の国の携帯電話キャリアのSIMカードを購入し、訪問先国内の電話料金で携帯電話やスマートフォンを利用することが可能となります。

「PolaSma」のようなSIMロックフリーのスマートフォンを購入した場合は、携帯電話事業者(キャリア)へ持込んで回線契約を行いSIMをもらうか、各所から発売されている「低価格SIMカード(MVNO)」を利用することができます。

「低価格SIMカード」との組み合わせでは、毎月かかる費用を抑えることが出来る点で、子ども用のスマートフォンの選択肢として良い選択なのかもしれません。

MVNO

子どもの「あんしん・あんぜん」機能は大丈夫?

キッズ向けのスマートフォンに要求されるものと言えば、「ペアレンタルコントロール」が出来るかという点が重要になってきます。

子どもが知らないうちに危険なサイトに接続していないか、長時間の使用をしていないか。といった点は親としては気になるものですね。

ペアレンタルコントロール

PolaSmaでのペアレンタルコントロールには「KIDO’Z」というアプリを利用する事になります。

「KIDO’Z」が設定されると、ホームボタンを押すとAndroidホーム画面の代わりに「KIDO’Z」のホーム画面が表示されるようになります。

「KIDO’Z」のホーム画面からは、通常のAndroidメニューを操作することが出来なくなり、許可したアプリ、機能以外は利用できなくなります。

KIDOZ2

設定画面では、アプリやゲームの制限、インターネットフィルタリング、利用時間制限など、親として管理したい機能が網羅されています。

KIDOZ

防犯と安全

防犯や安全機能については、許可された発信先にのみ電話をかける「キッズダイヤラ」、GPSによる位置情報確認の「モバみっけ」等のアプリを利用することにより、提供されるようです。

safety-polasma

LINEアプリを利用することができるが、注意が必要

キッズ向けのスマートフォン自体まだまだ種類は少ないですが、LINEアプリが利用できる機種となるとそう多くありません。

2014年2月に発売された、docomoの「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」は正式にLINEに対応して話題になりました。

LINEも使える!子ども向けスマホ発売。ドコモ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」

キッズスマホでLINEが利用できないのは、Androidアプリストアからのアプリのダウンロード、インストールを禁止している事によるものです。

一方、「PolaSma」では、Android OS上にペアレンタルコントロールアプリ「KIDO’Z」で制限をかける方式の為、「KIDO’Z」で許可する事により、LINEアプリを利用する事が可能になるというわけです。

line

低価格SIM(MVNO)を使う場合は、LINEの利用に注意が必要!

LINEを利用するにあたり、新規登録する場合には、「電話番号認証」または「Facebook認証」が必要です。

低価格SIM(MVNO)は通常、データ通信専用のため電話番号がなく、LINEから送られてくる認証パスワードをSMSで受け取ることが出来ません。

(Facebookアカウントがあれば登録できますが・・・)

そのような事情に対応するためか、低価格SIM(MVNO)を提供する会社によっては、SMS機能付きSIM、または音声付きSIMのオプションを設定している場合があります。

SMS機能付きSIM、または音声付きSIMのオプション契約を行えば、電話番号が割り当てられSMSを受け取ることが出来るので、LINEの登録も可能になります。

家族でLINEを使いたい場合は、SIMの選択に注意する必要があるようです。。

PolaSma 動作確認済みSIMカード対応一覧

以下、2014年4月25日発売日時点の、対応SIM一覧です。
SIMのサイズは、標準SIMになります。

<音声通話SIM>
・ NTT docomo

・ Softbank

<データ通信SIM>
・ NTTコミュニケーションズ (OCN モバイル ONE)

・ IIJ (IIJmio)

・ 日本通信 (b-mobile)

DTI (ServersMan SIM)

・ BIGLOBE (BGLOBE LTE・3G)

So-net (So-net モバイル)

エキサイト (BB.exciteモバイル)

・ NTTぷらら

ASAHIネット

hi-ho

・ U-NEXT (U-mobile*d)

PolaSmaの購入は、トイザらス・ベビーザらス オンラインストア
トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット
-, , ,

関連記事

小中学生の女の子向けスマホ発売。メガハウス「Fairisia (フェアリシア)」 7月下旬発売予定

バンダイナムコの子会社で子供向け玩具メーカーのメガハウスから、女子小中学生向けのスマートフォン「Fairisia (フェアリシア)」を2014年7月下旬より発売されることを発表しました。

機器本体価格は22,990円(税別)、専用SIMカードの初期登録料が3,000円、月額利用料が通信量1GBまでで2,390円(初月無料)となっている。

全国のトイザらスをはじめ、玩具店・百貨店・量販店の玩具売場で販売される予定だ。

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

子どもの目をブルーライトから守る!キッズ用ブルーライト対策メガネ、エレコムから発売

エレコム株式会社は、LED液晶ディスプレイから発生する「ブルーライト」をカットするブルーライト対策メガネについて、携帯ゲーム機やスマートフォン、パソコンなどの操作によるブルーライトの影響からお子様の目を保護する“キッズ用ブルーライト対策メガネ”を11月下旬より新発売いたします。

運動会で履く靴にサッカーのトレーニングシューズをお勧めする理由

春の運動会シーズンという事で、ブログのテーマとあまり関係性はないのですが、運動会で履く子どものシューズについて書きたいと思います。

ひと昔に前に比べ、運動会を春に行う学校が増えました。
残暑厳しい9月の開催は、子どもも親も体調を崩す人が多くなりがちで、春の開催へ移行する学校が増えているそうです。

そんな運動会の花形競技である徒競走で、パフォーマンスを発揮する為に、サッカーのトレーニングシューズをお勧めする理由を、ご説明したいと思います。

子どもの情報をいつも手元に!妊娠、出産、子育てまでサポートする母子手帳アプリ「Baby Smile(ベイビースマイル)」。

子育てママ&パパが企画開発した育児アプリ、「Baby Smile」が7月23日にサービスを開始した。
アプリの価格は無料で、iOS 6.0以降、Android 2.3以上に対応している。
この、アプリを提供するのは「Kidzapplanet/キッザプラネット(R)」という知育アプリ専門ブランドで、親子で対話を行いながら楽しむことができる、感性や思考能力を育てる知育アプリを提供している。
全世界で50万ダウンロードされている「がんばれ!ルルロロのワンダリズム」などがある。