ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット

LINEもできる!SIMロックフリーのキッズスマートフォン「PolaSma」。4月25日から全国のトイザらスで発売。

投稿日:2014年4月25日

polasma

ポラロイド(Polaroid)ブランドから発売される、子ども向けスマートフォン「PolaSma」が、いよいよ本日4月25日(金)からトイザらス・ベビーザらス オンラインストアで発売になりました。

子供向けスマートフォンとしては高機能なこの機種、保護者が利用制限を解除したあとも普通のスマートフォンとして使い続けることを想定しているとのこと。

ニュースでも取り上げられ話題になりましたが、他のキッズ向けスマートフォンと何が違うのでしょうか。

ポラロイドブランドの子ども向けSIMフリースマホ「PolaSma」……25日よりトイザらスで先行販売
<RBB TODAY>

Sponsored Link

SIMロックフリーのスマホで、毎月の費用が抑えられる?

SIMロックフリーとは?

SIMロックフリーとは、ケータイやスマートフォンの利用に際し、携帯電話事業者(キャリア)が発行するSIMカード以外のSIMカードを利用出来ることを言います。

携帯電話やスマートフォンはSIMカードを差し込むことで使用可能となります。
国内携帯電話機ではキャリアごとに決まったSIMカードだけが利用できる機能が組み込まれていました(SIMロック)。

SIMロックフリーの携帯電話やスマートフォンでは、SIMカードを自由にさし替えることで、例えば、海外に行った際、訪問先の国の携帯電話キャリアのSIMカードを購入し、訪問先国内の電話料金で携帯電話やスマートフォンを利用することが可能となります。

「PolaSma」のようなSIMロックフリーのスマートフォンを購入した場合は、携帯電話事業者(キャリア)へ持込んで回線契約を行いSIMをもらうか、各所から発売されている「低価格SIMカード(MVNO)」を利用することができます。

「低価格SIMカード」との組み合わせでは、毎月かかる費用を抑えることが出来る点で、子ども用のスマートフォンの選択肢として良い選択なのかもしれません。

MVNO

子どもの「あんしん・あんぜん」機能は大丈夫?

キッズ向けのスマートフォンに要求されるものと言えば、「ペアレンタルコントロール」が出来るかという点が重要になってきます。

子どもが知らないうちに危険なサイトに接続していないか、長時間の使用をしていないか。といった点は親としては気になるものですね。

ペアレンタルコントロール

PolaSmaでのペアレンタルコントロールには「KIDO’Z」というアプリを利用する事になります。

「KIDO’Z」が設定されると、ホームボタンを押すとAndroidホーム画面の代わりに「KIDO’Z」のホーム画面が表示されるようになります。

「KIDO’Z」のホーム画面からは、通常のAndroidメニューを操作することが出来なくなり、許可したアプリ、機能以外は利用できなくなります。

KIDOZ2

設定画面では、アプリやゲームの制限、インターネットフィルタリング、利用時間制限など、親として管理したい機能が網羅されています。

KIDOZ

防犯と安全

防犯や安全機能については、許可された発信先にのみ電話をかける「キッズダイヤラ」、GPSによる位置情報確認の「モバみっけ」等のアプリを利用することにより、提供されるようです。

safety-polasma

LINEアプリを利用することができるが、注意が必要

キッズ向けのスマートフォン自体まだまだ種類は少ないですが、LINEアプリが利用できる機種となるとそう多くありません。

2014年2月に発売された、docomoの「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」は正式にLINEに対応して話題になりました。

LINEも使える!子ども向けスマホ発売。ドコモ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」

キッズスマホでLINEが利用できないのは、Androidアプリストアからのアプリのダウンロード、インストールを禁止している事によるものです。

一方、「PolaSma」では、Android OS上にペアレンタルコントロールアプリ「KIDO’Z」で制限をかける方式の為、「KIDO’Z」で許可する事により、LINEアプリを利用する事が可能になるというわけです。

line

低価格SIM(MVNO)を使う場合は、LINEの利用に注意が必要!

LINEを利用するにあたり、新規登録する場合には、「電話番号認証」または「Facebook認証」が必要です。

低価格SIM(MVNO)は通常、データ通信専用のため電話番号がなく、LINEから送られてくる認証パスワードをSMSで受け取ることが出来ません。

(Facebookアカウントがあれば登録できますが・・・)

そのような事情に対応するためか、低価格SIM(MVNO)を提供する会社によっては、SMS機能付きSIM、または音声付きSIMのオプションを設定している場合があります。

SMS機能付きSIM、または音声付きSIMのオプション契約を行えば、電話番号が割り当てられSMSを受け取ることが出来るので、LINEの登録も可能になります。

家族でLINEを使いたい場合は、SIMの選択に注意する必要があるようです。。

PolaSma 動作確認済みSIMカード対応一覧

以下、2014年4月25日発売日時点の、対応SIM一覧です。
SIMのサイズは、標準SIMになります。

<音声通話SIM>
・ NTT docomo

・ Softbank

<データ通信SIM>
・ NTTコミュニケーションズ (OCN モバイル ONE)

・ IIJ (IIJmio)

・ 日本通信 (b-mobile)

DTI (ServersMan SIM)

・ BIGLOBE (BGLOBE LTE・3G)

So-net (So-net モバイル)

エキサイト (BB.exciteモバイル)

・ NTTぷらら

ASAHIネット

hi-ho

・ U-NEXT (U-mobile*d)

PolaSmaの購入は、トイザらス・ベビーザらス オンラインストア
トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット
-, , ,

関連記事

LINEも使える!auジュニア向けスマホ「miraie KYL23(京セラ)」にファミリー向けの新機能追加

auは、ジュニア向けスマホとして人気の「miraie KYL23」で、2つの機能を追加するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

この更新により、「マイルール」や、「遠隔アラーム」の機能が新しく追加される。

勉強するとWAONポイントがもらえる!【イオン】 学研ビクトリーを搭載した「学研がんばるタブレット」 3月27日 全国のイオンで発売

イオンモバイルから、学研とコラボレーションした「学研がんばるタブレット」が販売された。
発売予定日は3月27日(金)、Androidタブレットと学研の学習コンテンツ、上限4GBの「IIJmio ウェルカムパック for イオン」がセットになって、全国の430店舗のイオンで販売される。

NTTドコモ フィルタリング対応ブラウザ搭載のジュニア向けスマートフォン発表

株式会社NTTドコモは10月10日、2013~2014冬春モデルのスマートフォンやタブレット端末など計16機種を発表した。10月11日から順次発売する。

なかでも、2013年春に登場した小学校高学年~中学生向けスマートフォンの後継モデル、シャープ製「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を詳しく取り上げてみます。
同機種は、2014年2月に発売され予定です。

現行モデルとの大きな違いは、フィルタリング対応ブラウザを搭載し、Wi-Fiが利用できるようになりました。

子ども用スマホに便利!LINE、Twitterなど簡単フィルタリング設定!【i-フィルター for Android】

スマートデバイス向けのフィルタリング定番アプリの「i-フィルター」にて、機能追加とプランの拡充を行われたようです。

アプリインストール後の初期設定にて、「LINE」、「Twitter」、「Youtube」、「Faccebook」、「Google+」など、主要SNSの利用許可と不許可を簡単に設定できる機能が加わりました。

また、新たに複数年分のライセンスが購入できるプランも追加されたようです。

勉強アプリなら「Studyplus」!勉強仲間が見つかる会員数50万人突破の人気の理由とは?

スタディプラスが運営する、勉強SNS「Studyplus(スタディプラス)」の会員数が50万人を突破した。

Studyplusは、勉強の記録を取ったり共有したりすることで、人とつながれるソーシャルラーニングサービスで、大学受験を控えた高校生を中心に会員数を伸ばし、資格取得を目指す社会人にも人気のサービス。

勉強のログを公開することで、同じ目的を持つ仲間と励ましあいながら、計画した勉強が長続きしやすいことが評判のようだ。

また、FacebookやTwitterとの連携により、Studyplus以外のSNSにも記録を投稿することで、口コミの相乗効果により会員数を劇的に伸ばしている。