ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

投稿日:

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。

この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえます。

「SENSEI NOTE」に登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

先生一人ひとりが生き生き働けるために/SENSEI NOTE

3月24日、小中高校の先生だけが利用できるSNS、「SENSEI NOTE(センセイノート)」がスタートした。

(略)

およそ100万人いると言われる先生たちになぜ「SENSEI NOTE」が必要なのか、「SENSEI NOTE」では何ができるのか。「SENSEI NOTE」の創案者で運営会社LOUPE の浅谷治希CEO & Co-Founderに話を訊いた。

<引用:ICT教育ニュース>

Sponsored Link

若い教員が、誰かに相談する環境が減少している

公立小学校の教員に関する統計によると、2011年度末現在の平均年齢は44.3歳。

54歳をピークに50歳以上が4割を占める一方、40代は3割を切り、30代は2割ほどしかいないのが現状だ。

kyouin01

kyouin02

学校の現場では、新規採用教員に近い立場の中堅層が薄い上に、多様化している業務に追われ、他の教員に構っている余裕は昔ほどなくなっていると言われている。

そんな状況の中、若手教員が悩みを抱えたまま、誰にも相談できず孤立している姿も珍しくないのだという。

medium_5484879
photo credit: Old Shoe Woman via photopin cc

(出典:文部科学省 学校教員統計調査

教育のノウハウは、ベテラン教員の頭の中にある

戦後の高度経済成長期から、バブル経済を経て不況を経験し現代へと、時代の変化と共に子どもを見続けてきたのは、学校教員の皆さんに他ならない。

教育の現場においては、「学習指導要綱」の変遷を見てもわかる通り紆余曲折を経て、現在に至っていることがわかる。

kyouin03

こうした時代の変遷とともに、教育の現場で培われたノウハウのごく一部は、教育に関する発表資料などによって共有されている事例もあるが、多くはベテラン教員の頭の中に眠ったままなのではないだろうか。

こうした、ノウハウ・ナレッジは、若手の教員にとっては喉から手が出るほど欲しい情報であることは間違いないだろう。

ひと昔前までは、飲み会などによってベテラン先生のノウハウはお披露目され、若手教員は武勇伝という名のノウハウを自分なりに解釈したうえで、授業スタイルを確立していったに違いない。

しかし現代では、多くの企業と同様に、そのような飲み会の機会も無くなりつつあると聞く。

ベテラン教員は、武勇伝をお披露目する機会を失い、若手教員はナレッジを享受する機会を失っているのだ。

SENSEI NOTEへの期待

「SENSEI NOTE」は、そんな現代のコミュニケーションに関する問題点を補完するツールとしての期待から、注目を浴びているのではないでしょうか。

ナレッジマネジメントの父、野中郁次郎氏の著書によると、

知識を創造するプロセスでは、頭の中に眠ったままのノウハウやナレッジ(暗黙知と呼ぶ)は、表出させ形式知化する必要がある。

表出された形式知を組み合わせ、新たな知識を創造しまた共有する事が、より高次の知識を生み出す事に繋がるとしている。
(引用:wikipedia SECIモデル

また、新しい学習指導要綱では、生徒に1人1台のタブレットPCが配布される事になるといわれていることもあり、学校教員の皆さんの負担が増えるのではないという不安の声も聞かれます。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

この「SENSEI NOTE」、学校関係者以外はサイト内の情報をうかがい知ることが出来ないのは残念ですが、興味のある学校教員のかたは登録されてみてはいかがでしょうか。

登録者増加によって情報が増えてくると、知識創造サイクルが回りだし、より有用なツールとして成長していくことになることは間違いないでしょう。

SENSEI NOTE – 全国の先生がつながる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-, , ,

関連記事

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。

「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

佐賀県武雄市では次年度、全児童がタブレット端末を活用(家庭へ持ち帰り)した「反転授業」実施を予定しており、それに向けた公開授業研究会を開催する。

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2016年度「朝の読書」で中学生に読まれた本ベスト20を紹介します。