ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

尾木ママ、小学校の「反転授業」にNo!

投稿日:

尾木ママこと尾木直樹さんが、自身のブログ「オギ☆ブロ」の記事において反転授業について独自の見解を示し、話題を呼んでいるようです。

ブログの記事では、『小学校の「反転授業」は間違いです!』と題し、テレビのニュース番組で取り上げられた、この5月から九州のある市で開始される「反転授業」について意見を述べています。
medium_8747269061
photo credit: Stanford EdTech via photopin cc

「反転授業」にNo!

記事の全文はブログをご覧頂くとして、尾木氏が言いたいことは、次の2点のようなことだと思います。

反転授業は小学生には早すぎる!

「反転授業」は高校・大学レベルの方法論です。基礎を学ぶ義務教育課程の小学校では本質学ぶことが大切

テレビで「反転授業」を扱う場合、もっと丁寧に!

早速テレビのニュース番組で極めて肯定的に取り上げている

でも

取り上げ方が軽すぎです!

丁寧に取り上げないテレビの無責任

厳しく批判したいですね

コメント欄の反応は?

この記事に対し、3/17の時点で38件のコメントが寄せられていました。

・尾木氏の投稿に同調する意見(反転授業に否定的な意見)・・・25件

・「反転授業」に肯定的な意見・・・3件

・その他・・・10件

<独自調べ>

と反転授業に否定的な意見が多かったですね。

しかし、反転授業について知らないけど尾木氏が言うのなら反対する、という意見も多いことに驚くとともに、著名人の影響の大きさに驚かされます。

Twitterでの反応は

https://twitter.com/kirik/status/444131528982147073


https://twitter.com/JACDP2011/status/443899664677367808

ブログ内リンク:「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育
-,

関連記事

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度、「朝の読書」で小学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

NTTドコモ。小・中・高校生、保護者・教員、シニア、特別支援学校向け、スライドで見る「スマホ・ケータイ安全教室」資料公開

NTTドコモが実施している「スマホ・ケータイ安全教室」の教材を公開している。
安全教室は、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、地域コミュニティなどの団体に講師を派遣する形で行われており、専用申込用紙に必要事項を記入の上、FAXで申込が必要。

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。