ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

尾木ママ、小学校の「反転授業」にNo!

投稿日:

尾木ママこと尾木直樹さんが、自身のブログ「オギ☆ブロ」の記事において反転授業について独自の見解を示し、話題を呼んでいるようです。

ブログの記事では、『小学校の「反転授業」は間違いです!』と題し、テレビのニュース番組で取り上げられた、この5月から九州のある市で開始される「反転授業」について意見を述べています。
medium_8747269061
photo credit: Stanford EdTech via photopin cc

Sponsored Link

「反転授業」にNo!

記事の全文はブログをご覧頂くとして、尾木氏が言いたいことは、次の2点のようなことだと思います。

反転授業は小学生には早すぎる!

「反転授業」は高校・大学レベルの方法論です。基礎を学ぶ義務教育課程の小学校では本質学ぶことが大切

テレビで「反転授業」を扱う場合、もっと丁寧に!

早速テレビのニュース番組で極めて肯定的に取り上げている

でも

取り上げ方が軽すぎです!

丁寧に取り上げないテレビの無責任

厳しく批判したいですね

コメント欄の反応は?

この記事に対し、3/17の時点で38件のコメントが寄せられていました。

・尾木氏の投稿に同調する意見(反転授業に否定的な意見)・・・25件

・「反転授業」に肯定的な意見・・・3件

・その他・・・10件

<独自調べ>

と反転授業に否定的な意見が多かったですね。

しかし、反転授業について知らないけど尾木氏が言うのなら反対する、という意見も多いことに驚くとともに、著名人の影響の大きさに驚かされます。

Twitterでの反応は

https://twitter.com/kirik/status/444131528982147073


https://twitter.com/JACDP2011/status/443899664677367808

ブログ内リンク:「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度、「朝の読書」で小学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度「朝の読書」で、高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

小学校から始まるパソコン授業

2011年度より新しい学習指導要領による指導が始まっており、教育の情報化や情報の活用等を積極的に推進しています。

「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

佐賀県武雄市では次年度、全児童がタブレット端末を活用(家庭へ持ち帰り)した「反転授業」実施を予定しており、それに向けた公開授業研究会を開催する。