ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

尾木ママ、小学校の「反転授業」にNo!

投稿日:

尾木ママこと尾木直樹さんが、自身のブログ「オギ☆ブロ」の記事において反転授業について独自の見解を示し、話題を呼んでいるようです。

ブログの記事では、『小学校の「反転授業」は間違いです!』と題し、テレビのニュース番組で取り上げられた、この5月から九州のある市で開始される「反転授業」について意見を述べています。
medium_8747269061
photo credit: Stanford EdTech via photopin cc

Sponsored Link

「反転授業」にNo!

記事の全文はブログをご覧頂くとして、尾木氏が言いたいことは、次の2点のようなことだと思います。

反転授業は小学生には早すぎる!

「反転授業」は高校・大学レベルの方法論です。基礎を学ぶ義務教育課程の小学校では本質学ぶことが大切

テレビで「反転授業」を扱う場合、もっと丁寧に!

早速テレビのニュース番組で極めて肯定的に取り上げている

でも

取り上げ方が軽すぎです!

丁寧に取り上げないテレビの無責任

厳しく批判したいですね

コメント欄の反応は?

この記事に対し、3/17の時点で38件のコメントが寄せられていました。

・尾木氏の投稿に同調する意見(反転授業に否定的な意見)・・・25件

・「反転授業」に肯定的な意見・・・3件

・その他・・・10件

<独自調べ>

と反転授業に否定的な意見が多かったですね。

しかし、反転授業について知らないけど尾木氏が言うのなら反対する、という意見も多いことに驚くとともに、著名人の影響の大きさに驚かされます。

Twitterでの反応は

https://twitter.com/kirik/status/444131528982147073


https://twitter.com/JACDP2011/status/443899664677367808

ブログ内リンク:「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。

4、5年生全員にタブレット「Surface」を保護者負担で導入。京都市立命館小学校。

立命館小学校(京都市北区)と日本マイクロソフトは2013年11月5日、立命館小がマイクロソフトのタブレット「Surface」(旧称「Surface RT」)を導入し、授業での活用を開始すると発表した。同小学校の4~5年生全員(合計約240人)に、保護者が購入する形でSurfaceを導入。2013年11月から、Microsoft Officeの操作スキルの習得などに活用する。