ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

参加費無料!NTTデータの小学生向け春休みこどもIT体験 参加者募集!

投稿日:2014年2月20日

nttdata

NTTデータは、小学生を対象とした「あそびながらITを学ぼう」をテーマとした、「春休みこどもIT体験」を開催する。

概要は以下の通り、パソコンを使ったお絵かき、アルゴリズムのしくみ、ITの基礎知識や楽しく安全に使うためのマナーについてなど、親子で体験しながら学べるツアーとなっているようだ。

NTTデータ「春休みこどもIT体験」

Sponsored Link

主催: 株式会社NTTデータ
開催場所: NTTデータ「INFORIUM(インフォリウム)」
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント2F 豊洲イノベーションセンタ
応募締切: 2014年3月7日(金)当選者発表応募者多数の場合抽選
当選者へは、メールにて連絡

1.使ってみよう:お絵かき教室「水彩」

pic_image01
パソコンを使って、塗り絵にチャレンジ。本物の水彩画のような感覚で、パソコン画面上で色を塗れます。完成した作品を、タンブラーにしてプレゼントするよ。

2.考えてみよう:アルゴリズムゲーム「犯人をさがせ!」

pic_image02
ITシステムの基礎となる考え方である「アルゴリズム」を使って、数あるカードの中から犯人を見つけ出そう!クイズにもチャレンジして、みんなの頭脳をきたえよう。

3.ルールを知ろう:安心してITを使うための基礎知識

pic_image03
身近な生活の中にも、ITシステムがたくさん使われています。ふだんの生活をもっと便利に、より豊かにするためのITの基礎知識や楽しく安全に使うためのマナーについて、スライドを見ながらわかりやすく説明します。

申し込みはこちらから

pic_aside_summer2014_n

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

夏休みの自由研究に!親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを、富士通川崎工場で開催。

近畿日本ツーリストグループ「株式会社ティー・ゲート」の運営する「旅の発見」サイトにおいて、「富士通×旅の発見」夏休み特別企画!!と題し、夏休みに親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを開催する。

富士通の経験豊富なパソコン組み立てのプロの技術者(3~4名)のサポートのもと、最新モデルのノートパソコンを組み立てる体験が出来るという。

体験終了後には、富士通から「修了証」を授与され、組み立てたパソコンは富士通による点検を行い、およそ1週間後に自宅に届けられる。

高校教員対象のペンタブレット講習会を3都市で開催-ワコム-

2013年度の新学習指導要領の施行が始まり、高等生の「情報」の授業において、「情報デザイン」、「メディアデザイン」、「CG(コンピュータグラフィックス)」、「マルチメディア」等、デザインの授業が実施されるようになった。

デジタルデザインを教える教員向けに、ペンタブレットを活用した画像編集の講習会を東京、大阪、福岡の3都市で開催される。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。