ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

参加費無料!NTTデータの小学生向け春休みこどもIT体験 参加者募集!

投稿日:2014年2月20日

nttdata

NTTデータは、小学生を対象とした「あそびながらITを学ぼう」をテーマとした、「春休みこどもIT体験」を開催する。

概要は以下の通り、パソコンを使ったお絵かき、アルゴリズムのしくみ、ITの基礎知識や楽しく安全に使うためのマナーについてなど、親子で体験しながら学べるツアーとなっているようだ。

NTTデータ「春休みこどもIT体験」

Sponsored Link

主催: 株式会社NTTデータ
開催場所: NTTデータ「INFORIUM(インフォリウム)」
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント2F 豊洲イノベーションセンタ
応募締切: 2014年3月7日(金)当選者発表応募者多数の場合抽選
当選者へは、メールにて連絡

1.使ってみよう:お絵かき教室「水彩」

pic_image01
パソコンを使って、塗り絵にチャレンジ。本物の水彩画のような感覚で、パソコン画面上で色を塗れます。完成した作品を、タンブラーにしてプレゼントするよ。

2.考えてみよう:アルゴリズムゲーム「犯人をさがせ!」

pic_image02
ITシステムの基礎となる考え方である「アルゴリズム」を使って、数あるカードの中から犯人を見つけ出そう!クイズにもチャレンジして、みんなの頭脳をきたえよう。

3.ルールを知ろう:安心してITを使うための基礎知識

pic_image03
身近な生活の中にも、ITシステムがたくさん使われています。ふだんの生活をもっと便利に、より豊かにするためのITの基礎知識や楽しく安全に使うためのマナーについて、スライドを見ながらわかりやすく説明します。

申し込みはこちらから

pic_aside_summer2014_n

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-,

関連記事

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度「朝の読書」で、高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度、「朝の読書」で小学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

4、5年生全員にタブレット「Surface」を保護者負担で導入。京都市立命館小学校。

立命館小学校(京都市北区)と日本マイクロソフトは2013年11月5日、立命館小がマイクロソフトのタブレット「Surface」(旧称「Surface RT」)を導入し、授業での活用を開始すると発表した。同小学校の4~5年生全員(合計約240人)に、保護者が購入する形でSurfaceを導入。2013年11月から、Microsoft Officeの操作スキルの習得などに活用する。