ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

『レター』子どもの写真カレンダーを毎月送る親孝行の形-クックパッド子会社が提供-

投稿日:2014年2月18日

子どもの成長を両親に見せられていますか?

こんな言葉を投げかけられて、ドキッとしたのは私だけではないはず。

離れて暮らす祖父母と孫が実際に会う頻度はどれくらいなんだろう。

ROLLCAKE株式会社によるアンケート調査によると、「半年に1回程度〜それ以下」という回答が全体の75%を占める結果となったようです。

孫の成長を祖父母へ毎月伝えることのできるiPhone、iPadアプリ『レター』。

子育て世代にとって、痒い所に手が届く、なかなか良く考えられたアプリなので紹介します。

lttr

Sponsored Link

毎月1枚写真を選ぶ

letter01

両親に届く、喜ばれる

letter02

カレンダーなので飾ることが出来る

letter03

色を自由に選択

letter04

メッセージを添えて

letter05

子どもの成長を継続的に送る

撮り溜めた写真から、フォトブックを作成してくれるサービスは他にもありますが、やはり定期的に作るとなると、なかなか続かないという利用者が多いのだそうだ。

『レター』は毎月作成時期が近づくと通知してくれるので、「今月の1枚」を選ぶだけで子ども写真付きカレンダーをメッセージ付きで届けてくれる。

これなら続けられるというユーザーも多いのではないだろうか。
価格は、送料込みで1通250円(税別)。

初回の1通は送料80円のみでお試し利用ができるようだ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,


関連記事

高校生の84%がスマホを保有、「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国の高校1年生約3,500人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

NEC、300万人のユーザーを抱える「BIGLOBE」を売却へ

NECは、傘下でISPを運営するNECビッグローブを売却する手続きに入ったと、事情に詳しい関係者が明らかにした。売却額は数百億円を見込んでいるという。

 売却先を選ぶ第1次入札は11月中にも実施すると、関係者は述べた。

 ビッグローブは300万人にユーザーを抱える日本国内最大のISPの1つ。2012年度の売上高は841億円。

 11年度に1100億円の最終赤字を計上し、財務的に苦しい同社は、挽回するためシステム構築事業への集中と不採算事業からの撤退を進めている。

 同社はPC事業を中国Lenovoが過半出資する形で統合しており、7月にはスマートフォン事業から撤退。ISP事業との相乗効果は乏しくなっている。

LINEも使える!auジュニア向けスマホを1月下旬から発売開始。「miraie KYL23(京セラ)」

au(KDDI)は、キャリア初のジュニア向けスマホ「miraie(KYL23)」を1月下旬より発売開始すると発表しました。

「Mobage(モバゲー)」で316件の不正ログイン。アカウントリスト攻撃の被害を受ける。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」におきまして、第三者が不正にログインする事象が判明したことをお知らせいたします。お客さまに対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。