ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

ママのスマートフォン利用率は84%に。LINEの利用率70%超も、ママ友とのトラブル増加も。

投稿日:2014年2月18日

日本最大級のママ向けコミュニティサイト「ママ☆スタジアム」で実施されたアンケート調査によると、ママ達が最も使っているWEBサービスランキング1位は「LINE」だった。
また、2位は「クックパッド」、3位「楽天」という結果になったようだ。

chart1
<出典:ママスタジアム

2012年には23%だったママのスマートフォン利用率は、2014年には84%へ飛躍的に普及しているようです。

chart3
<出典:ママスタジアム

『LINE』を使うために、スマートフォンに買い替えたという話しもよく耳にします。

スマートフォンや『LINE』の利用によって、いまママたちのコミュニティに、何が起こっているのでしょうか。

Sponsored Link

「知り合いかも?」に知らない人が

LINEを利用していて、自分のアドレス帳に登録されている人がLINEを利用している場合「友だち」として表示されますが、「知り合いかも?」の一覧に過去に交友のあった男性の名前があってビックリしたというケースもあるようです。

仕組みとしては、LINEを利用している相手が、あなたを[友だち]に追加した場合に、その相手が[知り合いかも?]に表示されるようになっています。

不安であれば[知り合いかも?]に表示されている相手を削除することも出来るので、詳しくはLINEのヘルプをご覧下さい。
LINEヘルプ[知り合いかも?]に表示される人はどういう人ですか?

ママ友のグループトークが苦手

子どもの入学やクラス替え、習い事など毎日忙しい子どもたち。
一方、ママたちにとっても、同い年の子供を持つ親同士のつきあい、いわゆるママ友との人間関係を作っていくために大変な毎日を過ごしているようです。

数年前までは、連絡は携帯メールが主流。 しかし、ここ最近はLINEのグループトークに取って代わったというケースも増えているようです。

『LINE』の「グループトーク」は、『LINE』にグループを作成し、招待されたメンバーだけがやりとりでき、写真や動画、音声も送ることができるので、使い方によっては非常に便利なコミュニケーションツールになります。

一方、この「グループトーク」を苦痛に感じるママも少なくないようです。

LINEのグループトークが苦手です

(中略)
最近、共通のママ友とグループトークを始めました。
今まで個々にはLINEをしていました。
共通の趣味がわかり、じゃあグループを作ろう!みたいな感じでグループになりました。

情報のやりとりなど、便利です。
でも、みんなめちゃくちゃ返信が早くてやり取りも数秒単位にスタンプや一言の返信がバンバン!
ノリツッコミのやり取りで、感心するくらい鮮やかにLINEをやりあっています。
スタンプの使い方も慣れていて、なんか定番みたいな流れがあるようで、私にはついていけません
(略)

<引用:BIGLOBEなんでも相談室

ママ友

娘(2歳半)のママ友同士のlineにうんざりしてます。 近所に6人、良く遊びに行く保育園に2人、そして私を含めて9人でlineのグループに誘われ数ヶ月…最初は情報提供の場として誘ってくれてよかったなぁと思っていたのですが、一週間後…完全にしょーもない雑談だけのグループになってしまいlineくるたび本当に憂鬱です。(略)

<引用:Ameba Tellme ゆる~いQ&A

トラブルに発展するケースも

「メールの3分ルール」に「ランチ会地獄」…息苦しさを増すママ友社会

(中略)
こうした呪縛に拍車をかけているのが、ママ友の連絡ツールとして定着している『LINE』である。

グループ間での無料通話や無料メールが手軽にできるスマホ用アプリ『LINE』のグループに入るかどうかが、今、ママ友グループでは一種の「踏み絵」的存在になっているという。

知らぬ間にグループのお知らせがすべて『LINE』を通じて届けられるようになり、仲間外れにされていたというケースも。
<引用:ニューポストセブン

週刊誌の記事なので話し半分とみても、実際に『LINE』の利用に少なからず強迫観念を抱いているママは少なくないのではないでしょうか。

複雑困難なママ友の人間関係

子どもの繋がりから始まることの多いママ友の人間関係。
相性の合う合わないは当然あるわけです。

普通に接する分には問題が無くても、『LINE』という必要以上に繋がってしまうツールを使ってしまったために、トラブルが起きる事もあるのだという事を肝に銘じておかなけれならないのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, ,

関連記事

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

PC、スマホだけではない!ソフトウェアのアップデートは、インターネットに繋がっている、全ての機器に。

家庭のネットIDなど悪用被害150件超
一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っていることが分かりました。
無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、インターネットプロバイダーが注意喚起を始めました。

サイトを見ただけなのにウィルス感染が急増…トヨタ・環境省も被害

官公庁や企業のウェブサイトを見ただけでウイルスに感染するケースが急増している。

 閲覧者を自動的に別のサイトに誘導するよう改ざんされており、今年7月末までの4か月間に確認された改ざんサイトは2500件以上に上り、昨年度1年間の件数に匹敵する。専門家は「閲覧者が感染に気づかないまま、個人情報が流出している可能性が高い」と警告している。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。