ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「JASRAC、音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴」事件から考える

投稿日:2013年10月22日

レンタルストレージサービス等を用いた著作権侵害 音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴

JASRACは、10月7日、JASRACの管理著作物である音楽ファイルを違法にアップロードした鹿児島市内在住の少年を、鹿児島西警察署に告訴しました。

少年は、JASRACの管理楽曲である音楽ファイル等をレンタルストレージサービス「getuploader」にアップロードし、自身が運営するブログの訪問者を誘導して同音楽ファイル等をダウンロードできるようにし、JASRACの有する著作権(公衆送信権)を侵害していました。
警察の調べによると、少年は、自身のパソコン(PC)内にファイル共有ソフト「μTorrent」をインストールした上で、音楽ファイルやインターネットゲームを不正に利用できるツール等を大量にダウンロード(必然的にPC内でアップロードも行われる)して、音楽ファイル等を入手していました。その後、入手したファイルの一部をレンタルストレージにアップロードして自身が運営するブログの訪問者にダウンロードさせていたことが判明しています。また、少年のPCで大量の音楽等のデータが送受信されたため、サービスプロバイダから警告を受け、その時点でハードディスクを初期化したものの、少年は再び「μTorrent」をインストールして著作権侵害行為を繰り返していたことが関係者の供述によって明らかになっています。

ファイル共有ソフトを使った、コンテンツデータの違法コピーのアップロードによる著作権侵害は後を絶ちません。

JASRACや警察のサイバー犯罪対策部署では、ファイル共有ネットワークの監視活動を行っています。

音楽データの権利者であるJASRACは、悪質な著作権違反者を見つけると担当警察署へ告訴し、早ければ翌日逮捕といった事例も多く見受けられます。

Sponsored Link

少年はなぜ違法アップロードを止めなかったのか

注目する点として、この少年は、一度サービスプロバイダから警告を受けているにも拘らず、再度、著作権侵害行為を繰り返していたことにより、JASRACより告訴されています。

通常いきなり告訴・逮捕されることはありません。
なんらかの警告を受け取り、それでも悪質な違法行為を続けていれば、少年であろうと逮捕されるのです。

JASRACは、以前告訴の際「ファイル共有ソフトを用いた違法な公衆送信は、著作権者に多大な損害を与えるばかりか、音楽文化を衰退させることに直結する」と説明しています。

少年は、音楽ファイルや、ネットゲームを不正に利用できるツールなどを「μTorrent」で大量にダウンロードし、入手したファイルの一部をレンタルストレージにアップロードしていたようです。

もしかしたら、少年は、それほどの罪悪感も無く違法行為を行っていたのかもしれません。
しかし、著作権侵害は犯罪であり、知らなかったで済まされる問題ではありません。
場合によっては多額の損賠賠償請求される事もあることを知っておく必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

関連記事

PC、スマホだけではない!ソフトウェアのアップデートは、インターネットに繋がっている、全ての機器に。

家庭のネットIDなど悪用被害150件超
一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っていることが分かりました。
無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、インターネットプロバイダーが注意喚起を始めました。

LINEも使える!auジュニア向けスマホ「miraie KYL23(京セラ)」にファミリー向けの新機能追加

auは、ジュニア向けスマホとして人気の「miraie KYL23」で、2つの機能を追加するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

この更新により、「マイルール」や、「遠隔アラーム」の機能が新しく追加される。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警

スマートフォン(高機能携帯電話)から電話帳のデータを抜き取るアプリを作成、使用したなどとして、京都府警、大分県警の合同捜査班は25日、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成などの疑いで、IT関連会社「アークネクスト」の元社長、吉田浩司(41)=東京都杉並区成田西=と大分県別府市駅前町の元出会い系サイト運営会社会長、立石正彰(59)の両容疑者ら6人を逮捕した。府警によると、全員容疑を認めている。