ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「JASRAC、音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴」事件から考える

投稿日:2013年10月22日

レンタルストレージサービス等を用いた著作権侵害 音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴

JASRACは、10月7日、JASRACの管理著作物である音楽ファイルを違法にアップロードした鹿児島市内在住の少年を、鹿児島西警察署に告訴しました。

少年は、JASRACの管理楽曲である音楽ファイル等をレンタルストレージサービス「getuploader」にアップロードし、自身が運営するブログの訪問者を誘導して同音楽ファイル等をダウンロードできるようにし、JASRACの有する著作権(公衆送信権)を侵害していました。
警察の調べによると、少年は、自身のパソコン(PC)内にファイル共有ソフト「μTorrent」をインストールした上で、音楽ファイルやインターネットゲームを不正に利用できるツール等を大量にダウンロード(必然的にPC内でアップロードも行われる)して、音楽ファイル等を入手していました。その後、入手したファイルの一部をレンタルストレージにアップロードして自身が運営するブログの訪問者にダウンロードさせていたことが判明しています。また、少年のPCで大量の音楽等のデータが送受信されたため、サービスプロバイダから警告を受け、その時点でハードディスクを初期化したものの、少年は再び「μTorrent」をインストールして著作権侵害行為を繰り返していたことが関係者の供述によって明らかになっています。

ファイル共有ソフトを使った、コンテンツデータの違法コピーのアップロードによる著作権侵害は後を絶ちません。

JASRACや警察のサイバー犯罪対策部署では、ファイル共有ネットワークの監視活動を行っています。

音楽データの権利者であるJASRACは、悪質な著作権違反者を見つけると担当警察署へ告訴し、早ければ翌日逮捕といった事例も多く見受けられます。

Sponsored Link

少年はなぜ違法アップロードを止めなかったのか

注目する点として、この少年は、一度サービスプロバイダから警告を受けているにも拘らず、再度、著作権侵害行為を繰り返していたことにより、JASRACより告訴されています。

通常いきなり告訴・逮捕されることはありません。
なんらかの警告を受け取り、それでも悪質な違法行為を続けていれば、少年であろうと逮捕されるのです。

JASRACは、以前告訴の際「ファイル共有ソフトを用いた違法な公衆送信は、著作権者に多大な損害を与えるばかりか、音楽文化を衰退させることに直結する」と説明しています。

少年は、音楽ファイルや、ネットゲームを不正に利用できるツールなどを「μTorrent」で大量にダウンロードし、入手したファイルの一部をレンタルストレージにアップロードしていたようです。

もしかしたら、少年は、それほどの罪悪感も無く違法行為を行っていたのかもしれません。
しかし、著作権侵害は犯罪であり、知らなかったで済まされる問題ではありません。
場合によっては多額の損賠賠償請求される事もあることを知っておく必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

関連記事

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

都立高校生のスマホ利用率84.5%。LINE(ライン)とTwitter利用率が高い。(総務省)

総務省は、東京大学との共同研究として、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」を実施し、その速報を公開したようです。

調査対象は、東京都立の高等学校154校の生徒15,191人。
スマートフォン・アプリの利用実態や、ネット依存傾向の関係を調べたものだそうだ。

NEC、300万人のユーザーを抱える「BIGLOBE」を売却へ

NECは、傘下でISPを運営するNECビッグローブを売却する手続きに入ったと、事情に詳しい関係者が明らかにした。売却額は数百億円を見込んでいるという。

 売却先を選ぶ第1次入札は11月中にも実施すると、関係者は述べた。

 ビッグローブは300万人にユーザーを抱える日本国内最大のISPの1つ。2012年度の売上高は841億円。

 11年度に1100億円の最終赤字を計上し、財務的に苦しい同社は、挽回するためシステム構築事業への集中と不採算事業からの撤退を進めている。

 同社はPC事業を中国Lenovoが過半出資する形で統合しており、7月にはスマートフォン事業から撤退。ISP事業との相乗効果は乏しくなっている。