ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

「バンダイナムコIDポータルサイト」で34,069件の不正ログインが判明 -アカウントリスト攻撃-

投稿日:2013年9月27日

「バンダイナムコIDポータルサイト」への不正ログイン発生のご報告と
パスワード変更のお願い

この度、弊社が運営する「バンダイナムコIDポータルサイト」(会員登録制サイト  https://www.bandainamcoid.com/)におきまして、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、34,069件の不正ログインが行われたことが判明しました。現在は、不正ログインが行われたID・パスワードからのログインができない措置をしており、該当するお客さまには弊社より個別に連絡のうえ、パスワード再設定のお願いをしております。お客さまにご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ありません。

bandainamcogames_logo

9月24日に大量のアクセスエラーが発生していることを確認し、調査を開始したようです。

不正ログインは、他のサービスのID、パスワードによって行われた

以前、記事にした通り、アカウントリスト攻撃によって不正ログインが行われています。
パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃-

Sponsored Link

今回のケースだと、34,069人ものユーザーが、ID・パスワードを使いまわししていたことになります。
約100万回アタックされているので、100人のうち3人の計算です。

流出した可能性のある情報は以下の通り

【登録必須情報】

  • バンダイナムコID(主なメールアドレス)
  • IDのパスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住国
  • 地域

【任意登録情報】

  • ユーザーネーム
  • ニックネーム
  • サブメールアドレス
  • PSNのオンラインID

当サービスから連絡を受けたユーザーは、すぐにパスワード変更を

今回の不正ログインは他社サービスから流出したと思われるID・パスワードが使用されています。
他社サービスと同一のパスワードを利用しているユーザーは、異なるパスワードを設定するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,


関連記事

1億円ってどれくらい重いの!?日本銀行が春休み親子見学会を実施。

日本銀行が、今年の春休みに「日銀春休み親子見学会2014」を開催する。

対象は、新小学校4年生~6年生および新中学生と、その保護者となっている。

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。

裸の画像を送った小中学生4人を補導。3DS「いつの間に交換日記」で。

携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」で小学生の女児に裸の写真を送信させたとして、県警は、愛知県豊橋市西七根町、会社員の男(44)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)容疑で水戸地検に書類送検し、同じ非行内容で県内外の小中学生4人(当時12〜13歳)を補導したと発表した。

サイトを見ただけなのにウィルス感染が急増…トヨタ・環境省も被害

官公庁や企業のウェブサイトを見ただけでウイルスに感染するケースが急増している。

 閲覧者を自動的に別のサイトに誘導するよう改ざんされており、今年7月末までの4か月間に確認された改ざんサイトは2500件以上に上り、昨年度1年間の件数に匹敵する。専門家は「閲覧者が感染に気づかないまま、個人情報が流出している可能性が高い」と警告している。