ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリを提供

投稿日:2013年10月29日

Sponsored Link
Sponsored Link

NTTドコモは、アプリダウンロードを制限している端末「らくらくスマートフォン」のユーザー向けに開発された「LINE」アプリの提供を、10月30日に開始する。価格は無料。対応機種は「らくらくスマートフォンF-12D」、「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。

 同アプリは、通常のLINEアプリとは一部仕様が異なり、スタンプ購入などの課金機能が制限されているが、一部の企業アカウント登録による無料スタンプのダウンロードは可能。また課金の有無にかかわらず、ゲーム・カメラなどのアプリの追加はできない。

 このほか、無料通話や無料メールは通常のLINEアプリと同じように利用でき、ほかのLINEユーザーとのコミュニケーションも可能。なお、メールの文字はあらかじめ「特大」サイズに設定されている。

ダウンロードは「dメニュー」→「お客様サポートへ」→ドコモアプリ「開く」→「アプリ一覧」→「LINE」を選択して行う。

 ドコモでは、らくらくスマートフォンを愛用しているシニアのユーザーから「家族同士でLINEを使ってコミュニケーションしたい」といった要望が数多く寄せられ、開発・提供に至ったという。

<引用:ケータイ Watch

rakuraku
<出典:ケータイ Watch>

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

関連記事

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

『レター』子どもの写真カレンダーを毎月送る親孝行の形-クックパッド子会社が提供-

子どもの成長を両親に見せられていますか?
こんな言葉を投げかけられて、ドキッとしたのは私だけではないはず。
離れて暮らす祖父母と孫が実際に会う頻度はどれくらいなんだろう。
ROLLCAKE株式会社によるアンケート調査によると、「半年に1回程度〜それ以下」という回答が全体の75%を占める結果となったようです。
孫の成長を祖父母へ毎月伝えることのできるiPhone、iPadアプリ『レター』。
これは、子育て世代には、痒い所に手が届く良く考えられたアプリなので紹介します。

ヤフオク! アプリに脆弱性。今すぐアップデートを (iOS 版、Android 版)

人気オークションサイト「ヤフオク!」をスマートフォンから利用する為のアプリに脆弱性が見つかったとのこと。
既に対策済みの最新版がリリースされているので、アップデートを行った方が良さそうです。

女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%。少数ながら音楽を「Youtube」で聴くスタイルも。

「株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス」が行った、『子どもライフスタイル調査2013夏』の調査によると、女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%、一方、48%が今後ほしいとの調査結果が出たようです。

Facebookモバイルサイトに酷似したフィッシングサイトを確認 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月3日、同社公式ブログにて「クレジットカード情報を収集する偽Facebookのモバイルサイトを確認」と題する文章を公開しました。