ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリを提供

投稿日:2013年10月29日

Sponsored Link

NTTドコモは、アプリダウンロードを制限している端末「らくらくスマートフォン」のユーザー向けに開発された「LINE」アプリの提供を、10月30日に開始する。価格は無料。対応機種は「らくらくスマートフォンF-12D」、「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。

 同アプリは、通常のLINEアプリとは一部仕様が異なり、スタンプ購入などの課金機能が制限されているが、一部の企業アカウント登録による無料スタンプのダウンロードは可能。また課金の有無にかかわらず、ゲーム・カメラなどのアプリの追加はできない。

 このほか、無料通話や無料メールは通常のLINEアプリと同じように利用でき、ほかのLINEユーザーとのコミュニケーションも可能。なお、メールの文字はあらかじめ「特大」サイズに設定されている。

ダウンロードは「dメニュー」→「お客様サポートへ」→ドコモアプリ「開く」→「アプリ一覧」→「LINE」を選択して行う。

 ドコモでは、らくらくスマートフォンを愛用しているシニアのユーザーから「家族同士でLINEを使ってコミュニケーションしたい」といった要望が数多く寄せられ、開発・提供に至ったという。

<引用:ケータイ Watch

rakuraku
<出典:ケータイ Watch>

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

関連記事

LINEも使える!auジュニア向けスマホ「miraie KYL23(京セラ)」にファミリー向けの新機能追加

auは、ジュニア向けスマホとして人気の「miraie KYL23」で、2つの機能を追加するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

この更新により、「マイルール」や、「遠隔アラーム」の機能が新しく追加される。

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

Facebookモバイルサイトに酷似したフィッシングサイトを確認 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月3日、同社公式ブログにて「クレジットカード情報を収集する偽Facebookのモバイルサイトを確認」と題する文章を公開しました。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。