ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 ニュース

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

投稿日:

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

スマートフォン保有は、全体の88%

保有するインターネット接続機器については、スマートフォンが全体の88%と昨年度(84%)より上昇していることがわかった。

soumu26_001

スマートフォンの利用については、平日と比べて休日の方が長時間利用する傾向がみられる。

休日では2時間以上利用するという回答が73.5%、3時間以上が50.3%、6時間以上では平日の約2倍の15.7%となっている。

soumu26_002

スマホやSNS利用の際の家庭でのルールとフィルタリング利用の相関

スマートフォンやSNSを利用する際に、家庭でのルールの有無についてのアンケートでは、家庭でのルールがあると答えた生徒は41.7%

これに対して、家庭でのルールなしに利用している生徒は、58.3%と多い。

また、家庭のルールがある生徒のフィルタリング利用率は51.8%であるのに対し、ルールのない生徒のフィルタリング利用率は38.2%と低いことが読み取れる。

soumu26_003

警察庁発表の「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果について(平成25年下半期)」(PDF)によると、児童に被害を及ぼした被疑者の9割以上は、最初から接触を目的に児童に近づいています。

そして、被害に遭った児童の9割以上がフィルタリングを利用していないことが報告されています。

総務省:「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育, ニュース
-, ,

関連記事

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

電話番号を盗むAndroidチャットアプリに注意!「ランダムチャット~MachinChat~」

マカフィーは、Android端末の電話番号を盗むAndroidチャットアプリがGoogle Play上で公開されていると警告した。
作成者は「Yumakichi Drive,INC.」となっており、アプリは次の2つ。
「完全無料 ランダムチャット (国産)~MachinChat~」(11月6日公開)、「無料ランダムチャット ┃ 登録不要のON-LINE掲示板~」(11月19日公開)

小学1、2年生の交通事故が、5月に急増する理由 【時事通信:警察庁】

警察庁の調べによると、小学生1、2年生が歩行中に死傷した交通事故について、5月に急増するのだそうだ。

反転授業ってなに!?11月から佐賀県武雄市の公立小学校で授業が変わる?

「反転授業」とは?
教師は、授業や講義の様子を事前に動画に収め、タブレットPC等に保存しておく。
生徒は自宅にタブレットPCを持ち帰り、この動画によって予習を行う。
学校での授業時間は、生徒たちが予習で得た知識を応用して問題を解いたり、議論を行ったりする時間とする。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。