ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

Google Playで公開されたワンクリック詐欺アプリが、今年に入り既に2,500 個を超える。

投稿日:2013年9月11日

大手セキュリティベンダー、シマンテックによると、2013年にGoogle Play上に公開されたワンクリック詐欺アプリ数は合計で約 2,500 個にも及ぶようです。

Sponsored Link

8 月に Google Play でワンクリック詐欺アプリが大量発生

この8月の間だけで1,000個ものワンクリック詐欺アプリが公開されているとのこと。
Androidデバイスから、累計 8,500 回ダウンロードされており、実際はおそらく10,000 回以上ダウンロードされているのではないかという事です。

Figure2_0
出典: シマンテック

詐欺アプリの大半は、夕方に公開され、翌朝にはストアから削除されるようです。
たった一晩の公開にもかかわらず、かなりの数がダウンロードされていることに驚かされますね。

ワンクリック詐欺アプリの手口は

これらの詐欺アプリを利用すると、さまざまなアダルト関連サイトへのリンクが表示され、そのうち1つか2つは実際には詐欺サイトに誘導されます。

実際の詐欺アプリの動作は、次のとおりです。
1. アプリをインストールすると、アダルト関連動画サイトへのリンクが複数表示されます。
2. 一部のリンクから詐欺サイトに誘導されます。動画を選択します。
3. 動画を再生しようとします。
4. 料金を支払うように要求されます。

シマンテックでは、騙されてこのような不正なアプリをダウンロードしてしわないよう、呼びかけています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

「半沢直樹」全10話が1575円!「Google Play」でテレビドラマ等の配信サービスを開始。

グーグル株式会社は30日、「Google Play」においてテレビドラマ/アニメの配信サービスを日本国内向けに開始したと発表した。同日朝の時点で150タイトル以上/約3500話をラインナップしており、逐次タイトルを追加していく。

レンタル料金は1話(エピソード)につき105円からで、視聴可能期間は48時間または72時間(コンテンツパートナーによって異なる)。1話単位のレンタルのほか、そのシーズンを全話まとめてレンタルできる“シーズンパス”が設定されているタイトルもある。例えば「半沢直樹」は、SD画質・HD画質ともに1話315円だが、全10話のシーズンパスは1575円と割安。シーズンパスを購入すると、30日間は何回でも視聴可能だ。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

「アメーバピグ」 18歳を境に仮想空間を分断し、15歳以下の青少年の利用者にもサービスを拡大へ。

「アメーバピグ」、18歳未満は別の仮想空間に 18歳以上との交流を遮断

サイバーエージェントは、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」で10月22日から、18歳未満のユーザー用の仮想空間を、18歳以上と分離する。お互いの交流を遮断することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止する。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

PC、スマホだけではない!ソフトウェアのアップデートは、インターネットに繋がっている、全ての機器に。

家庭のネットIDなど悪用被害150件超
一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っていることが分かりました。
無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、インターネットプロバイダーが注意喚起を始めました。