ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

PC、スマホだけではない!ソフトウェアのアップデートは、インターネットに繋がっている、全ての機器に。

投稿日:2013年10月25日

先日取り上げたニュース「ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出」ですが、「NHKニュース」でも取り上げられたようです。

家庭のネットIDなど悪用被害150件超
一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っていることが分かりました。
無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、インターネットプロバイダーが注意喚起を始めました。

<引用:NHKニュース>
Sponsored Link

原因はルーターのソフトウェア不具合

このIDが盗まれた原因のほとんどは、ルーターのソフトウエアの欠陥によるものです。
すでに、NTTコミュニケーションズでは、この機器を移用している、およそ4600人の顧客に、電話や手紙で注意の呼びかけを始めたとのことです。

NTTコミュニケーションズの担当者によると、

「パソコンやスマートフォンだけでなく、周辺機器のセキュリティー対策も必要になってきている。被害を防ぐために、ルーターなど接続機器のソフトを最新の状態にするとともに、パスワードも変更してほしい」

と話しているようです。

インターネットに接続された機器、全てがはらむ危険性

今回、問題になったのは「ロジテック製ルータ」でしたが、他の危機にも同様の危険性が無いとは限りません。

このような、セキュリティリスクから身を守るためには、機器の動作を制御しているソフトウェアをマメに更新することが、大切になってきます。

今後は、パソコンやスマートフォンに限らず、ゲーム機や家電も次々にインターネットにつながる時代です。

ソフトウェアの自動更新機能などを、上手に利用して、更新を怠らないよう気を付ける必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

インターネットバンキングでの不正送金被害を防ぐためには

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、インターネットバンキングの不正送金による被害が増えているとし、利用時の注意点などを公表した。

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。

ヤフオク! アプリに脆弱性。今すぐアップデートを (iOS 版、Android 版)

人気オークションサイト「ヤフオク!」をスマートフォンから利用する為のアプリに脆弱性が見つかったとのこと。
既に対策済みの最新版がリリースされているので、アップデートを行った方が良さそうです。

ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出

NTTコミュニケーションズは、2013年8月20日、6月に発生した不正ログインの原因が、ロジテック製の無線LANブロードバンドルータの脆弱性にあった可能性が高いことを公表。

LINE、iPhoneでも18歳未満のLINE ID検索利用を制限–12月中旬より

LINEは、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」について、現在Android搭載端末で行っている18歳未満ユーザーを対象にしたLINE ID検索の利用制限を、12月中旬よりiPhoneでも開始することを発表した。開始時期については、AppleのiPhoneアプリ審査によって変動する可能性があるとしている。

 これは青少年ユーザーの保護を目的としたもので、これまでau、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末について、通信キャリアから提供される年齢判定サービスを活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別。18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定や検索を利用ができなくなり、他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されなくなるというもの。これを同通信キャリアのiPhoneにも対象とする。