ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

PC、スマホだけではない!ソフトウェアのアップデートは、インターネットに繋がっている、全ての機器に。

投稿日:2013年10月25日

先日取り上げたニュース「ロジテック製ルータから、OCNユーザー756件のログイン、パスワードが流出」ですが、「NHKニュース」でも取り上げられたようです。

家庭のネットIDなど悪用被害150件超
一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っていることが分かりました。
無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、インターネットプロバイダーが注意喚起を始めました。

<引用:NHKニュース>
Sponsored Link

原因はルーターのソフトウェア不具合

このIDが盗まれた原因のほとんどは、ルーターのソフトウエアの欠陥によるものです。
すでに、NTTコミュニケーションズでは、この機器を移用している、およそ4600人の顧客に、電話や手紙で注意の呼びかけを始めたとのことです。

NTTコミュニケーションズの担当者によると、

「パソコンやスマートフォンだけでなく、周辺機器のセキュリティー対策も必要になってきている。被害を防ぐために、ルーターなど接続機器のソフトを最新の状態にするとともに、パスワードも変更してほしい」

と話しているようです。

インターネットに接続された機器、全てがはらむ危険性

今回、問題になったのは「ロジテック製ルータ」でしたが、他の危機にも同様の危険性が無いとは限りません。

このような、セキュリティリスクから身を守るためには、機器の動作を制御しているソフトウェアをマメに更新することが、大切になってきます。

今後は、パソコンやスマートフォンに限らず、ゲーム機や家電も次々にインターネットにつながる時代です。

ソフトウェアの自動更新機能などを、上手に利用して、更新を怠らないよう気を付ける必要があると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,

関連記事

女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%。少数ながら音楽を「Youtube」で聴くスタイルも。

「株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス」が行った、『子どもライフスタイル調査2013夏』の調査によると、女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%、一方、48%が今後ほしいとの調査結果が出たようです。

朝日生命特設サイト改ざん、サイトへのアクセスによりコンピュータウィルス感染の可能性

朝日生命相互会社ホームページ特設サイト「アサヒフォトコンテスト」が、第三者からの不正アクセスにより改ざんされ、
当サイトをご覧いただいたお客様にコンピュータウィルス感染の可能性があることが判明いたしました。 ご利用いただいているお客様には、多大なご迷惑、ご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 なお、当サイトは、既に正常化しておりますが、今回の改ざんを受け万全を期すため、閉鎖することにいたしました。また、本件にともなうお客様の個人情報等の流出は、ありません。

「goo」や「NTTレゾナント」を装った不審なメールに注意!

ポータルサイトgooやNTTレゾナントを装った送信元から、不正なサイトへと誘導してgooIDやログインパスワードを入力させるフィッシングの手口が確認されたようです。

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリを提供

>NTTドコモは、アプリダウンロードを制限している端末「らくらくスマートフォン」のユーザー向けに開発された「LINE」アプリの提供を、10月30日に開始する。価格は無料。対応機種は「らくらくスマートフォンF-12D」、「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。