ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット ニュース

【Omaker】999円でセール中!AmazonでMFi認証付き「Lightning ケーブル」販売中

投稿日:

Sponsored Link

51SuX7W0FWL._SL1500_

アマゾンで、MFi認証が付いた「Omaker USB Lightningケーブル」が、999円(税込・送料込)で販売されているとの情報を入手したので、即買いしました。

Omaker USB Lightningケーブル」はApple社のiPod、iPhone、iPadの充電や、同期に必要な特殊なケーブルです。

Sponsored Link

東日本大震災を教訓に

震災以来、iPhoneなどのApple製品ユーザーは、カバンにはポータブル充電器と「Lightning ケーブル」を、常に持ち歩くようになった方も多いのではないでしょうか。

私もそんな中のひとり、しかしその場合「Lightning ケーブル」を1本しか持っていないと、非常に不便に感じることが多いです。

自宅では充電するために「Lightning ケーブル」を使い、外出するときにはわざわざ引っこ抜いてカバンに入れないといけません。

忘れることもあるだろうし面倒なので、「Lightning ケーブル」は最低2本は必要なのです。

ヘビーユーザーの方は、車に1本、職場に1本なんて方もいるかもしれませんね。

61+FDaG-HiL._SL1500_

iOSのアップデートで突然ケーブルが使えなくなる

そんな「Lightning ケーブル」ですが、探せば数百円で互換ケーブルが売っていますが、買う前に注意が必要です。

現在、世の中に出回っている「Lightning ケーブル」には、Apple社の基準をクリアした「Made for iPhone/iPad/iPod」認証(MFi認証)製品と、そうでない製品があることをご存知ですか。

もし、MFi認証を受けていない「Lightning ケーブル」で運良く動作したとしても、iOSのアップデートによっていつ使えなくなるかわかりません。

今回購入した「Lightning ケーブル」は、もちろんMFi認証を受けたものです。

しっかりしたメーカーのケーブルでこの価格ではなかなか売っていることは少ないので、買い足したと考えている方は買っておいて損は無いと思います。

価格は変動することがありますので、購入前には必ず金額をご確認の上、購入してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット, ニュース
-, , , , , , ,

関連記事

Amazonのセール「サイバーマンデーウィーク2016」の準備はお済みですか?

Amazonが「1週間のビッグセール サイバーマンデーウィーク 2016」を12月6日~12日の7日間に渡って、Amazonの全カテゴリーから、8時間ごとに特別価格の商品が入れ替わるタイムセールを開催する。

LINEも使える!auジュニア向けスマホ「miraie KYL23(京セラ)」にファミリー向けの新機能追加

auは、ジュニア向けスマホとして人気の「miraie KYL23」で、2つの機能を追加するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

この更新により、「マイルール」や、「遠隔アラーム」の機能が新しく追加される。

「JASRAC、音楽ファイルを違法にアップロードした少年を告訴」事件から考える

JASRACは、10月7日、JASRACの管理著作物である音楽ファイルを違法にアップロードした鹿児島市内在住の少年を、鹿児島西警察署に告訴しました。

[iOS8] もしも、家族全員がiPhoneを持ったら、家庭にパラダイムシフトが起こる?

アップル社より「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」や「Apple Watch」が発表され話題になってますね。

これに先駆けて、iPhoneの基本OSであるiOSもバージョンアップし、「iOS 8」として、9月17日よりダウンロード開始となるようです。

「iOS 8」を利用できるのは今回発売される「iPhone 6」シリーズだけに限らず、以下の端末にインストールすることで最近の機能を利用することが出来ます。

iPhone 4s以降
iPad 2以降
iPad mini第1世代以降
iPod touch 第5世代

このiOS8で追加された「ファミリー共有」という新しい機能が、便利で面白そうなので紹介します。

もしも、あなたの家族全員が、iPhoneを持つことになったら、
何だか面白いことが起きそうな気がします・・・

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。