ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット 子どもとICT

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

投稿日:2014年8月19日

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。

前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。

調査期間が2014年7月31日~8月2日とつい最近の調査データです。まさに今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来るのではないでしょうか。

medium_2233073868
photo credit: IngaMun via photopin cc

Sponsored Link

小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

小学生~高校生の子どもを持つ母親に、子供に携帯電話を「持たせている」との回答は51.5%となっている。

そのうち小学生に焦点を絞ると、37.5%となった。

2013年冬に内閣府の調査によると、所持率36.6%だったので、伸び率は頭打ちといった状況が読み取れるのではないだろうか。

当然、学年が上がるにつれ、所有率も上がる傾向が見られる。

20140821_2_7

小学生のスマートフォン保有率は27.7%に

小学生のスマートフォン保有率に関しては、平成24年(2012年)ではわずか7.6%、平成25年(2013年)では16.3%まで上昇、今回の調査では27.7%とやはり小学生もスマートフォン所持への流れが進んでいると言えると思います。

また、中学生のスマートフォン保有率は半数を超え、高校生にいたっては8割を超えています。

20140821_2_8

子を持つ母親の半数が小学生が携帯電話を持つことに「賛成」

また、子どもを持つ母親11,000名を対象に、「小学生の子供が携帯電話を持つことに対してどのように思うか」という問いに対しては、賛成と反対の意見が真っ二つに分かれた結果となったようだ。

20140821_5

<MMD研究所:小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット, 子どもとICT
-, , , , , ,

関連記事

小学生のケータイ・スマホ普及率は36.6%まで上昇。うちスマホ保有率は16.3%に。フィルタリング利用は減少。

ケータイ・スマホ普及率調査の最新版です。
2013年11月~12月頃にかけて政府(内閣府)が実施した調査に基づくもので、今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来ます。

運動会のおすすめシューズ。2018年はプーマのONE。

子どもたちが運動会で履くための、お勧めのサッカートレーニングシューズを紹介。

NTTドコモ フィルタリング対応ブラウザ搭載のジュニア向けスマートフォン発表

株式会社NTTドコモは10月10日、2013~2014冬春モデルのスマートフォンやタブレット端末など計16機種を発表した。10月11日から順次発売する。

なかでも、2013年春に登場した小学校高学年~中学生向けスマートフォンの後継モデル、シャープ製「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を詳しく取り上げてみます。
同機種は、2014年2月に発売され予定です。

現行モデルとの大きな違いは、フィルタリング対応ブラウザを搭載し、Wi-Fiが利用できるようになりました。

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

Internet

急激に普及しているインターネット環境

社団法人日本PTA全国協議会「平成23年度マスメディアに関するアンケート調査」によると、子どもを持つ家庭の8割以上がパソコンを所有しており、そのうちの9割はインターネットへ接続しているという調査結果が発表されました。今やパソコンによるインターネットの閲覧はとても身近なものになっているようです。