ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット 子どもとICT

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

投稿日:2014年8月19日

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。

前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。

調査期間が2014年7月31日~8月2日とつい最近の調査データです。まさに今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来るのではないでしょうか。

medium_2233073868
photo credit: IngaMun via photopin cc

Sponsored Link

小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

小学生~高校生の子どもを持つ母親に、子供に携帯電話を「持たせている」との回答は51.5%となっている。

そのうち小学生に焦点を絞ると、37.5%となった。

2013年冬に内閣府の調査によると、所持率36.6%だったので、伸び率は頭打ちといった状況が読み取れるのではないだろうか。

当然、学年が上がるにつれ、所有率も上がる傾向が見られる。

20140821_2_7

小学生のスマートフォン保有率は27.7%に

小学生のスマートフォン保有率に関しては、平成24年(2012年)ではわずか7.6%、平成25年(2013年)では16.3%まで上昇、今回の調査では27.7%とやはり小学生もスマートフォン所持への流れが進んでいると言えると思います。

また、中学生のスマートフォン保有率は半数を超え、高校生にいたっては8割を超えています。

20140821_2_8

子を持つ母親の半数が小学生が携帯電話を持つことに「賛成」

また、子どもを持つ母親11,000名を対象に、「小学生の子供が携帯電話を持つことに対してどのように思うか」という問いに対しては、賛成と反対の意見が真っ二つに分かれた結果となったようだ。

20140821_5

<MMD研究所:小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット, 子どもとICT
-, , , , , ,

関連記事

子どもがインターネットを使う前に必ず教えておきたい7つのルール

コンピュータは家族の目の届く場所に置く 子どもがインターネットで何をしているのかすぐわかるように、リビングなど家族の目が届く場所で利用する事をおすすめします。 使いはじめの頃は親が一緒に利用することが …

月額980円!「スタディサプリ(旧勉強サプリ)」登録数25万人の人気の理由

リクルートが提供する「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、オンライン学習サービスです。
月額980円という圧倒的な低価格の割に充実した内容と、CM効果もあってか会員数は25万人にまで達しているそうです。

現代の何かと忙しい小中学生にピッタリとハマる!と話題の「スタディサプリ」人気の理由を検証してみました。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

難聴防止にも!?子供にぴったりなヘッドフォン「onanoff buddy phone(オナノフ バディホン)」

難聴という厄介な問題の一方、音楽やゲームなどヘッドフォンで楽しみたいという子どもにうってつけのヘッドフォンが、今回注目のonanoff (オナノフ)社の「buddy phone(バディホン)」というヘッドフォン。

ICTリテラシーってなに?

膨大な情報の中から、自ら情報を取捨選択し、本当に必要なデータを選別する能力を養うことが、情報教育の中でも大切な事