ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット 子どもとICT

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

投稿日:2014年8月19日

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。

前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。

調査期間が2014年7月31日~8月2日とつい最近の調査データです。まさに今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来るのではないでしょうか。

medium_2233073868
photo credit: IngaMun via photopin cc

小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

小学生~高校生の子どもを持つ母親に、子供に携帯電話を「持たせている」との回答は51.5%となっている。

そのうち小学生に焦点を絞ると、37.5%となった。

2013年冬に内閣府の調査によると、所持率36.6%だったので、伸び率は頭打ちといった状況が読み取れるのではないだろうか。

当然、学年が上がるにつれ、所有率も上がる傾向が見られる。

20140821_2_7

小学生のスマートフォン保有率は27.7%に

小学生のスマートフォン保有率に関しては、平成24年(2012年)ではわずか7.6%、平成25年(2013年)では16.3%まで上昇、今回の調査では27.7%とやはり小学生もスマートフォン所持への流れが進んでいると言えると思います。

また、中学生のスマートフォン保有率は半数を超え、高校生にいたっては8割を超えています。

20140821_2_8

子を持つ母親の半数が小学生が携帯電話を持つことに「賛成」

また、子どもを持つ母親11,000名を対象に、「小学生の子供が携帯電話を持つことに対してどのように思うか」という問いに対しては、賛成と反対の意見が真っ二つに分かれた結果となったようだ。

20140821_5

<MMD研究所:小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ガジェット, 子どもとICT
-, , , , , ,

関連記事

続・子どもが運動会で履く靴に、サッカーのトレーニングシューズをお勧めする理由(2014秋)

ヨーロッパサッカーでは、2014-2015シーズンも始まり、新作のシューズも出揃ったこともありますので、【最新版】おすすめのサッカー用トレーニングシューズをご紹介したいと思います。

あの選手と同じモデルが欲しい!という子どものリクエストもあると思いますので、世界で活躍する有名サッカー選手が履いているモデルに近い製品をチョイスしています。

勉強するとWAONポイントがもらえる!【イオン】 学研ビクトリーを搭載した「学研がんばるタブレット」 3月27日 全国のイオンで発売

イオンモバイルから、学研とコラボレーションした「学研がんばるタブレット」が販売された。
発売予定日は3月27日(金)、Androidタブレットと学研の学習コンテンツ、上限4GBの「IIJmio ウェルカムパック for イオン」がセットになって、全国の430店舗のイオンで販売される。

「Yahoo!あんしんねっと」無料で始めよう!はじめての簡単フィルタリング。

iPhoneやiPadやソフトバンクAndroid携帯向けのアプリとして提供されていた「Yahoo!あんしんねっと」が、すべてのAndroid機器でも利用できるようになったようです。

小学生のケータイ・スマホ普及率26%。うちスマホ保有率は7.1%にとどまる。

Benesse教育情報サイトでは、子どもの携帯電話・スマートフォンの利用についてのアンケート結果を発表しました。
アンケート期間が、2013/8/28~9/3と新しく、まさに今の子どもたちの携帯・スマートフォン事情における、動向をうかがい知ることができます。

勉強アプリなら「Studyplus」!勉強仲間が見つかる会員数50万人突破の人気の理由とは?

スタディプラスが運営する、勉強SNS「Studyplus(スタディプラス)」の会員数が50万人を突破した。

Studyplusは、勉強の記録を取ったり共有したりすることで、人とつながれるソーシャルラーニングサービスで、大学受験を控えた高校生を中心に会員数を伸ばし、資格取得を目指す社会人にも人気のサービス。

勉強のログを公開することで、同じ目的を持つ仲間と励ましあいながら、計画した勉強が長続きしやすいことが評判のようだ。

また、FacebookやTwitterとの連携により、Studyplus以外のSNSにも記録を投稿することで、口コミの相乗効果により会員数を劇的に伸ばしている。