ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ガジェット セキュリティ

子ども用スマホに便利!LINE、Twitterなど簡単フィルタリング設定!【i-フィルター for Android】

投稿日:

小学生の3割近くは自分の携帯やスマートフォンを持つ時代。(小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもに携帯やスマートフォンを与えるにあたり、家庭内でルールを設けているケースがほとんどではないでしょうか。

例えば、友だちや家族とのコミュニケーションを取るための「LINE」アプリはOKだけど、不特定多数のユーザーとつながることが出来てしまう「Twitter」は禁止。など

「i-フィルター」でSNSの利用管理

スマートデバイス向けのフィルタリング定番アプリの「i-フィルター」にて、機能追加とプランの拡充を行われたようです。

アプリインストール後の初期設定にて、「LINE」、「Twitter」、「Youtube」、「Faccebook」、「Google+」など、主要SNSの利用許可と不許可を簡単に設定できる機能が加わりました。

また、新たに複数年分のライセンスが購入できるプランも追加されたようです。

主要SNSアプリの許可・禁止

「必要なアプリを個別に許可する方法が難しい」という意見を取り入れ、サービスの登録時に主要な5つのアプリを簡単に許可・禁止の設定ができるようなったようですね。

今までは、保護者用の管理画面にログインして、アプリの許可・禁止を設定する必要がありました、これがわかりにくいという意見が多かったようです。

今回の改善で、LINEなどの代表的なアプリは利用登録の際に『許可する・禁止する』を設定できるようになり、わざわざ利用登録完了後に管理画面にログインして設定をする手間が省略されました。

ただし、この主要アプリの簡易設定機能はAndroid版のみで、iOS版は非対応という点に注意したい。

なお、すでにアプリを利用中のユーザーは、アプリの更新により追加されるようです。

ifilter01

【提供開始日 2014年9月3日(水)】

2年間/3年間ライセンスを提供

「卒業まで途切れることなく、子ども達の間で起きているスマホのトラブルから守って欲しい」という意見を反映し、複数年プランのラインナップが強化された。

「i-フィルター for Android」は2年間ライセンス/3年間ライセンス。
【提供開始日:2014年9月3日(水)】

「i-フィルター for iOS」は3年間ライセンス。
【提供開始日:2014年9月上旬予定】

デジタルアーツ:スマートフォン向け『i-フィルター®』、9月3日からラインナップ強化と機能改善を実施

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ガジェット, セキュリティ
-, , , , , , , ,

関連記事

NTTドコモ フィルタリング対応ブラウザ搭載のジュニア向けスマートフォン発表

株式会社NTTドコモは10月10日、2013~2014冬春モデルのスマートフォンやタブレット端末など計16機種を発表した。10月11日から順次発売する。

なかでも、2013年春に登場した小学校高学年~中学生向けスマートフォンの後継モデル、シャープ製「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を詳しく取り上げてみます。
同機種は、2014年2月に発売され予定です。

現行モデルとの大きな違いは、フィルタリング対応ブラウザを搭載し、Wi-Fiが利用できるようになりました。

【おすすめ】憧れのホームシアターを15,000円で実現する方法

低価格でしかもご近所に迷惑がかからない、「ワイヤレスサラウンドヘッドフォン」を使ったお手軽ホームシアターをご紹介します。

小中学生の女の子向けスマホ発売。メガハウス「Fairisia (フェアリシア)」 7月下旬発売予定

バンダイナムコの子会社で子供向け玩具メーカーのメガハウスから、女子小中学生向けのスマートフォン「Fairisia (フェアリシア)」を2014年7月下旬より発売されることを発表しました。

機器本体価格は22,990円(税別)、専用SIMカードの初期登録料が3,000円、月額利用料が通信量1GBまでで2,390円(初月無料)となっている。

全国のトイザらスをはじめ、玩具店・百貨店・量販店の玩具売場で販売される予定だ。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

ついにあの人気パスワードが首位陥落!2013年に最も愛されたパスワードとは!?

世界中で100 万ユーザーが利用しているパスワード管理アプリケーション「SplashID」のメーカー、米SplashData社は、2013年のワーストパスワードを発表したようだ。

このランキングは、システムがハッキングされた事により、世の中に出回ってしまった数百万もの盗難パスワードのデータを元に集計されています。