ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

「ドコモ地図ナビ」で収集された50万人分の位置情報が第三者に提供されている。

投稿日:2013年11月22日

medium_10397969444
photo credit: Eric Fischer via photopin cc

 NTTドコモはスマートフォンなどで得た50万人分の「位置情報」を第三者に提供しているが、総務省は先月、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに指摘。同社は来月にも表示を改めると同時に、既存の利用者に同意を取り直す方針だ。現在、同法の見直しを進める内閣官房の検討会でも議論になりそうだ。

<引用:知らぬ間「同意」?ドコモ「位置提供」第三者へ(YOMIURI ONLINE)>

20131119-053223-1-L
<出典:YOMIURI ONLINE>

Sponsored Link

「ドコモ地図ナビ」は5分ごとに位置情報が収集されている

「ゼンリンいつもNAVI」サービスから、名称を「ドコモ地図ナビ」に変更されていますが、ナビゲーション機能にとどまらず、交通渋滞情報や、オービス情報、乗換案内や時刻表まで、様々なサービスを月額315円で利用できる人気サービスです。

今回、総務省が指摘したのは、このアプリを使っていない間でも、5分ごとの詳細な緯度・経度が収集され、ゼンリンデータコムに無償で提供。

ゼンリン側はこれを分析し、調査結果を観光業者や土地開発業者に販売しているほか、観光庁にも販売する予定という。

第3者に販売される位置情報で個人情報が特定できるのか

データには当然、契約者の「氏名」や「住所」が含まれることはない。
しかし、5分ごとの位置情報を集めれば、自宅や職場などの推測は容易であることは想像できる。

総務省は、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに対して指摘しており、これを受けドコモは近々利用者に再度同意を求める準備をしているという。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , , , ,

関連記事

「LINE」に便乗するスパムメールに要注意!出会い系サイト「ID-BBS」へ誘導

「トレンドマイクロ」は、日本やアジアで人気のメッセンジャーアプリ「LINE」を騙ったスパムメールに注意するよう促しています。

スパムメールのメッセージ内に記されている URL を誤ってクリックすると、「ID-BBS」という出会い系サイトに誘導されるという。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

守らなくてはいけない法律について

子どもに著作権またはコピーライトについて理解させる事は難しいかも知れません。
これらは著作権法で保護されているものですから、違反してしまったら立派な犯罪という事になります。
子どもが罪を犯してしまう前にわかりやすくしっかり教えたいものです。

今さら聞けない、インターネットに接続するための最低条件

インターネットってどんなところ?   ブロードバンドの普及も手伝い、パソコンをインターネットにつなぐのはあたりまえの時代になりました。 90年代は、まだ接続時間で料金がかかっていたので、23 …

iPhoneが勝手に再起動!Twitterで動画URLが拡散中

トレンドマイクロによると、iPhone など iOS用端末をクラッシュさせ強制的に再起動させるファイルを含む URL が、Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているとのことです。