ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

「ドコモ地図ナビ」で収集された50万人分の位置情報が第三者に提供されている。

投稿日:2013年11月22日

medium_10397969444
photo credit: Eric Fischer via photopin cc

 NTTドコモはスマートフォンなどで得た50万人分の「位置情報」を第三者に提供しているが、総務省は先月、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに指摘。同社は来月にも表示を改めると同時に、既存の利用者に同意を取り直す方針だ。現在、同法の見直しを進める内閣官房の検討会でも議論になりそうだ。

<引用:知らぬ間「同意」?ドコモ「位置提供」第三者へ(YOMIURI ONLINE)>

20131119-053223-1-L
<出典:YOMIURI ONLINE>

「ドコモ地図ナビ」は5分ごとに位置情報が収集されている

「ゼンリンいつもNAVI」サービスから、名称を「ドコモ地図ナビ」に変更されていますが、ナビゲーション機能にとどまらず、交通渋滞情報や、オービス情報、乗換案内や時刻表まで、様々なサービスを月額315円で利用できる人気サービスです。

今回、総務省が指摘したのは、このアプリを使っていない間でも、5分ごとの詳細な緯度・経度が収集され、ゼンリンデータコムに無償で提供。

ゼンリン側はこれを分析し、調査結果を観光業者や土地開発業者に販売しているほか、観光庁にも販売する予定という。

第3者に販売される位置情報で個人情報が特定できるのか

データには当然、契約者の「氏名」や「住所」が含まれることはない。
しかし、5分ごとの位置情報を集めれば、自宅や職場などの推測は容易であることは想像できる。

総務省は、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに対して指摘しており、これを受けドコモは近々利用者に再度同意を求める準備をしているという。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ
-, , , , ,

関連記事

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

「GALAXY S4」(サムスン)のセキュリティ機能に脆弱性か

サムスン製スマートフォン「GALAXY S4」に、ハッカーによる機密データの傍受を容易に可能にするとされる脆弱性があることを、イスラエルの研究者らが突き止めた。
脆弱性が確認されたのは、Samsung独自のセキュリティプラットフォーム「Knox」を実装した端末。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)を適用してみた

日本時間の8月3日、「Windows 10 Anniversary Update 1607 (Build 14393)」がリリースされましたね。

この「Windows 10 Anniversary Update」は、昨年11月にリリースされた「バージョン 1511」に続いて、「Windows 10」の2つ目のメジャーアップデートになります。

普通に「Windows Update」からアップデートを入手できると思いきや、ひと手間必要なようですので、まとめてみました。

「小学校でLINE氾濫」の報道から、小中学生とスマホのあれこれを考える。

スマートフォン(高機能携帯電話)の爆発的な普及に伴い、小中学生にとっても無料通話アプリ「LINE(ライン)」は今や必要不可欠なコミュニケーションツールとなっている。