ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 子どもとICT

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

投稿日:2014年9月5日

medium_11970795853
photo credit: IntelFreePress via photopin cc

あなたや子どもは、どんなタイプのネット依存に陥りやすい?

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ifilter_chk02
[出典:デジタルアーツ

4つのタイプからわかる、陥りやすいネット依存

脱ネット・スマホ中毒: 依存ケース別 SNS時代を生き抜く護身術!』著者、遠藤美季氏監修の、ネット依存タイプチェックは、10の質問に答えるだけで、陥りやすいネット依存のタイプがわかる。

「時間浪費型」、「健康被害型」、「心的ストレス蓄積型」、「人間関係崩壊型」それぞれのタイプにおける、『気をつけて欲しいこと』、『フィルタリングを使う時のポイント』を確認することが可能だ。

また、簡易的なチェックなので以下のような点に注意する必要があるとしている。

※医療専門家の診断ではありません。簡易的なチェックとしてお使いください。不安や心配が生じた場合は専門医にかかるなどの対応をお勧めします。

ifilter_chk01
[リンク:ネット依存の簡単チェック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。

小学生のケータイ・スマホ普及率は37.5%。うちスマホ保有率は27.7%に。

子どもたちのケータイ・スマホ普及率の調査結果がニュースになっていましたので紹介します。
前々回は、2013年夏(ベネッセ調査)、前回は2013年冬(内閣府調査)のデータを紹介しましたが、今回は、MMD研究所が「子供を持つ母親(20歳~49歳)」を対象に、携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した資料を見てみましょう。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%。
小学生のケータイ・スマホ普及率37.5%

受験生必見!マークシートにはHBの鉛筆が最適な理由

入学試験をはじめ、資格試験などマークシート方式はすっかり定番となったが、「FかHかHBの鉛筆を使用すること」といった注意書きを目にしたことがあるだろう。

なぜ、FかHかHBのしかも鉛筆なのだろうと疑問に思ったことはないだろうか。

たとえば、より濃く書くことができる「2B」ではなぜいけないのか?
芯が折れても心配の少ない、「シャープペン」ではダメなのか?
マジックやボールペンを使ってはいけないのはなぜ?

気になったので調べてみた。

夏休みの自由研究はこれで決まり!全国の大学で行われる体験イベント。

早いもので、夏休みまであと1ヶ月。

そろそろ、「今年の自由研究は何にしようかな」などと考え始めている子どももいるかも知れませんね。
全国の大学では、そんな小中学生のために、さまざまな「体験イベント」を実施しています。

いくつかご紹介したいと思いますので、今年の夏休みの自由研究の題材として、お子さんとの参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

月額980円!「スタディサプリ(旧勉強サプリ)」登録数25万人の人気の理由

リクルートが提供する「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、オンライン学習サービスです。
月額980円という圧倒的な低価格の割に充実した内容と、CM効果もあってか会員数は25万人にまで達しているそうです。

現代の何かと忙しい小中学生にピッタリとハマる!と話題の「スタディサプリ」人気の理由を検証してみました。