ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

投稿日:2013年4月16日

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

保護者として意識しておく必要がある事

  • 迷惑メールを防ぐ完全な対策はない
  • 有害情報の送りつけに対する完全な防御手段はない
  • メールの返信によって相手に身元がわかることもある
  • 正しい知識がなければ、自分が迷惑メールの送信元になる

メールはあなただけに送られた手紙

メールは個人あてに書かれているもので、多くの人が読むために書かれたものではありません。 勝手に掲示板で公開したり、他の人に転送したりしてしまうとトラブルの原因になります。

自分あてにとどいたメールを公開する必要があるときには、メールを送ってくれた人に聞いて、公開してもよいという返事をもらってから、公開するようにしましょう。

チェーンメールやデマメールに気を付ける

「このメールを見た人は、5人に転送しないと不幸が訪れます」といったような内容のチェーンメールは割と頻繁に受け取ることがあります。

少しでもおかしいなと思ったメールは無視することです。
チェーンメールかどうかわからないときは親か先生に相談するように心がけます。

ハイパーリンク付きのメールに注意

文章中にあるインターネットアドレス(ハイパーリンク)を容易にクリックしてはいけません。

商品の宣伝目的くらいだったらまだ良いですが、有害サイトへの誘導だったり、ウィルスが仕組まれたページに飛ばされてしまう危険もあります。

迷惑メールフィルタが有効になっていれば排除してくれる事もありますが完全ではありませんので、おかしいなとおもったら相談するように心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

Internet

急激に普及しているインターネット環境

社団法人日本PTA全国協議会「平成23年度マスメディアに関するアンケート調査」によると、子どもを持つ家庭の8割以上がパソコンを所有しており、そのうちの9割はインターネットへ接続しているという調査結果が発表されました。今やパソコンによるインターネットの閲覧はとても身近なものになっているようです。

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

子どもにパソコン、何歳から使わせれば良いの?

子どもが将来どのような職種に就いたとしてもパソコンを一切使わない、という事は考えられないほど、様々な仕事をする上で当たり前のようにパソコンが利用されています。 親としては早いうちにパソコンに慣れさせた …

1万ダウンロードされた人気Androidアプリ「Virus Shield」が詐欺アプリであることが判明。

Androidに関する情報を配信しているAndroid Policeによると、「Google Play」で1万ダウンロードされ、ランキング上位にあった人気アプリ「Virus Shield」が、詐欺アプリであったことがわかったようだ。

小学校から始まるパソコン授業

2011年度より新しい学習指導要領による指導が始まっており、教育の情報化や情報の活用等を積極的に推進しています。