ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

投稿日:2013年4月16日

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

保護者として意識しておく必要がある事

  • 迷惑メールを防ぐ完全な対策はない
  • 有害情報の送りつけに対する完全な防御手段はない
  • メールの返信によって相手に身元がわかることもある
  • 正しい知識がなければ、自分が迷惑メールの送信元になる
Sponsored Link

メールはあなただけに送られた手紙

メールは個人あてに書かれているもので、多くの人が読むために書かれたものではありません。 勝手に掲示板で公開したり、他の人に転送したりしてしまうとトラブルの原因になります。

自分あてにとどいたメールを公開する必要があるときには、メールを送ってくれた人に聞いて、公開してもよいという返事をもらってから、公開するようにしましょう。

チェーンメールやデマメールに気を付ける

「このメールを見た人は、5人に転送しないと不幸が訪れます」といったような内容のチェーンメールは割と頻繁に受け取ることがあります。

少しでもおかしいなと思ったメールは無視することです。
チェーンメールかどうかわからないときは親か先生に相談するように心がけます。

ハイパーリンク付きのメールに注意

文章中にあるインターネットアドレス(ハイパーリンク)を容易にクリックしてはいけません。

商品の宣伝目的くらいだったらまだ良いですが、有害サイトへの誘導だったり、ウィルスが仕組まれたページに飛ばされてしまう危険もあります。

迷惑メールフィルタが有効になっていれば排除してくれる事もありますが完全ではありませんので、おかしいなとおもったら相談するように心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

小学生のケータイ・スマホ普及率は36.6%まで上昇。うちスマホ保有率は16.3%に。フィルタリング利用は減少。

ケータイ・スマホ普及率調査の最新版です。
2013年11月~12月頃にかけて政府(内閣府)が実施した調査に基づくもので、今の子どもたちのケータイ事情をうかがい知ることが出来ます。

no image

子どもにとって身近になったインターネット

調べ学習をどのような方法で行うかという問いに対して、トップは「本(91.7%)」であったものの、次いで「インターネットの検索サイト(80.1%)」があがり、3位の「体験学習(44.2%)」を大きく引き離す形となりました。
小学校における授業でのインターネット利用が、すでに広く浸透していることが明らかになった結果と言える

インターネット上のサービスを利用するときに気をつけたいこと

インターネット上に様々なサービスがありますが、中にはウソの記述を載せたものや、不当な金額を請求される詐欺まがいのページも数多く存在します。

また、インターネット上のオンラインショッピングサイトには子どもにとって魅力的な商品がたくさん売られています。 小遣いの範囲で買い物することに問題はないと考えがちですが、注文したものが送られてこない、違うものが送られてきたなどといったトラブルは決して少なくありません。

「小学校でLINE氾濫」の報道から、小中学生とスマホのあれこれを考える。

スマートフォン(高機能携帯電話)の爆発的な普及に伴い、小中学生にとっても無料通話アプリ「LINE(ライン)」は今や必要不可欠なコミュニケーションツールとなっている。

ついにあの人気パスワードが首位陥落!2013年に最も愛されたパスワードとは!?

世界中で100 万ユーザーが利用しているパスワード管理アプリケーション「SplashID」のメーカー、米SplashData社は、2013年のワーストパスワードを発表したようだ。

このランキングは、システムがハッキングされた事により、世の中に出回ってしまった数百万もの盗難パスワードのデータを元に集計されています。