ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ 子どもとICT

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

投稿日:2013年4月16日

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

保護者として意識しておく必要がある事

  • 迷惑メールを防ぐ完全な対策はない
  • 有害情報の送りつけに対する完全な防御手段はない
  • メールの返信によって相手に身元がわかることもある
  • 正しい知識がなければ、自分が迷惑メールの送信元になる
Sponsored Link

メールはあなただけに送られた手紙

メールは個人あてに書かれているもので、多くの人が読むために書かれたものではありません。 勝手に掲示板で公開したり、他の人に転送したりしてしまうとトラブルの原因になります。

自分あてにとどいたメールを公開する必要があるときには、メールを送ってくれた人に聞いて、公開してもよいという返事をもらってから、公開するようにしましょう。

チェーンメールやデマメールに気を付ける

「このメールを見た人は、5人に転送しないと不幸が訪れます」といったような内容のチェーンメールは割と頻繁に受け取ることがあります。

少しでもおかしいなと思ったメールは無視することです。
チェーンメールかどうかわからないときは親か先生に相談するように心がけます。

ハイパーリンク付きのメールに注意

文章中にあるインターネットアドレス(ハイパーリンク)を容易にクリックしてはいけません。

商品の宣伝目的くらいだったらまだ良いですが、有害サイトへの誘導だったり、ウィルスが仕組まれたページに飛ばされてしまう危険もあります。

迷惑メールフィルタが有効になっていれば排除してくれる事もありますが完全ではありませんので、おかしいなとおもったら相談するように心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, 子どもとICT
-, , ,

関連記事

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

Amazonギフト券が2倍になるキャンペーンメールに注意!未使用ギフト券番号送信によるフィッシング詐欺。

インターネットショッピングサイト大手のAmazonは、ギフト券番号を送信させるようなキャンペーンを装った、詐欺行為に注意するよう呼びかけています。

子どもにパソコン、何歳から使わせれば良いの?

子どもが将来どのような職種に就いたとしてもパソコンを一切使わない、という事は考えられないほど、様々な仕事をする上で当たり前のようにパソコンが利用されています。 親としては早いうちにパソコンに慣れさせた …

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

2013年10月に第一報が報じられた、米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件。
記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この事件によって影響を受けるユーザーは、少なくとも3800万人に上ることが分かっています。

ご多分に漏れず、私のもとにも情報漏れちゃってごめんなさいメールが届き、早速パスワードを変更しました。

メールが届いたのにまだ変更していない方は、すぐに変更しておくことをおすすめします。

「ドコモ地図ナビ」で収集された50万人分の位置情報が第三者に提供されている。

NTTドコモはスマートフォンなどで得た50万人分の「位置情報」を第三者に提供しているが、総務省は先月、「個人情報保護法上必要な同意の表示がわかりにくい」とドコモに指摘。同社は来月にも表示を改めると同時に、既存の利用者に同意を取り直す方針だ。現在、同法の見直しを進める内閣官房の検討会でも議論になりそうだ。