ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ ニュース

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

投稿日:

StockSnap / Pixabay

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。

脆弱性を悪用されファームウェアを上書きされて管理者権限を奪われた場合、OSを再インストールしたとしても復旧が出来ず、管理者権限を奪われた状態のままになるという。

Sponsored Link

影響を受けるMac製品

米Symantecによると、以下のモデルが脆弱性の影響を受けているようだ。

  • Mac Mini 5.1
  • MacBook Pro 9.2

セキュリティ研究者のPedro Vilaca氏によると以下の製品にも問題があると報告している。

  • MacBook Pro Retina 10.1
  • MacBook Pro 8.2
  • MacBook Air 5.1
  • Mac Pro 9.1

対象製品を持っているユーザーが行うこと

現在の所、脆弱性の悪用は確認されていないようだが、Symantecでは、OSのパッチが公開されるまで標的になる恐れがある機種では、スリープモードを使わず、コンピュータを終了することを推奨するとしている。

Symantec Official Blog

[amazonjs asin=”B00NEEZRSY” locale=”JP” title=”ノートンセキュリティ 3年版(最新・3台版)”]

[amazonjs asin=”B00Y1V2MT6″ locale=”JP” title=”Macでサーバー! 2400円ではじめるOS X Server活用ガイド”]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ, ニュース
-, , , ,

関連記事

サイバーエージェント子会社が、小学生向けプログラミング学習スクールを開校

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング事業を手がける株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は9月25日、小学生向けプログラミング学習スクール「Tech Kids School」を10月に開校すると発表。同時に、生徒募集を開始した。受講料は1コース3万5000円から。

今さら聞けない、インターネットに接続するための最低条件

インターネットってどんなところ?   ブロードバンドの普及も手伝い、パソコンをインターネットにつなぐのはあたりまえの時代になりました。 90年代は、まだ接続時間で料金がかかっていたので、23 …

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

「mobogenie_1501.apk」ファイルが勝手にダウンロードされる現象。Android端末で。

Androidスマートフォンにて、「mobogenie_1501.apk」というファイルが勝手にダウンロードされる現象が発生しているようです。

ソフトバンク、8月23日より「みまもりケータイ3」を発売

ソフトバンクモバイル株式会社によると、「みまもりケータイ3 SoftBank 202Z」を、2013年8月23日より全国で発売開始すると発表したようです。