ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 子どもとICT

小学校から始まるパソコン授業

投稿日:2012年10月16日

小学校における学習指導方針は?

2011年度より、新しい学習指導要領による指導が始まっています。
重要事項として、情報の活用、情報モラルなどの情報教育を充実するとあります。

具体的には、

  • コンピュータの基本的な操作や情報モラルを身に付け、適切に活用できるようにする。
  • 各教科等を通じて、児童がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段に慣れ親しむ。
  • 「総合的な学習の時間」において、情報に関する学習を行う際には、情報を収集・整理・発信するなどの学習活動が行われるようにする。

このように、コンピュータやネットワークの活用方法の指導だけではなく、メール、掲示板等の利用マナー、著作権の扱い等の「情報モラル」を身につけることを重視していることが見てとれます。

Sponsored Link

小学校における情報インフラ整備は進んでいる?

実際に教育現場では情報化を推進するためのインフラ整備は、急スピードで進められてはいるものの多くの課題があるようです。

例えば、校内LANの整備、パソコン導入、電子黒板の設置等、積極的に進められてはいるものの、こうした取り組みに積極的でない自治体では、情報化が遅れているといった問題も指摘されています。

現代社会における情報を扱う能力は必須であり、これからは積極的に情報インフラ整備に力を入れている学校に人気が集まることは決して不思議ではありません。

下図は、「日経パソコン」が調査した「公立小学校情報化ランキング 2012」 (小学校が5校以上の自治体が対象)

公立小学校情報化ランキング 2012

三重県伊賀市は、前年に続き、小、中学校の両方で首位なのだそうです。県として教員向けの研修を充実させるなど、教員指導力向上に力を入れていることが数字に表れた結果となりました。また、高知県南国市は、前年の175位でしたが、国の支援を受けながら、インフラ整備を進めた結果2位まで躍進しました。
興味深い所では、東京23区の小学校において、首位の江戸川区の88.9%に対して、最下位の渋谷区は45.3%と倍近い開きがあるなど、自治体による格差は想像以上のものがあると考えられるのではないでしょうか。
ご自身のお住まいの自治体について知りたい方は、「日経パソコン」ホームページに詳細が載っているのでご参照頂ければと思います。

参考: 全国市区町村 公立学校情報化ランキング 2012

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育, 子どもとICT
-, ,

関連記事

「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

佐賀県武雄市では次年度、全児童がタブレット端末を活用(家庭へ持ち帰り)した「反転授業」実施を予定しており、それに向けた公開授業研究会を開催する。

勉強アプリなら「Studyplus」!勉強仲間が見つかる会員数50万人突破の人気の理由とは?

スタディプラスが運営する、勉強SNS「Studyplus(スタディプラス)」の会員数が50万人を突破した。

Studyplusは、勉強の記録を取ったり共有したりすることで、人とつながれるソーシャルラーニングサービスで、大学受験を控えた高校生を中心に会員数を伸ばし、資格取得を目指す社会人にも人気のサービス。

勉強のログを公開することで、同じ目的を持つ仲間と励ましあいながら、計画した勉強が長続きしやすいことが評判のようだ。

また、FacebookやTwitterとの連携により、Studyplus以外のSNSにも記録を投稿することで、口コミの相乗効果により会員数を劇的に伸ばしている。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

10の質問ですぐわかる!子どものネット依存型かんたんチェック[デジタルアーツ]

フィルタリングソフト「i-フィルター」でおなじみのデジタルアーツのホームページでは、スマホの普及で急速に増えていると言われる「ネット依存」についてのチェックが出来るサービスを提供している。

ネット依存は自覚症状が無い場合がほとんどで、日常生活に支障をきたすようになるケースも少なくないそうだ。

学校への遅刻が増えたり、引きこもりがちになり、親が心配して心療内科などに連れていき、初めて発覚するケースが多いと聞きます。

子どもがどのようなタイプのネット依存になりやすく、その危険度がどの程度なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。