ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

投稿日:2016年6月15日

Pexels / Pixabay

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

2015年度「朝の読書」で、高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。

小学校、中学校編はこちら↓↓↓


「朝の読書」で読まれた本ベスト20 ≪高校編≫

第20位「涙が出るほどいい話

■出版社: 河出書房新社
■著者名: 「小さな親切」運動本部
■ISBN: 978-4309407883
■判型/頁 : 文庫/216ページ
■発売日: 2006/5/3

【内容(「BOOK」データベースより)】
この本は「皆さんのまわりで起こった小さな親切」をテーマに、全国から寄せられた「いい話」を一冊にまとめたものです。どれも短い話ですが、そこには人間がもつ優しさ、温かさ、生きることの素晴らしさが凝縮されています。ページをめくるたびに、人間っていいなぁと、あらためて人を好きになり、幸せな気持に包まれることでしょう。

第19位「図書館戦争シリーズ

■出版社: 角川書店
■著者名: 有川 浩
■ISBN: 978-4043898053
■判型/頁 : 文庫/398ページ
発売日: 2011/4/23

【内容(「BOOK」データベースより)】
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。

第18位「謎解きはディナーのあとで

■出版社: 小学館
■著者名: 東川 篤哉
■ISBN: 978-4094087574
■判型/頁 : 文庫/348ページ
■発売日: 2012/10/5

【内容紹介】
令嬢刑事×毒舌執事コンビの傑作ミステリ

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。
『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。
大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は”執事兼運転手”の影山。
「お嬢様の目は節穴でございますか?」
暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく――
2011年本屋大賞受賞の大人気ミステリ。
書き下ろしショートショート収録!

第17位「カゲロウデイズ

■出版社: エンターブレイン
■著者名: じん(自然の敵P)
■ISBN: 978-4047280595
■判型/頁 : 文庫/260ページ
発売日: 2012/5/30

【内容(「BOOK」データベースより)】
『カゲロウデイズ』他、投稿された楽曲の関連動画再生数が1000万を超える超人気クリエイター・じん(自然の敵P)。その本人による書き下ろしノベルが登場!全ての関連楽曲を繋ぐ物語が初めて明かされ、さらなる「謎」を呼ぶ!―これは、8月14日と15日の物語。やけに煩い蝉の声、立ち揺らめくカゲロウ。真夏日のある日にある街で起こった一つの事件を中心に、様々な視点が絡み合っていく…。新感覚の燦然たる青春エンタテインメント小説。

第16位「珈琲店タレーランの事件簿

■出版社: 宝島社
■著者名: 岡崎 琢磨
■ISBN: 978-4800200723
■判型/頁 : 文庫/365ページ
発売日: 2012/8/4

【内容(「BOOK」データベースより)】
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。

第15位「魔法科高校の劣等生

■出版社: アスキーメディアワークス
■著者名: 佐島 勤
■ISBN: 978-4048705974
■判型/頁 : 文庫/286ページ
発売日: 2011/7/8

【内容(「BOOK」データベースより)】
魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ウィード)、『雑草』(ブルーム)と呼ばれていた。そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウイード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ウイード)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

第14位「神様のカルテ

■出版社: 小学館
■著者名: 夏川 草介
■ISBN: 978-4094086188
■判型/頁 : 文庫/256ページ
発売日: 2011/6/7

【内容紹介】
この病院では、奇蹟が起きる。
栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。
 そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

第13位「とある魔術の禁書目録

■出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
■著者名: 鎌池 和馬
■ISBN: 978-4048663045
■判型/頁 : 文庫/312ページ
発売日: 2004/4/10

【内容(「BOOK」データベースより)】
自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた。「ありえねえ…」上条当麻はつぶやくが、そのシスター姿の少女はこう言った。自分は魔術の世界から逃げてきた―と。ここは“超能力”が“一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶかしむが、二人の前に本当に“魔術師”が現れて―!期待の新人が贈る学園アクションストーリー登場!

第12位「ソロモンの偽証

■出版社: 新潮社
■著者名: 宮部 みゆき
■ISBN: 978-4101369358
■判型/頁 : 文庫/515ページ
発売日: 2014/8/28

【内容(「BOOK」データベースより)】
クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、死の真相を求める生徒達を描く、現代ミステリーの最高峰。

第11位「ハリー・ポッターと賢者の石

■出版社: 静山社
■著者名: J.K.ローリング (著), 松岡 佑子 (翻訳)
■ISBN: 978-4915512377
■判型/頁 : ハードカバー/464ページ
発売日: 1999/12/1

【内容(「BOOK」データベースより)】
ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。キングズ・クロス駅、9と3/4番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。親友のロン、ハーマイオニーに助けられ、ハリーの両親を殺した邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決までの、息を飲む展開。9歳から108歳までのファンタジー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

> 続きを読む 

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育
-, , ,

関連記事

夏休みの自由研究に!親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを、富士通川崎工場で開催。

近畿日本ツーリストグループ「株式会社ティー・ゲート」の運営する「旅の発見」サイトにおいて、「富士通×旅の発見」夏休み特別企画!!と題し、夏休みに親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを開催する。

富士通の経験豊富なパソコン組み立てのプロの技術者(3~4名)のサポートのもと、最新モデルのノートパソコンを組み立てる体験が出来るという。

体験終了後には、富士通から「修了証」を授与され、組み立てたパソコンは富士通による点検を行い、およそ1週間後に自宅に届けられる。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。

6月末まで無料!新小学1年生向け「アプリゼミ」をDeNAが配信開始

通信教育アプリ「アプリゼミ」を展開するDeNAは、iOS・Android用アプリの配信を開始した。

新小学1年生向けに「算数」「国語」「英語」の3教科セットで、Webサイトから加入した場合は月額980円(8%税込)。

6月末までの無料期間を設けられているので、この春新しく小学校に通うお子さんがいらっしゃるご家庭では、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。

小学校での暴力行為・いじめが増加傾向!?文部科学省の統計から見えてくるもの。

文部科学省は、2013年度(平成25年度)「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結果を公表しました。
小・中・高等学校における、暴力行為、いじめ、不登校等の諸問題に関して発生件数などの統計です。
調査結果から、小・中・高等学校における、暴力行為の発生件数は59,345件、小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は185,860件であったことを公表しています。
また、小・中学校における、不登校児童生徒数は119,617人。高等学校における、不登校生徒数は55,657人となっています。