ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

投稿日:2013年11月7日

medium_6262296086
photo credit: BarbaraLN via photopin cc

先日、「反転授業」に関する反転授業ってなに!?11月から佐賀県武雄市の公立小学校で授業が変わる?でも紹介した、佐賀県武雄市の小学校において公開授業が実施されるとのこと。

公開授業は、5年生「算数」と6年生「理科」。
授業の後には、教諭を対象とした研究会や、コンテンツ提供会社からの説明会も実施されるという。

Sponsored Link

概要

佐賀県武雄市では次年度、全児童がタブレット端末を活用(家庭へ持ち帰り)した「反転授業」実施を予定しており、それに向けた公開授業研究会を開催する。
参観申込は11月15日(金)までに武雄市学校教育課(FAX0954-23-5189)まで。

場所:武雄市立武内小学校
日時:平成25年11月21日(木)

〇「公開授業研究会」スケジュール
13:20~13:50 受付
13:50~14:35 公開授業(5年1組「算数」6年1組「理科」)
14:40~14:55 マスコミ取材対応(市長、教育監)
15:00~16:00 授業後研究会(教諭対象)
16:00~16:20 コンテンツ提供社からの説明
16:20~16:25 閉会

〇コンテンツ提供企業
算数「面積」(株)ワオ・コーポレーション
理科「土地のつくりと変化」(株)ニュートンプレス

〇お問合せ・お申し込み
武雄市教育委員会学校教育課
TEL:(0954)23-8010

引用:KKSブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-, , , ,

関連記事

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。

勉強アプリなら「Studyplus」!勉強仲間が見つかる会員数50万人突破の人気の理由とは?

スタディプラスが運営する、勉強SNS「Studyplus(スタディプラス)」の会員数が50万人を突破した。

Studyplusは、勉強の記録を取ったり共有したりすることで、人とつながれるソーシャルラーニングサービスで、大学受験を控えた高校生を中心に会員数を伸ばし、資格取得を目指す社会人にも人気のサービス。

勉強のログを公開することで、同じ目的を持つ仲間と励ましあいながら、計画した勉強が長続きしやすいことが評判のようだ。

また、FacebookやTwitterとの連携により、Studyplus以外のSNSにも記録を投稿することで、口コミの相乗効果により会員数を劇的に伸ばしている。

月額980円!「スタディサプリ(旧勉強サプリ)」登録数25万人の人気の理由

リクルートが提供する「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、オンライン学習サービスです。
月額980円という圧倒的な低価格の割に充実した内容と、CM効果もあってか会員数は25万人にまで達しているそうです。

現代の何かと忙しい小中学生にピッタリとハマる!と話題の「スタディサプリ」人気の理由を検証してみました。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。

「SENSEI NOTE」学校教員専用のSNSが登場。孤立した若手教員と、ベテラン教員の架け橋になりうるか。

小・中・高校の教師だけが参加することが出来る「SENSEI NOTE(センセイノート)」というSNSサービスをご存じだろうか。
この「SENSEI NOTE」、学校教員向けのコミュニティを提供するサービスで、利用は無料だが、教員や教員志望の学生に利用を限定し、2014年3月よりサービスを開始し注目を集めているようです。

年内1万人を目標と掲げている参加者数は、スタート数週間で数千人まで達していそうな勢いだそうで、なかなかの盛況ぶりがうかがえる。

サービスに登録すると、Facebookに似た画面上で、タイムラインに教育や授業に関する内容を投稿したり、「チャンネル」と呼ぶコミュニティに参加したりできるほか、Q&A機能の「質問板」が用意されているとのこと。

なぜ今、このような学校教員だけに限定された、サービスがスタートすることになったのでしょうか。