ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

「反転授業」で話題の武雄市立武内小で公開授業を実施

投稿日:2013年11月7日

medium_6262296086
photo credit: BarbaraLN via photopin cc

先日、「反転授業」に関する反転授業ってなに!?11月から佐賀県武雄市の公立小学校で授業が変わる?でも紹介した、佐賀県武雄市の小学校において公開授業が実施されるとのこと。

公開授業は、5年生「算数」と6年生「理科」。
授業の後には、教諭を対象とした研究会や、コンテンツ提供会社からの説明会も実施されるという。

概要

佐賀県武雄市では次年度、全児童がタブレット端末を活用(家庭へ持ち帰り)した「反転授業」実施を予定しており、それに向けた公開授業研究会を開催する。
参観申込は11月15日(金)までに武雄市学校教育課(FAX0954-23-5189)まで。

場所:武雄市立武内小学校
日時:平成25年11月21日(木)

〇「公開授業研究会」スケジュール
13:20~13:50 受付
13:50~14:35 公開授業(5年1組「算数」6年1組「理科」)
14:40~14:55 マスコミ取材対応(市長、教育監)
15:00~16:00 授業後研究会(教諭対象)
16:00~16:20 コンテンツ提供社からの説明
16:20~16:25 閉会

〇コンテンツ提供企業
算数「面積」(株)ワオ・コーポレーション
理科「土地のつくりと変化」(株)ニュートンプレス

〇お問合せ・お申し込み
武雄市教育委員会学校教育課
TEL:(0954)23-8010

引用:KKSブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育
-, , , ,

関連記事

月額980円!「スタディサプリ(旧勉強サプリ)」登録数25万人の人気の理由

リクルートが提供する「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、オンライン学習サービスです。
月額980円という圧倒的な低価格の割に充実した内容と、CM効果もあってか会員数は25万人にまで達しているそうです。

現代の何かと忙しい小中学生にピッタリとハマる!と話題の「スタディサプリ」人気の理由を検証してみました。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。

夏休みの自由研究はこれで決まり!全国の大学で行われる体験イベント。

早いもので、夏休みまであと1ヶ月。

そろそろ、「今年の自由研究は何にしようかな」などと考え始めている子どももいるかも知れませんね。
全国の大学では、そんな小中学生のために、さまざまな「体験イベント」を実施しています。

いくつかご紹介したいと思いますので、今年の夏休みの自由研究の題材として、お子さんとの参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。

2014年度「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20を紹介します。