ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃-

投稿日:2013年8月20日

トレンドマイクロは2013年8月19日、「2013年上半期のセキュリティ脅威動向」を発表しました。

レポートではこの四半期の傾向として、攻撃者の狙いが「サーバ」、「モバイル」、「人」の脆弱性に向いていることを主要トピックとしています。

Sponsored Link

勢いを増す「アカウントリスト攻撃」

アカウントリスト攻撃」は、「インターネット利用者が複数のサービスに同じID・パスワードを使っているはず」
という前提のもとに行われる攻撃のことです。
犯罪者は1つの攻撃で不正入手した情報を利用して次の攻撃を仕掛けるなど、『攻撃の連鎖』を引き起こす危険性を指摘しています。

ID・パスワードの使いまわしは、誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか?
オンラインショッピングやSNSなどインターネット上のサービスを利用する為には、ID・パスワードが必要な場合が多く、いちいち覚えるのは大変です。

そのような利用者の心理を逆手に取った「アカウントリスト攻撃」が急増しているのも頷ける話です。

「パスワード管理ツール」を導入しよう

「アカウントリスト攻撃」から不正ログインを防ぐためには、それぞれのサービスごとに異なったID・パスワードを設定することに尽きるのではないでしょうか。

そこでおススメなのが「パスワード管理ツール」です。

「パスワード管理ツール」とは、インターネット上のサービスへのログインの際に必要なID・パスワードを一括して管理してくれるものです。

新しく登録するときには、自動的にランダムで強固なパスワードを生成するなど、また既にブラウザに記憶させているID・パスワードも引き継いでくれます。

ここでは、クラウド上にID・パスワードを保管してくれるタイプの2つのサービスを紹介します。

LastPass

Password Manager「トレンドマイクロ」

パスワード管理ツールを使えば、同じパスワードの使い回しや「弱い」パスワードの利用を防止できるため、「アカウントリスト攻撃」には有効なツールとなるでしょう。

ただし、パスワード管理ツールへログインする為の「マスタパスワードの流出」イコール、全てのサービスへの不正ログインのリスクがあることは充分に理解しておかなければならないと思います。

しかし、マスタパスワードの運用にさえ注意しておけば、得られるメリットは大きいのではないでしょうか。

トレンドマイクロ「2013年上半期のセキュリティ脅威動向」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,


  1. […] インが行われています。 パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃- […]

  2. […] 今回の事件も、他サービスから流出したID、パスワードを使ったアカウントリスト攻撃によるものでした。 […]

関連記事

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリを提供

>NTTドコモは、アプリダウンロードを制限している端末「らくらくスマートフォン」のユーザー向けに開発された「LINE」アプリの提供を、10月30日に開始する。価格は無料。対応機種は「らくらくスマートフォンF-12D」、「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。

女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%。少数ながら音楽を「Youtube」で聴くスタイルも。

「株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス」が行った、『子どもライフスタイル調査2013夏』の調査によると、女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%、一方、48%が今後ほしいとの調査結果が出たようです。

子どもの情報をいつも手元に!妊娠、出産、子育てまでサポートする母子手帳アプリ「Baby Smile(ベイビースマイル)」。

子育てママ&パパが企画開発した育児アプリ、「Baby Smile」が7月23日にサービスを開始した。
アプリの価格は無料で、iOS 6.0以降、Android 2.3以上に対応している。
この、アプリを提供するのは「Kidzapplanet/キッザプラネット(R)」という知育アプリ専門ブランドで、親子で対話を行いながら楽しむことができる、感性や思考能力を育てる知育アプリを提供している。
全世界で50万ダウンロードされている「がんばれ!ルルロロのワンダリズム」などがある。

『レター』子どもの写真カレンダーを毎月送る親孝行の形-クックパッド子会社が提供-

子どもの成長を両親に見せられていますか?
こんな言葉を投げかけられて、ドキッとしたのは私だけではないはず。
離れて暮らす祖父母と孫が実際に会う頻度はどれくらいなんだろう。
ROLLCAKE株式会社によるアンケート調査によると、「半年に1回程度〜それ以下」という回答が全体の75%を占める結果となったようです。
孫の成長を祖父母へ毎月伝えることのできるiPhone、iPadアプリ『レター』。
これは、子育て世代には、痒い所に手が届く良く考えられたアプリなので紹介します。