ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育

夏休みの自由研究に!親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを、富士通川崎工場で開催。

投稿日:

83733_7

近畿日本ツーリストグループ「株式会社ティー・ゲート」の運営する「旅の発見」サイトにおいて、「富士通×旅の発見」夏休み特別企画!!と題し、夏休みに親子でパソコンを組み立て体験ができるイベントを開催する。

富士通の経験豊富なパソコン組み立てのプロの技術者(3~4名)のサポートのもと、最新モデルのノートパソコンを組み立てる体験が出来るという。

体験終了後には、富士通から「修了証」を授与され、組み立てたパソコンは富士通による点検を行い、およそ1週間後に自宅に届けられる。

Sponsored Link

概要

開催日時

2014年8月14日(木)

対象者

小中学生とその保護者
(高校生も可)

募集人数

20名(最少遂行人数10名)

スケジュール

12:45 川崎工場正門前集合
13:00 富士通テクノロジーホール見学(約50分)
14:00 講義・組立作業ほか(約180分)
17:00 質疑応答
17:15 解散

料金

親子2名の料金 144,000円(税込)

【料金に含まれるもの】

  • パソコン代(「FMV-LIFEBOOK WA1/R」カラーはシャイニーブラック、Blu-ray付)工場から自宅までの送料・消費税
  • メーカー延長保証サービス(3年間)
  • お子様1名分の「修了証」

83733_3_big

昨年の参加者の声

子ども

  • 今回の見学やパソコンの組み立てが楽しくできたのでよかったです。説明もわかりやすく、組み立てやすかったです。
  • ふだんパソコンの中までしっかり見る機会がないのでとてもいい勉強になりました。ありがとうございました。使いこなせるようになりたいです。
  • パソコンの中をみれたのでおもしろかったです。全部きちんと説明してくれてたすかりました。

保護者

  • 下の子供(幼児)が大きくなったらまた参加したい。タブレット、携帯の組み立てもやってみたい。
  • 子供にはいい経験になりました。大切に使ってくれることと思います。パソコン用語の説明がよかったです。
  • 内部の仕組みがわかってきっとこれからいろいろな事に役立つと思います。
  • 会場ではたくさんサポートしてくださる方たちはいらっしゃって安心して取り組めました。ありがとうございました。

83733_1_big

関連URL

「富士通×旅の発見 夏休み特別企画」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ICT教育
-, , ,

関連記事

「朝の読書」高校生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

「モクモク村のけんちゃん」(ブリタニカ)が、iPad、iPhoneアプリとして発売されていた!

ブリタニカの英語教材「モクモク村のけんちゃん」が、iPad、iPhoneアプリとして販売されていることを知りました。

ぜひ、子どもに見せたいと思い、迷わず購入。

この名作「モクモク村のけんちゃん」をご存じない親御さんのために、簡単な説明記事を書きたいと思います。

6月末まで無料!新小学1年生向け「アプリゼミ」をDeNAが配信開始

通信教育アプリ「アプリゼミ」を展開するDeNAは、iOS・Android用アプリの配信を開始した。

新小学1年生向けに「算数」「国語」「英語」の3教科セットで、Webサイトから加入した場合は月額980円(8%税込)。

6月末までの無料期間を設けられているので、この春新しく小学校に通うお子さんがいらっしゃるご家庭では、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。