ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

iPhoneが勝手に再起動!Twitterで動画URLが拡散中

投稿日:2013年11月15日

トレンドマイクロによると、iPhone など iOS用端末をクラッシュさせ強制的に再起動させるファイルを含む URL が、Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているとのことです。

Sponsored Link

iOS7ではブルースクリーンになる事も

該当のURL に iPhone でアクセスすると、何らかの内部エラーが発生し強制的に再起動されます。特に iOS7 では再起動前にブルースクリーン状態となることもあるようです。

Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているようですので、注意が必要です。

O20131114comment01
<出典:トレンドマイクロ>

同社ではこれらの解析結果より、問題の動画ファイルは明確な脆弱性攻撃意図をもって作成されたものではなく、エラーにより偶然発生したファイルが悪用されているものと想定しています。しかしながら、こういった偶発的エラーの確認から、新しい脆弱性攻撃が作成される可能性もあるため、注意を促しています。

トレンドマイクロの対策:

トレンドマイクロでは、危険度の高い URL へのアクセス遮断する、ソフトウェアやアプリを提供しており、導入を推薦しています。

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド」、Android OS用セキュリティソフト「ウイルスバスターモバイルfor Android」、iOS向け無料ツール「Smart Surfing for iPhone OS」などの製品で提供されています。

これらの製品や機能を有効にして対策を強化することを、トレンドマイクロでは推奨します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セキュリティ
-, , ,

関連記事

ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?のポップアップを削除する方法

インターネット閲覧中に、「ad.adresult.jpからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」
または、「ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」のようなメッセージが表示される。

子ども用スマホに便利!LINE、Twitterなど簡単フィルタリング設定!【i-フィルター for Android】

スマートデバイス向けのフィルタリング定番アプリの「i-フィルター」にて、機能追加とプランの拡充を行われたようです。

アプリインストール後の初期設定にて、「LINE」、「Twitter」、「Youtube」、「Faccebook」、「Google+」など、主要SNSの利用許可と不許可を簡単に設定できる機能が加わりました。

また、新たに複数年分のライセンスが購入できるプランも追加されたようです。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

1万ダウンロードされた人気Androidアプリ「Virus Shield」が詐欺アプリであることが判明。

Androidに関する情報を配信しているAndroid Policeによると、「Google Play」で1万ダウンロードされ、ランキング上位にあった人気アプリ「Virus Shield」が、詐欺アプリであったことがわかったようだ。